2017/1/14  10:52

F-16 CaliforniaANG  飛行機模型

Lockheed/Martin F-16 Fighting Falcon

California ANG F-16C Block32 TAMIYA


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 

スタビレーターは差し込み式ですので、事実上の士の字

マスキングも完了して、塗装前の状態です。

カッティングロボで作ってもらった、補強板を貼りつけました。

 

さすがの田宮でも、ホイールベイはあっさりしたもので、

今まで通り、パイピングごっこ()です。
クリックすると元のサイズで表示します

それなりに、ごちゃごちゃしてればOKなので、すべて目分量・・・・ 

 

2度とおなじものは作れない(笑)



組立て図では、真ん中の隔壁を主脚柱の取り付け後に

つけるように指示されていますが、機体塗装前に脚柱をつけるのは、

不都合なので、なんとかならんか?
クリックすると元のサイズで表示します

 

 

  ・・・・っと思ったら

少々削り合わせれば、後から差し込むことが可能でした。

パーティングラインはもちろん、塗料の厚みさえもが邪魔して入らないといった

田宮製の精度には、あらためてびっくりです。  

0

2017/1/10  10:46

F-16 CaliforniaANG  飛行機模型

Lockheed/Martin F-16 Fighting Falcon

California ANG F-16C Block32 TAMIYA

宗旨を変えたわけではないのですが、田宮製を3機予定しています。

3機並べて作るには、各キットのPartsが多すぎますので、Block32

取り敢えず先行させ、馴れることにしました。

 

ほぼ、流し込みタイプの接着剤だけでコトは足ります。

クリックすると元のサイズで表示します 

F-16のキモともいえるインテークダクトは前部後部を

組立て図どおりの順番にすると、なぜか段差が出来て

スムーズにつながりませんでした。

今のところ、ココだけはチカラづくで、瞬接が必要でした。

対策としては、ここ(前部)
クリックすると元のサイズで表示します

ここ(後部)を予め接着して、内部をスムーズに調整して
クリックすると元のサイズで表示します

前部後部を組み合わせてからでも、胴体Partsに組み込める

ようですので、次作はそうしたいと思います。



クリックすると元のサイズで表示します 

垂直尾翼はピン(平リベット)とポリキャップで接合しておけば

外してキットの箱に収まるそうなので、慎重に合わせました。

クリックすると元のサイズで表示します


ピンは瞬間接着剤で固定した方がピタリとあいます。

クリックすると元のサイズで表示します

 

フラップ(フラッペロン)は下げ位置も選べますが、どっちにしましょうか・・・

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/1/6  21:43

2017年 M-ingはじめ  飛行機模型

2017年M-ingはじめ

 

ハセガワ1/48記念塗装機大NGのショックも癒えぬままなのに

次にかかっているあたり,さすが!エライぞ!と自分を褒めてあげたいような

モチベーション()の高さよ!!代替機制作は進んでおります。

 

・・・っといっても、田宮のF-16のパーツの多さと組み付けに

いささか戸惑い、ため息状態ですので、そんなには進んでいませんが

一番不安な、上面2分割を接合しました。

仮組ではケッコウ甘々でしたが、なんとかなったかな??

クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します 

そのほか多くの時間はリクエストのあったウェポンをチマチマと・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
 
クリックすると元のサイズで表示します
これは、自分用です。。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ヒラタク言うと、F-16って戦闘爆撃機なんだから、

ちゃんと武装はしなくっちゃ..

ペイブウェイが足りないかなぁ〜・・・・・・

0

2017/1/1  0:03

謹賀新年 2017  

新年 あけまして

 おめでとうございます
クリックすると元のサイズで表示します

本年も

「続」nananiya72雑想ノート

よろしくお願いいたします。

 

皆様のご多幸と 模型がたくさん完成しますよう


お祈りいたしますとともに、


わが手をじっと眺めたり・・・・・

 

              平成29年  元旦

0

2016/12/30  14:32

F-16C 某有名メーカーってヤツは(怒)  飛行機模型

 

LockheedMartin F-16 Fighting Falcon

Wisconsin ANG F-16C Block30 Complete

・・・っと思ったら   

 

ウィスコンシン州兵空軍F-16C Block30 完成しました。・・・が

キットに大きな間違いがありました・・・大問題です。

 

原因は、F-16Blockというものを理解していなかった

某、日本有数の有名プラモデルメーカーの無知のせい!! 

このWisconsinANGF-16CBlock30は#87-0234というシリアルナンバー

なのですが、調べてみると#86-0262というF-16CBlock30以降のF-16

インテーク形状がエンジンに合わせて大型化された、いわゆるビッグマウスのタイプ

が適用されていますが、キットはノーマルマウス NSIDのままになっていました。

わざわざ、記念マーキングとシリアルまでつけてデカール買えで売っておきながら
この不始末は「金返せ!!!」ものではないでしょうか。。
クリックすると元のサイズで表示します
このキットで作るとこういうことになります。
クリックすると元のサイズで表示します

コチラがビックマウス MCIDモジュラー・コモン・インレット・ダクトです
クリックすると元のサイズで表示します




 

さぁ〜どうしましょう・・・・・

取り敢えず、作り直すというつもりで、同じデカールを調達し、

パーツ請求で、確保していたビッグマウスを作り始めましたが、精神的ダメージが・・・・

さらに、同じ塗装で作り直すのは、なんとしても納得が行きません。

 

同じ、塗装のものを作って、密かにすり替えておこうとも思いましたが、

それでは、潟nセガワのインチキ商売を告発することにはなりませんので、

敢えて、この不良完成品は展示会でさらしものにしようと思います。

もちろん注釈付きで()

 

というわけで、完成が実質一機減りましたので、制作中のものは

同飛行隊の60周年記念塗装にしたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します 

 

・・・・が、なんかBlock30といいながら、いろいろアップデートされていて

Block50に近い形状なのは、ちと困ったな┐( -“-)┌ヤレヤレ

 

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ