2018/6/15  6:52

通学路のユキノシタの花  

懐かしい花。
子供の頃は普通に見慣れた雑草で、
神社やお寺の境内の明るい日陰にいくらでもあった。
浜松にも有ったのだろうが、見ることがなかった。
宮古島でもなんとか育たぬかと、
ネットで取り寄せてお世話したがダメだった。
普通にあった、そこでしか見ることのない花は
普通にあったはずなのに、時間と共に指の隙間から滑り落ちていった幸せに似ている。
それを無くしてしまったと感じるわけではなくて、
もう戻らないけれど、あんなに沢山の幸せが有ったのだと思う。
ふんわりと暖かく甘い痛みに、
目頭が熱くなってしまうのが、年のせいなのか…困る。


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ