2017/1/10  10:46

F-16 CaliforniaANG  飛行機模型

Lockheed/Martin F-16 Fighting Falcon

California ANG F-16C Block32 TAMIYA

宗旨を変えたわけではないのですが、田宮製を3機予定しています。

3機並べて作るには、各キットのPartsが多すぎますので、Block32

取り敢えず先行させ、馴れることにしました。

 

ほぼ、流し込みタイプの接着剤だけでコトは足ります。

クリックすると元のサイズで表示します 

F-16のキモともいえるインテークダクトは前部後部を

組立て図どおりの順番にすると、なぜか段差が出来て

スムーズにつながりませんでした。

今のところ、ココだけはチカラづくで、瞬接が必要でした。

対策としては、ここ(前部)
クリックすると元のサイズで表示します

ここ(後部)を予め接着して、内部をスムーズに調整して
クリックすると元のサイズで表示します

前部後部を組み合わせてからでも、胴体Partsに組み込める

ようですので、次作はそうしたいと思います。



クリックすると元のサイズで表示します 

垂直尾翼はピン(平リベット)とポリキャップで接合しておけば

外してキットの箱に収まるそうなので、慎重に合わせました。

クリックすると元のサイズで表示します


ピンは瞬間接着剤で固定した方がピタリとあいます。

クリックすると元のサイズで表示します

 

フラップ(フラッペロン)は下げ位置も選べますが、どっちにしましょうか・・・

クリックすると元のサイズで表示します
0



2017/1/12  22:09

投稿者:シロイルカ

まだまだ見映えのする塗装のF-16を量産される予定なのですね。
5月までにあと何機ロールアウトするのでしょうか。
現用シロートの私には考証地獄の実態がよくわからないのが辛いところ。
今年もよろしくお願いいたします。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ