2010/2/20

ペン園最終日  Paraguay

クリックすると元のサイズで表示します

徹夜で飲み明かした二人がダウンした後、
起きて数分の何人かもいる中、みんなでラーメンを食べに。
やっぱりおいしぃー
残ってよかった。

それからのすごし方は。。。
マージャン、卓球、ハヤシライス、卓球、マージャン

敷地内で1日中楽しめちゃう魔法の宿、ぺん園

大満足の人生初マージャン
ここにいる間に、卓球の正しいフォームも、ハヤシライスの作り方も覚えたよ。

できることが増えるって楽しい

写真は、停電になったから、星見に行こう!
って外にでたものの夜が明けてきたから
朝日を見に行こうに変更しての1枚。

最高の1日でした
0

2010/2/19

アサード  Paraguay

クリックすると元のサイズで表示します

肉の塊を豪快に焼いて、みんなで食べる南米風BBQ、アサードは格別のおいしさ
肉の塊だから焼けるのにも時間がかかる。
そのため、肉がやけて目の前に来るととりあえずがっついてしまい
最後に焼ける1番おいしい骨付き肉までおなかがもたない。

前回で学んだはずなのに、またやっちゃった
それくらいおいしいんです。

BBQにはおにぎりでしょ。
ってみんなでおにぎりを作る。
それぞれ形が違っておもしろいね。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/2/18

シウダデルエステ  

クリックすると元のサイズで表示します

優香発見!!

行くかどうか相当迷ったけど、決めてたし行こう!
ってことで、宿の人の車にのっけてもらって
電化製品が安いといわれる街、シウダデルエステへ。

街はゴチャゴチャと露店が並び、アジアな感じ。

電化製品は、日本のほうが安いかなぁ。
今まで、免税の街とかで電化製品が安い!っていわれる街に何度か行ってきたけど
結局日本で買うのが1番安いんじゃないかな?
服もほしかったけど、イマイチだったし
暑さにもやられて、ヘトヘトになったところに
帰りのエアコンなし満員ローカルバスでこてんぱんにやられる

どんなにいっぱいでも、
どんなにみんなが暑くても、
容赦なく、人を詰め込む。
それがパラグアイローカルバス


あゆも発見したよ


0

2010/2/12

イグアスの滝  Argentine

クリックすると元のサイズで表示します

ブラジルビザをゲットして、
その足でアルゼンチン側イグアスに向かう。
行ってみると、案の定入場料が値上がり(85ペソ)
ペリトモレロから、値上がりに泣かされてきただけにショックだった。
仕方ないので、
85ペソ払ってこの旅ハイライトのひとつであるイグアスの滝へ。

中は遊園地のように整備されてて、ちょっと残念。自然な感じがよかったなぁ。


道順にそって歩くと、滝が何個も連なってるのが見えてくる。
ナイアガラのような滝を想像していた私は、比較にならない滝の迫力に胸がときめく

滝の中に虹が見えたり、断崖絶壁を水が落ちていく様子を上から眺めたりしていくと
「悪魔の喉笛につっこみツアー」場所に到着。

ライフジャケット着用して、せかされながらボートに。
しばらくすると、滝の目の前について、船頭さん達があわただしくなる。
「バモス」の掛け声で、滝の中につっこむ。。。?
と思いきやなんだかよくわからないうちに、Uターン
あれ?これだけ?ってこれで100ペソー?
ってなってるところにもう一回つっこむ。
大量の水が降りかかってくるため、コンタクト着用者の私達は目が開けられず、
何が起こってるのかさっぱりわからない。
結局、滝に近づくだけで滝の下はくぐれなかったけど、
水に入ったかのようにビショビショになるこのツアー。
私は好きでした


それから、滝の上のほうに、公園内の電車にのって向かう。
上から見るイグアス。。。圧感。。。

ものすごい水量に、ゴーっといううなり声、
下を見下ろせば、大量の水しぶき。そのため下がみえない。

思わず見入ってしまい、動けなくなる。
聞いた話では、イグアスの滝を見に来て、自殺をする人がいるとか。
あの、落ちていく様に自分も飲み込まれたくなるんだって。

私はそうは感じなかったけど、確かに落ちていく水が面白くて、じーっとみつめてしまってた

それくらい自然の大きさを感じる滝、イグアス。
想像以上の迫力で大満足。

0

2010/2/4

(無題)  

クリックすると元のサイズで表示します

ウルグアイの首都モンテビデオでもカーニバルやってるよぉ
って聞いて、体調のすぐれない中、早速行ってきました。

フェリー乗り場にある街Colomnia de sacramentoで観光した後
6時のバスでmonte videoに。

カーニバル中とあって、宿がどこもいっぱい。
その上値段も、US$20平均。 たかっ
3,4軒あたるが、どこもなし。
3人ともヘトヘトになってきて、無言になる。
そろそろみつけないと。。。

結局セントロの一番端のホテル(ホステルじゃないちょっといいとこ)
に三人部屋、一人US$24。ちょっと高いけど仕方ない。

日本人大好きというオーナー夫人の長話にあせりながら、check in
(だって、カーニバルはじまっちゃってる)

とりあえず荷物置いて、カーニバル場所へ。

会場はどこも人がいっぱいでなかなか場所が確保できない。
何個か交差点を周ると、何人かが登ってみてる柵発見。
そこから見ると。。。

クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じ。

sexyな衣装で腰をフリフリしながら踊る女の人たち
そのおなかは??っていう人もお構いなし。
観客だってまけてません
2歳くらいの女の子からおばちゃんまで踊りまくってたよ。

何度もまわってくるアルコール
アジア人が珍しいらしく、一緒に写真をとろうという現地の人たち
泡のスプレーをまきちらす現地人

最後はみんなでカーニバルに参加

楽しかったね


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ