2013/8/3

アニメに見る星話  個人的つぶやきとガイドとの対話

昨日は空飛ぶ城のお話でしたね。

いや、宮崎アニメって、精霊界ってこんな感じねとか、ファンタジー要素で、過去世を探ると、あー、あんな感じだった。とか、言うものが多いのですが。
ゲームのポポロクロイスでも空飛ぶ城の遺跡探索がありましたが。

で、いつもはオープニング見るの忘れてたとか、開始1時間後に気がついてとかのパターンなんですが、ちょっと意識してオープニングからちゃんとみたわけですが。
うん、なんかあの「空飛ぶ城の世界」が見覚えがある。

住人としての実感ではなく、上から見ている感じ。+城の中とか。

で、どこかなあと、探索してみたら、オリオン。知ってるお城でいえば、オリオンの皇帝の城かあ。ということで決着ー。ロボットというか、アンドロイドとか、そういう「完全に人間系」は多かった気がする。仕事の中心はアンドロイド中心で、人間が少なかったんかな。
アンドロイドメインで使う帝国と、人間に復権をな勢力と争ってたみたい。
生体クローンの技術もあったみたいだし、機械文明としては、最大の発展してたんじゃないかな。

んー、オリオン大戦とかなんぞーとか、おもいつつ、こういった「機械中心」とか、「機械ばっかりつかって、人使わないなんて絶対変、心ないじゃん」という、シリウス文明からの茶々がはいって、色々な勢力巻き込んで戦争なった。という経緯があったらしいです。

シリウスはサイキック文明なのかな。人間のエネルギーを利用した文明。

お互いにオリオンは「目に見える資源」を使い、シリウスは「エネルギーという目に見えない部分」を使い、それを使って争い続けてたわけだけど、結局、どちらの星系そのものが使えなくなるレベルにまで、つぶしあってしまった。というね。

あー、だから、シリウス系の人が「エネルギーの源泉って無尽蔵だからー」とかいうの、信用してないんだ(笑)そう思いこんで使い放題した結果、滅んだのがシリウスだからねー。

逆に、星としての資源を無尽蔵に使い込んだ結果、滅んだのがオリオンになるけど。資源を使って活動している、今の地球に似てるかもしれない。

じゃあ、プレアデスがいいのか、でいうと、プレアデスは、ナウシカの世界。機械文明もあれば自然文明に生きる人がいたけど、腐界が進んで、どんどん人が住める場所じゃなくなっていって、そういった星のエネルギーに寄らない世界を。というので、アヴァロンという「時空移動世界」を、その時の帝国が作ったようです。

その時の皇帝の子どもの内、娘3人が湖・森・平原の軸になるために、生贄になったなあ。と、ダウンロード。そのうち一人が自分だわ。も。いや、めっちゃ箱入りで育てられてて、生贄も死ぬも意味わかってなかったみたいだけど。お手伝い終わったら、皆のところに帰ってこれるとか、おもってたような。・・・で、皆で、また、このアヴァロンで会おうね。と、姉さま方に言われて、生贄になったなあ。・・・あ、だから、キングアーサーのアヴァロン時代で、皆が集まってた時に、一人あわてて無茶苦茶な転生してたんだ。

プレアデスの、アヴァロン創世の時も、多分、いた人多いかも。
その時代は、精霊王の時代だったみたいで、精霊たちの世界だったみたい。
腐界が進んで結局は、全体で住めなくなって、精霊文明は滅んだ形だけど、(アヴァロン自体も別の星に移動)その後、レッピーが入植してレッピーの星になるんだったなあ。

・・と、歴史をつらつらとダウンロードしておりました。

そう考えると、ファンタジーもあなどれないなあ。
1



2013/8/5  9:56

投稿者:kagura

>ありすさん 実感としてよくわかってないので、こう、歴史書みてとか、色々とお話を聞いて、そうだったんだーってかんじの読み方ですが。
で、ありすさんもいましたねん。全部に(笑)なんでなんでー?というタイプは、満遍なくあちこちにちゃんと転生するから面白いですよね。

2013/8/3  14:39

投稿者:ありす

 ほお〜〜、オリオンとシリウスはそんな戦争だったですか。
なんか、「地球へ」みたいだなあ。
テクノロジー対超能力。
にゃるほど☆

 アヴァロンもそういう経緯だったんですね。

 私は・・・いたかしら?^^

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ