2018/6/10  18:39

懐かしい道、通学路5  

むかし、この道は玉砂利が敷き詰められていた。
20年以上前だけど、この道で転ぶ夢を見た。
亀さんが丸い石になっちゃって、治してもらいに、
何処かへ石を握りしめて走ってるんだけど
この角で、砂利に足をとられて転んでしまい
亀さんの石を落としてしまう。

馬鹿馬鹿しい永遠の別れ。
笑ってしまうか、なかなかの悪夢で飛び起きたのを覚えている。


クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ