2018/4/9  23:03

フェアリー・アルバコアMK-1完成  飛行機模型

Fairey Albacore MK.T
大英帝国海軍 艦上攻撃機/雷撃機

フェアリーアルバコアMK.T

Special Hobby 1/48

 

フェアリー・アルバコア艦上攻撃機 完成しました。

クリックすると元のサイズで表示します 

初めての張線でしたが、まぁまぁかな??(自分には甘いですよエエ)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 

複葉機とはいいながら、時期を無視して眺めると、がっちりした勇壮な

名機の雰囲気がありますので、英国雷撃機の最進化系と見えますね。

クリックすると元のサイズで表示します

 

これが、あの複葉機そのまんまのソードフィッシュに蹴落とされるとは

コントみたいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 

なが〜くかかっていたので、キットの印象も薄れ気味ですが、中身の作りにくさと

主翼の厚みを揃えるのには苦労させられます。

そもそもパーツの精度は低く、心配した支柱は、案の定・・・・・

この手のキットはガリガリ削って、盛るトコは盛らないと先に進みません

クリックすると元のサイズで表示します

 ぶら下げた魚雷は、キットにははいっていないので、別キットからの流用

旋回機銃もレジンベースからの発掘が無理な状態なので、別キットから流用

デカールは良でしたが、ラウンデルの黄フチが透けるのは残念でした。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

アルバコアも最後期の複葉機と思われますが、念のため最後の複葉機と

言われる帝国海軍の三菱零式水上観測機も調べてみました。

 

アルバコアの初飛行は1938年とされており、一方の零式水上観測機は

1936年が初飛行とされています。 ただし、零式水上観測機のほうは

開発と試作、競作の間に初飛行時とは別物となっているようなので、アノ

おなじみのカタチでの最終形初飛行の年月日は正確には判りません。

アルバコアにしても零式水上観測機にしても制式採用は奇遇な事に

194012月となりますので、どちらが最後の複葉の軍用機となりますやら。

初飛行で比べると、アルバコアということになりましょうか・・・・・
クリックすると元のサイズで表示します

十試水上偵察機としては、川西機と愛知機がなんとなくのものは出てきますが
三菱製の試作機は見当たりませんね。。。。

1



2018/4/12  13:26

投稿者:nananiya72

しおちゃん様 コメントありがとうございます。
張線もまぁまぁ自己満足レベルでしたので、「これで複葉機作れるゾ!」
っと一歩前進です。
複葉機はあと5機の在庫がありますので、そのうちに・・・・

名前がマグロだけに、良い味が出ている?(笑)   とか・・

単葉機一歩手前というならば
http://sky.ap.teacup.com/nananiay721/img/1273760272.jpg
こんなのも・・・

http://sky.ap.teacup.com/nananiay721/img/1273760272.jpg

2018/4/11  19:16

投稿者:しおちゃん

今晩はー。
完成おめでとうございます。
素晴らしいアルバコアを見せていただいて
ありがとうございます。
見れば見るほど味のある飛行機ですね。
単葉まであと一歩というところが魅力です。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ