2018/8/25  14:30

歯医者さん  病気話・怪我話


私は若い頃から歯医者さんが苦手。

なんだか、溺れてしまうのだ。
大人の癖に…と、我ながら情けなかった。


2年前の心臓発作で憔悴してたとき、
息苦しいわ、食べ物が喉を通らないわ、ひっきりなしに誤嚥するわ…。

心臓が苦しい状態が続いてるから、自律神経の乱れだろうと言われた。


だけど、手術の後も息苦しかったから、耳鼻科で内視鏡検査してもらった。

まさかの「声帯麻痺」だった。
主治医の先生に報告したら、「え?声でてるやん!」と言われた。(笑)


声帯片麻痺…パチンコ台のチューリップが片方開きっぱなし、みたいな状態。
声を出すために、もう片方が頑張って
中央より向こう側まで合わさりにいってるわけだ。

今の私は声のでない声帯片麻痺の人が、リハビリして目指す完治の状態なので
これ以上は望めないのかな〜?

普段はそれほど不自由は感じていない。

でも、歯医者で頭が下がると、唾も飲み込めない。
息も出来ない。

思いきって先生に「声帯片麻痺が見つかりました」
と、伝えたら、すごく気を使っていただけるようになった。


物事って、判ったところで状態は何も変わらない事もあるけど
きちんと説明出きると、環境は変わることがある。


歯医者さん、助かるわ〜♪



クリックすると元のサイズで表示します 人気ブログランキングへ 



1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ