2015/3/16

何に楽しい感じるか  個人的つぶやきとガイドとの対話

よくないもんよくないもん、なってたのが、あーいいんだ、OKなんや。って感じるようになってから、だいぶ、見方が柔かくなった感ありです。
たとえばの話、王様と侍従の組み合わせで、堕落させる組み合わせだよねー。その結果王国崩壊したんだよなあ。とか思いつつ、でも、今考えたら「堕落していくとこまでいったところで、王国ないし、困る人もそんないないから」と、思うと、あ、別にいいんだってこと。

頑張れがんばれーと、背中ひっぱたく人よりも、堕落させてくれる人が必要なことはよくあるよくある。

その国の人がこまるじゃーんも、本気で困れば、反乱起こせばいいんだし♪困らせる相手はり倒せばいいんだし(お気楽)

そうならないように、頑張って踏ん張るか、自分律しまくって頑張るかーという所なんだけど、
振り切れてしまうのもありなんだろうなあ。とか思った。悪い奴になっていいというのは、そういうことなんだろうなあ。

踏ん張ったって律したって、堕落進めるような人や楽したいもんとかいう人は納得してくれないわけで、100%納得いくものって考えたら無理で。何を最優先にするか。っていうのが大事なるわけだし。

何を最優先にするかで、百パーセント満足いくことってないんだよね。善政ひいたとて、悪い人には居心地悪いからむきーっとされる。それが人間世界だし。

善政だろうと悪政だろうと、偏りまくれば偏った分だけ揺り戻しがあるのは、一緒なわけだし。
激しい揺り戻しは、反乱とか革命とか戦争とか大きな反動で犠牲も増えるわけだけど。

それぞれが「その時」を生きてるってことなんだよねー。

うん、でもって「それで何が困るの?」というと、当事者であれば、どうするか選択しなきゃいけないけど、自分は、というと「困らないわ」とおもった。自分が選択できる立場であれば、困る人が少なくなるように予防線は張るかもしれないけど、選択するために「それ」はおこるんだよね。

マイナスエネルギー出してるにしたって、連鎖的に起こることもあるし、大元はどこさっていうのはあっただろうし。トラブルを対処していくことでしか存在意義がないとか思いこんでたら、そりゃ、トラブル頻発なるわー。

頑張りすぎているなら、堕落して手を止めることで見える世界もあるだろうし。
堕落堕落うっさいわ。とかいいつつ、がんばり屋さん見ていて思うのは「堕落してはいけない」と、律しまくってる人多いなと。でも、体は使用限界ってあるから、それを超えるとダウンするんだけど、そのダウンを「堕落」ととらえてしまう人は多いような。

堕落って、自分の好きなことだけしかしないとか、いわゆる「悪い奴になって自分の都合だけで生きる」ってなるわけだけど、あら、いいじゃないってことか(笑)見える結果見えない結果にしろ、それぞれの都合で動いてるわけだし。

皆それぞれの都合でしか動かないんだから、それでいいんだよ(笑顔)

心屋さんの「ゲスいやつになれ」理論だね。そっちにいくかやっぱり。
私いい人、がんばり屋さんって思い込んでて、周りからしたら、周りに無理を強いる無茶ぶりする人。とか思われてることもあるからねえ。

頑張ったら頑張った分だけ、色々な貯金は増えるけど、周りをすり減らしてまで頑張らないといけないかというと、違うのかもしれない。それでもいいなら、それでもいいんだと思う。
・・・・・それでもよくない人にはり倒されるかもしれないけど。

はり倒されてもいい(笑顔)

要は振り切ってみて「学びが終わる」こともあれば、はり倒された自分も許すことが出来れば、はり倒された原因に対しても怒りはわかなくなるのかもしれない。


1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ