にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ
にほんブログ村

2017/10/20

一気に行っちゃえ第四陣 その1(濃厚鶏パイタン 麺や 鳥の鶏次@大つけ麺博)   食:ラーメン(その他地域)
「大つけ麺博」第四陣、開幕2日目ですが早くも制覇に向けて動きます。
今陣は店の並び順に攻めています。
そして、天気は雨・・・。
金曜の夜で人出はそこそこあるものの、各店の行列は数人から10人。
なので、攻める店の順番は気にしなくて良いレベル。
今回はこのまま並び順で行っちゃいましょう!

というわけで、大阪から出店の「濃厚鶏パイタン 麺や 鳥の鶏次」へ。
クリックすると元のサイズで表示します
昨年に続く出店ですね。

出品作は「焦がし濃厚鶏塩パイタンそば」。
クリックすると元のサイズで表示します

おぉ、今回の「大つけ麺博」でさほど多くはない鶏白湯ですが、他を含めてもスープのとろみは秀でています。
クリックすると元のサイズで表示します
もちろん、その味わいも濃厚な鶏の旨味漂うおいしいスープ。
焦がしネギがアクセントになっていて、昨年同様なかなか美味いです。

麺は平打ちの多加水麺。
クリックすると元のサイズで表示します
昨年気になった味の薄さというかぼやけた感じはなく、しっかりした塩味も効いて麺が進みます。
どうやら、昨年は何かのミスだったようですね。

濃い目のスープにスプラウトのシャキシャキ感と清涼感も良いアクセント。
クリックすると元のサイズで表示します

昨年デカすぎと感じたチャーシューはちょこんと付け合わせ程度に。
クリックすると元のサイズで表示します
バラ肉を炙って、香ばしさを出しています。
焦がし野菜とこの炙りチャーシューで香りのアクセントもあり美味しい一杯でした。

10月は30食目で、2017年通算114食(81すすり24つけ10まぜ)になりました。

そして、2010年からの通算994食、1,000食まで残6食!
0
タグ: ラーメン

2017/10/19

雨なら攻めまくれ!大つけ麺博第四陣 その3(中華そば 葵@大つけ麺博)  食:ラーメン(その他地域)
「大つけ麺博」第四陣、続いては埼玉から出店の「中華そば 葵」。
クリックすると元のサイズで表示します
このイベント初出店ですね。

出品作は「塩そば」。
クリックすると元のサイズで表示します
名前が超シンプルです。

それだけにスープのベースが気になりますが、名古屋コーチンに複数の魚介を使ったそう。
クリックすると元のサイズで表示します
昨年も「世界が麺で満ちる時」が名古屋コーチンの清湯系スープのラーメンを出していましたが、その時に味わった風味と香りにやはり似ているような気がします。
どうやら、昨年「味わったことがない風味」と表現したのは、名古屋コーチンのものだったようです。

麺はやや細のストレート麺。
クリックすると元のサイズで表示します
隙間にうまくスープを絡めるタイプで、麺の端切れも良くスープとの相性も良いと思います。

具はネギに太目のメンマ、
クリックすると元のサイズで表示します

脂が少なく味付け薄目のバラチャーシューと非常にシンプル。
クリックすると元のサイズで表示します

具は完全に麺とスープの脇役ですが、特にスープの名古屋コーチンのコクと風味はやっぱり良いですね。
今回は各陣に清湯系塩ラーメンがありますが、鶏、鶏プラス魚介、魚介と有って、中でも「きんせい」「志那そば 田なか「鯛塩そば 灯花」「中華そば ぬんぽこ」など魚介清湯が攻勢に来ている中、この名古屋コーチンの独特の風味は良いと思います。

10月は29食目で、2017年通算113食(81すすり23つけ10まぜ)になりました。

そして、2010年からの通算993食、1,000食まで残7食!
0

2017/10/19

雨なら攻めまくれ!大つけ麺博第四陣 その2(鬼そば藤谷@大つけ麺博)  食:ラーメン(その他地域)
続いては渋谷から出店の「鬼そば 藤谷」。
クリックすると元のサイズで表示します
昨年は鮮烈なカニの風味を出した清湯系の塩ラーメン「伝承蟹塩らぁめん〜海と大地の恵み〜」を、ラーメン軍20店舗の勝手なランキング1位に推しましたが、どうやら昨年は売上杯数1位だったみたいですね。
私の評価と同じでうれしいです。

そして、今年の出品作は「熟成ローストビーフと黄金海老のカニ味噌らぁめん」。
クリックすると元のサイズで表示します
名前からして贅沢ですわw。

スープは、昨年の鶏ベースの清湯と違い、豚骨&鶏の濃厚系をベースに、焼いたズワイ・タラバ・花咲の三種のカニを使った贅沢な味噌味。
クリックすると元のサイズで表示します
動物系のマイルドなコクにカニの風味がきちんと生きています。
これまでの味噌ラーメンと違い少し味噌の味が薄めですが、私は出汁の味が活きるこのぐらいのほうが好みです。

淡は多加水のやや透き通った中太麺。
クリックすると元のサイズで表示します
舌触りがよく、濃厚スープが絡み過ぎずいい感じです。
麺をすするとまた蟹の風味が漂って快感です。

トッピングには極太メンマの上に小エビを散らしています。
クリックすると元のサイズで表示します

そして、チャーシューはなんとローストビーフ。
クリックすると元のサイズで表示します
これまた贅沢感がありますが、このラーメンに必要かって気はしますけどね。
でも、肉を食べてる感はもちろん秀でていて、蟹の香りに慣れた舌や鼻をリフレッシュするには良いかもしれません。

今年も間にを使った美味しい創作ラーメンを出してくれました。
しかも、昨年は清湯、今年は濃厚系。
なかなかの実力店ですね。
是非渋谷のお店にも行ってみたいです。

10月は28食目で、2017年通算112食(80すすり23つけ10まぜ)になりました。

そして、2010年からの通算992食、1,000食まで残8食!
0

2017/10/19

雨なら攻めまくれ!大つけ麺博第四陣 その1(新旬屋 麺@大つけ麺博)  食:ラーメン(その他地域)
「大つけ麺博」第四陣はつけめん3・ラーメン6の出店構成。
これは第三陣と一緒なので、つけ1・すすり2の3セットで制覇になります。

今回攻めたのは山形から出店の「新旬屋 麺」。
クリックすると元のサイズで表示します
昨年に続いての出店です。

出品作は「山形さくらんぼ鶏使用 金のつけ鶏中華」。
クリックすると元のサイズで表示します
「さくらんぼ鶏」とは餌にさくらんぼ果汁を混ぜて飼育した鶏のよう。

つけダレはそのさくらんぼ鶏を使った鶏清湯スープ。
クリックすると元のサイズで表示します
鶏もの肉の薄切りに、キンカン、ナルトが浮いています。
昨年とほぼ同様のルックスですね。

麺は中太多加水麺。
クリックすると元のサイズで表示します
もちもち食感が特徴で舌触りも良いです。

つけます!
クリックすると元のサイズで表示します
軽くウェーブのかかったもちもち麺に鶏のうまみたっぷりのつけダレが適度に絡みます。
うん、濃厚系も良いけど、たまに清湯系を頂くとスルスルと進みますね。

薄切り鶏もも肉はほとんど下味も付いておらず、鶏本来の味を楽しめます。
クリックすると元のサイズで表示します

キンカンは昨年次女に食べられたので、一昨年以来二年ぶりですね。
クリックすると元のサイズで表示します
黄身と違って心地よい弾力に卵っぽい旨味があって美味しいです。

ラストはスープ割。
クリックすると元のサイズで表示します
鶏で割っているのでネギが効いて中華スープのようで美味しいです。
個人的にはスープ割は豚骨魚介系より鶏清湯系のほうがスープらしいと思います。
ただ、つけ麺の締めはあくまで"スープ割"で、"スープとは別物"という意見もあるかと思いますが。

10月は26食目で、2017年通算110食(78すすり23つけ10まぜ)になりました。

そして、2010年からの通算990食、1,000食まで残10食!

ついに1,000食までカウントダウンです!
0

2017/10/18

肉うどん&飲み比べ  食:その他
先日牛すじを煮込んで出汁を取り、牛すじ煮込み丼おでんを作りました。

その際の煮汁やおでん出汁を見て思ったのが・・・。

これをブレンドしたら良いうどんの汁になりそうw。

で、作ってみました!
クリックすると元のサイズで表示します

うどん出汁は本当に余った煮汁とおでん出汁をそのまま混ぜただけ。
量は概ね牛すじ煮汁1におでん出汁2くらいでしょうか。
少し甘みのある柔らかな味のうどん出汁ができました。
それに、大根、ニンジン、シイタケを入れて10分ほど煮込み、仕込みは完了。
今日、zunkoが牛肉を買ってきて細切れにして入れ、冷凍うどんをチンして、半解けにした後に軽く煮汁で煮たら完成。

いい感じでうどんに味が染みています。
クリックすると元のサイズで表示します
肉は鶏肉も考えましたが、牛の出汁なので、牛肉にしてみたらこれがまた合う。
牛の風味にちょっと甘い出汁が山形の芋煮みたいです。
ちなみに、子供達はすいとんで食べたそう。

コンビニで購入したビール飲み比べもしてみました。
クリックすると元のサイズで表示します
サッポロ黒ラベルの黒ビールに、サントリーの「ザ モルツ ウインタードラフト」。

「ザ モルツ ウインタードラフト」は今はやりの香りに重点を置いたタイプですね。
クリックすると元のサイズで表示します
麦芽100%のしっかり差がありながら、ホップのさわやかな苦みと香りで爽やかな飲み口。

サッポロ黒ラベルの黒ビールは、昨年抽選で当たったものが商品化されたようです。
クリックすると元のサイズで表示します
黒ビールらしい濃さがありますが、黒にしては少し軽いなあという印象。
「スーパードライブラック」よりは良いですけど(苦笑)。

間もなく冬なので、部屋を暖かくして温かいものを食べながらビールという時期になってきましたね。
東京も連日天気が悪くて冷えています・・・。
0

2017/10/18

本店も行ってみた!その4(志那そば 田なか@東池袋)  食:ラーメン(その他地域)
東池袋に出かける用事がありました。

東池袋と言えば・・・。

「大勝軒」!

が有名ですけど、実は「大つけ麺博」第二陣に出店し、魚介の洗練された塩ラーメン「至高の塩かけそば〜房総の極み〜」を出品した「志那そば 田なか」も東池袋だったではないですか!

で、行ってみました!
クリックすると元のサイズで表示します
これは定番メニューの「鯵ニボそば(醤油)(750円)」。
きれいなルックスのラーメンですねえ。
店主もなかなかのイケメンですけど、見た目のこだわりもしっかりしていそうです。

スープは清湯系かと思ったら意外にもとろみがついています。
クリックすると元のサイズで表示します
鯵の煮干しの香りが鮮烈で、すするほどに香りが広がって後を引きます。

麺は細麺のストレート。
クリックすると元のサイズで表示します
加水率高めで舌触りがよく、コシもしっかり、しっかり噛みしめるとブツブツ切れていく端切れの良さ。
とろみのあるスープも良く絡みます。

これは・・・?
クリックすると元のサイズで表示します
ラーメンでは見たことない具です。
食感は硬めのメンマのようで、歯ごたえがあってあっさりした味です。
芋がらでしょうか。

チャーシューは豚バラを軟らかく煮込んでいます。
クリックすると元のサイズで表示します
脂が少なめで厚切りにしてあるので食べごたえもありますね。
味付けは薄めで、鯵の出汁の邪魔をしない良い脇役です。

スープと麺も良いですが、具の工夫もあって楽しめる美味しいラーメンでした。
塩味の「鯵ニボ汐そば」や日替わり麺もあり、楽しめそうなお店です。
ただ、東池袋には当面行かないと思いますが。

10月は21食目で、2017年通算105食(77すすり19つけ9まぜ)になりました。

そして、2010年からの通算985食、1,000食まで残15食!

「本店も行ってみた」がシリーズ化しているので、「大つけ麺博」第五陣か「本店も行ってみた」のどちらかで2010年からの8年通算1,000食を達成しそうですね。
0
タグ: ラーメン

2017/10/16

本店も行ってみた その2(鯛塩そば 灯花@曙橋)  食:ラーメン(その他地域)
大つけ麺博第三陣は、家族の協力もあって無事2日で9店を制覇しました。

が、実は心残りが・・・。

はい、それは「鯛塩そば 灯花」を2年連続で長女が食してしまったこと
もちろん味見はしたのですけどね。

あの鯛の風味満点の清湯スープをもっと食したい・
・・。
なので、今回出店の中でも都心に位置する当店の本店に足を運んじゃいました!

「鯛塩そば(800円)」着丼です!
クリックすると元のサイズで表示します

色合い、香りとも「大つけ麺博」と同じレベルですね。
クリックすると元のサイズで表示します

麺は細目の多加水ストレート。
クリックすると元のサイズで表示します
多分これも同じですが、細い麺の隙間にいい感じでスープが絡みます。
うわー、すすると鯛の良い香りが鼻腔をくすぐる・・・。

柔らかな穂先メンマかよい箸休めですね。
クリックすると元のサイズで表示します

チャーシューは「大つけ麺博」のバラチャーシューと違い、低温調理の赤身です。
クリックすると元のサイズで表示します
モモあたりですかね。
スープの余熱で少し熱が通ってしまったのは失敗でしたが、バラ肉だと脂身が魚介とけんかすするように思えるので、豚を使うならこの方が良いのではと思います。

2年ごしで「鯛塩そば」まるごと満喫しました。
美味かった・・・。

10月は17食目で、2017年通算101食(74すすり18つけ9まぜ)になりました。

そして、2010年からの通算981食、1,000食まで残19食!
0
タグ: ラーメン

2017/10/15

またまた自家製おでん  食:その他
雨ですね・・・。
今日は出かける予定もなかったので、おでんを煮込みました。

と言いますか、正確には昨夜煮込んだので、今日は温めなおしただけですが。

作り方はいつも通り、牛すじ肉を一度茹でこぼしてアクを取り、牛すじが浸る程度の水にネギのぶつ切りとしょうがの輪切り、お酒大さじ4を加えて圧力鍋で20分煮込みます。
そわ煮汁を網で濾して油をすくい、カツオ出汁と概ね1:1でブレンドしたものに、醤油大さじ2・みりん大さじ1を加えて、塩で塩分を調整。
結び乾燥昆布を投入して戻したら、大根、ニンジン、結びしらたき、こんにゃく、ちくわ、つみれ、タコ、牛スジ、玉子などを順次投入して20分ほど煮込みます。
いったん火を止めたらちくわぶとはんぺんを適度な大きさに切って投入、一晩おいて味をなじませます。

翌日はそれを温めなおすだけで自家製おでんの完成です!
クリックすると元のサイズで表示します
あ、ちくわぶ忘れてた・・・。
お代わりで食べるから良いや(苦笑)。

おでんにはやっぱり日本酒ですよね。
クリックすると元のサイズで表示します
「菊水の辛口」を買ってきました。
本醸造ですが、しっかりした飲み口で程よい辛口度合い。
おでんや焼き鳥などにはぴったりです。

おでんはたっぷり作ったので、明日の朝食ないし夕食にも頂こうと思いますw。
0

2017/10/15

今日のランチは牛すじ煮込み丼  食:その他
昨夜牛すじを煮込んだので、その牛すじに味付けして丼で頂くことにしました。

牛すじは圧力鍋に浸る程度に水を張って、ネギの青い部分、しょうがの輪切り、料理酒を加えて20分圧をかけて煮込みました。
上澄みの脂を取り、牛すじは皿にとって冷ましたら適度な大きさにカット。
煮汁に醤油・砂糖・みりんで味付けし、カットした牛すじ、しょうがの細切りを入れて10分ほど煮込んだら、玉ねぎの細切りと大根のいちょう切りを投入して20分煮込んで完成です。

熱々ご飯にそれら具と温玉をのせ、煮汁は片栗粉を加えてあんかけ状にしてかけました。
クリックすると元のサイズで表示します
荒々しい男の丼の完成ですw!

肉の残った部分は牛丼のような味わい。
クリックすると元のサイズで表示します

温玉は二度目のチャレンジで成功しました。
クリックすると元のサイズで表示します
やかんで500mlの湯を沸騰させ、そのやかんに水を100ml加えます。
そこに卵をそっと入れ、10分ちょっと放置するだけで完成です。

タンパク質とコラーゲンの洪水ですw。
クリックすると元のサイズで表示します

カツオの出汁ガラを載せた茹でもやしとほうれん草を副菜にしているので、栄養的にも非常に良い昼食になったと思います。

ちなみに、なぜ牛すじを煮込んだのか、カツオの出汁ガラがあるのは次の記事でわかると思います。
0

2017/10/14

今度は三岳だ!  お酒
「三岳」のストック残り一本を開栓しました。
クリックすると元のサイズで表示します
次が手に入ったわけではないですが、不定期に手に入るしまあ良いかなと。

先日「原酒 兼八」も開けましたが、大分ストックが整理できました。

秋の赤霧島の受け入れ準備も万端ですなw。
0

2017/10/14

家族で制覇だ!大つけ麺博第三陣 その2(麺屋 あがら、麺堂 稲葉、若武者)   食:ラーメン(その他地域)
「大つけ麺博」第三陣は満を持して家族で出陣、一気に6店制覇して第三陣コンプを狙います。

既に3人で1人一食ずつで3点を制覇し、自分ノルマはあと2杯。
まずは和歌山から出店の「麺屋 あがら」へ。
クリックすると元のサイズで表示します
ここも今回初出店ですかね。

第二陣9店を制覇したので、1店無料のクーポンを使用します。
クリックすると元のサイズで表示します
第五陣は制覇しても何の特典もないのかな・・・。

出品作は「和歌山ラーメン」。
王道で攻めてきましたね。
すみません、丼全体の写真を撮るの忘れたみたいです。

スープはもちろん豚骨醤油。
クリックすると元のサイズで表示します
おぉ、濃いですね。
豚骨の濃度は博多並みかそれ以上、醤油の色合いは家系以上。
しかし飲んでみると、塩気はそれほどではなく、豚骨のマイルドさに醤油のマイルドなうまみと塩味が追いかけてくる感じ。

麺は歯切れのよいストレート麺。
クリックすると元のサイズで表示します
これも王道でしょうかね。
濃厚スープとの相性が良いです。

歯ごたえの良いメンマがたっぷり乗っています。
クリックすると元のサイズで表示します
見た目よりマイルドとは言ってもやっぱりスープは濃いので、箸休めがあるのは良いと思います。
ただ、箸を休めるほど麺の量はないですけどw。
しゃっきりした青ネギも濃厚なスープにいい感じで清涼感を与えていますね。

チャーシューは豚バラで、非常に柔らかく煮揚げてあります。
クリックすると元のサイズで表示します
はしてつかむと崩れるほど・・・。
どうやって切ったり盛り付けたりしたんでしょう。

という感じで、王道で攻めてきた美味しいラーメンでした。

zunkoは2杯目はつけめんを食べたいということで、残っていた「麺堂 稲葉」に並んでもらいました。
クリックすると元のサイズで表示します
このイベントの常連で、毎回つけダレがポタージュのような濃厚な鶏白湯のつけめん「つけめんウルトラソウル」を楽しませてもらっています。
大好きなお店だったので2日目にとっておいたのですが、zunkoがに進呈です。

出品作は「鶏白湯つけめん」。
クリックすると元のサイズで表示します
あれ?「つけめんウルトラソウル」やめちゃったんですね。

でも、いつも通り鶏白湯濃厚つけダレは健在です。
クリックすると元のサイズで表示します

つやっとして舌触りがよく、もっちりした太麺も健在。
クリックすると元のサイズで表示します

つけます!
クリックすると元のサイズで表示します
おぉ、今年もこの鶏白湯を頂けるとは。
でも、残りはzunkoに進呈・・・。

トッピング券で追加した豚バラチャーシュー。
クリックすると元のサイズで表示します
あっさりした鶏肉にすれば良いのになあ。
去年は焼き鳥風のモモ肉一昨年は鶏の低温調理チャーシューだったのに。

極太メンマはやはり今回も健在で、味玉も追加したそう。
クリックすると元のサイズで表示します

豚バラチャーシューを除けばいつも通りの美味しい濃厚鶏白湯つけ麺ですね。
もう一つ、つけダレがちょっと少なすぎで、全部食べ終わったときにほとんど残らず、スープ割ができなかったことも少々残念でしたが。
500円だからしょうがないのですかね。

そして、第三陣のラスト、福島型出店の「若武者」へ。
クリックすると元のサイズで表示します

ここも一昨年昨年に続いての出店。
昨年は鶏をベースに5種類の貝を加えたふくよかなうまみのある清湯スープに太目の平打ち縮れ麺を合わせた中華そばを出し、勝手にランキング付けした中ではラーメン軍20店中7位に推しました。
新しい驚きがないことで若干下にしてしまいましたが、味の完成度は出店した清湯ラーメンの中でも指折りだったと思います。

今回の出品作も「青森シャモロック塩鶏中華そば」。
クリックすると元のサイズで表示します

鶏ベースの清湯スープは、今年も5種類の貝の出汁。
クリックすると元のサイズで表示します
鶏の旨味の奥に、ふくよかで複雑なうまみを感じる美味しいスープです。

太めの平打ち縮れ麺も健在です。
クリックすると元のサイズで表示します
清湯スープだと細目の麺が多いのですが、平打ちで縮れを入れることによりスープがしっかり絡み、麺のプルプル食感も感じられる非常に良い組み合わせの美味しい麺です。

チャーシューは豚バラに
クリックすると元のサイズで表示します

鶏のささ身でしょうか。
クリックすると元のサイズで表示します
どちらも味付けはあっさりしてスープと麺の邪魔をしないように配慮されています。

今年もここは美味しいです。
鶏そば好きならここは外せないですね。

というわけで、無事第三陣もコンプ!
しかも家族の協力で3食減らすことができましたw。

残り第四陣と第五陣の2週間は、土日に予定が入っていて、平日のみでクリアしなければならないきびしい条件ですが、引き続き頑張ります!

10月は16食目で、2017年通算100食(73すすり18つけ9まぜ)になりました。
お、早くも100食行ってしまいましたね。

そして、2010年からの通算980食、1,000食まで残20食!

家族が3店減らしてくれ、大つけ麺博が残り18店なので微妙な感じになってきましたね。
どこが記念すべき8年間通算1,000食目になるのでしょうか。
0
タグ: ラーメン

2017/10/14

家族で制覇だ!大つけ麺博第三陣 その1(くり山、鯛塩そば灯花、中華そば ぬんぽこ)  食:ラーメン(その他地域)
過去第一陣・第二陣の週末の出陣は長女だけ連れてきました。

今回第三陣にして、ようやく家族で出陣です。
次女がおじいちゃん・おばあちゃんの家に遊びに行ったので、3人ですが、長女1・zunko2・自分3の一気に6店で第三陣の制覇を狙います!

まずは人気No.1が予想されるつけめん店「くり山」に並びました。
クリックすると元のサイズで表示します
神奈川から一昨年昨年に続いての出店で、このイベントの常連。

雨天のせいもあって、開門前の列は4人しかおらず、5番目に並んだのですが、自分の前の4人が全員「くり山」へ。
予想通り、私の後ろの列も大半「くり山」へ向かい、列はあっという間に20人以上に。
開門前に並んで5番目は想定外でしたが、二巡目以降に並ぶと30〜30人は待つことになったと思うので、後回しにしなくて良かったかも。

というわけで今年も出品作「つけ麺」をゲット。
クリックすると元のサイズで表示します

つけダレは豚骨魚介。
クリックすると元のサイズで表示します
見るからに濃厚そうですが、「六厘舎」「とみ田」等に比べると粘度はそうでもないです。

麺は極太麺。
クリックすると元のサイズで表示します
冷たく締めて、麺の中心までぎゅっとしまった歯ごたえがあります。

頂きます!
クリックすると元のサイズで表示します
豚骨をベースに魚介が効いたあまじょっぱいつけダレが食欲をそります。
どちらかというと魚介が勝っているので、甘さが後を引きますね。
タレの味付けは濃厚ですが、粘度が緩めで絡みが適度なので、麺が主役という感じ。

具は、メンマ、角切りチャーシュー、ネギがつけダレに仕込まれているだけといたってシンプル。
クリックすると元のサイズで表示します
最近バラ肉の脂が少し苦手になったんですよねえ・・・。
歳だな(苦笑)。

ラストはスープ割です。
クリックすると元のサイズで表示します
粘度が低いため、つけダレは残り気味でスープ割も並々に・・・。
魚介のスープ割で、残ったネギの風味とマッチして美味しいですが、流石に多くて残しました(苦笑)。

少し遅れて到着した長女に選んだのは「鯛塩そば灯花」。
クリックすると元のサイズで表示します

出品作は「愛媛宇和島鯛塩そば」。
クリックすると元のサイズで表示します
ブログを読み返すと、昨年もこのラーメンを選んでいますね。

スープは鯛の清湯スープ。
クリックすると元のサイズで表示します
お店の前からも鯛の芳醇な香りが漂ってきましたが、スープを飲むとその10倍、いやそれ以上の香りが鼻腔をくすぐり、鯛好きにはたまらない味わい。

麺は細目のストレート。
クリックすると元のサイズで表示します
芳醇なタイのスープを麺の隙間によく絡めるタイプ。
あー、胃に染みるわ。

バラチャーシューはなくても良いのだけどな。
クリックすると元のサイズで表示します
鯛の切り身とかが乗ればよいのですけど、価格もあるのでしょうね。
具は他にネギ、極太メンマ、お麩と青菜。
麺と具を楽しむためのシンプルさに徹しています。

でも、自分は味見だけなので、あとは長女にと・・・。

続いて、zunkoが並んだ大阪の「中華そば ぬんぽこ」。
クリックすると元のサイズで表示します
多分初出店ですね。

出品作は「肉野菜たっぷり 宇和島ちゃんぽん」。
クリックすると元のサイズで表示します

スープは意外にも魚介メインの清湯。
クリックすると元のサイズで表示します
炒めたちゃんぽん野菜や豚バラ肉の風味が加わって、パンチがある美味しいスープになっています。

麺は歯切れのよい中太ストレート。
クリックすると元のサイズで表示します
もっちりしていますが、ちゃんぽん麺より少し細いかな。

ちゃんぽん野菜はもやしときくらげとかまぼこ。
クリックすると元のサイズで表示します

豚バラ肉はチャーシューではなくて、炒めてスープと合わせたものの様子。
クリックすると元のサイズで表示します
なので、味付けはあっさりで肉質はしっかり。
肉を食べてる感はしっかり味わえます。

スープがあっさりですが、味付けの塩梅も良く、するする行けそうです。
これも残念ながらzunkoが頂くので味見だけですが・・・

その2に続く。

10月は14食目で、2017年通算98食(71すすり18つけ9まぜ)になりました。

そして、2010年からの通算978食、1,000食まで残22食!
0
タグ: ラーメン

2017/10/13

恵の雨だが・・・大丈夫かな大つけ麺博第三陣 その1(中華そばに恋い焦がれて 依々恋々@大つけ麺博)  食:ラーメン(その他地域)
「大つけ麺博」第三陣は、つけ麺3・ラーメン6という出店割合になっています。
ということは、理想的なのはつけ麺1・ラーメン2を三回続けること。

というわけで、既に「らーめんくろく」「MENSHO TOKYO」のラーメン店2店を制覇したので、出陣初日に選んだつけ麺店は「中華そばに恋い焦がれて 依々恋々」。
クリックすると元のサイズで表示します

出品作は「純水鶏つけそば」。
クリックすると元のサイズで表示します
トッピング券で「でかのり」を加えています。

つけダレは鶏清湯の醤油味。
クリックすると元のサイズで表示します

麺は多加水のつやつやなストレート麺。
クリックすると元のサイズで表示します
もっちりしていて、舌触りとのど越しも良いです。

頂きます!
クリックすると元のサイズで表示します
鶏の旨味が活きている一方で、しょうゆ味だけでなく、唐辛子の辛味や、酸味も感じる複雑な味わいのつけダレです。

麺のトッピングにはロースと思しき豚のチャーシュー、
クリックすると元のサイズで表示します

そしてささみと思しきなめらかな肉質の鶏チャーシュー。
クリックすると元のサイズで表示します
三つ葉も乗ってきています。

スープ割も頂きました。
クリックすると元のサイズで表示します
鶏スープで割っているようですが、スープの粘度が全くないので減りがほとんどなく、並々なスープ割になってしまいました。
鶏の旨味に残ったネギと一味が効いて美味しいですが、流石に多いので残してしまいましたが・・・。

清湯系のつけ麺は今回初めてでしたね。
いつも思うのが、だったら"ラーメンでいいじゃん"なんですけど・・・。

それにしても、第三陣の間の天気予報を見たら、昨日の夕方から雨で、火曜日まで雨。
水曜がかろうじて曇り。
ちょっと第三陣のお店の方々は外れくじを引いたかも知れないですね。
売り上げ的には大丈夫なんでしょうか?

そもそも自分自身が、これまで7回の出陣で3度目の雨という、かつてない引きに驚きますけど。
雨だと空いてて楽に回れますからね。

10月は13食目で、2017年通算97食(71すすり17つけ9まぜ)になりました。

そして、2010年からの通算977食、1,000食まで残23食!
0

2017/10/13

恵の雨だが・・・大丈夫かな大つけ麺博第三陣 その2(MENSHO TOKYO@大つけ麺博)    食:ラーメン(その他地域)
「大つけ麺博第三陣」、続いて向かったのは「MENSHO TOKYO」。
クリックすると元のサイズで表示します
今回期待していたお店の一つです。

というのも、昨年7月に後楽園のお店に行って、「ラム豚骨らーめん」に驚き、ぜひまた行きたいと思っていたからに他なりません。

お店の前では炙っているラム肉の香りがたまらない・・・。
そして出品作の「ラム中華そば」をゲット。
クリックすると元のサイズで表示します
おぉ、ラム肉の香り・・・

スープはラム骨とラム肉で取った醤油ベース。
クリックすると元のサイズで表示します
油膜もラムから出た脂なんですかね。
スープそのものからも独特の風味と甘さが出て、何とも言えない味わいです。

麺は多加水らしき舌触りの良いストレート麺。
クリックすると元のサイズで表示します

穂先メンマも良いですねえ。
クリックすると元のサイズで表示します
でも、個人的にはジンギスカンで相性が検証済みの玉ねぎが浮いているのが良いです。

そして、炙りラム肉がまたたまらない。
クリックすると元のサイズで表示します
当然このラーメンの中での存在感はもちろん、スープとの相性も良いです。

麺が少ないのが非常に残念ですが、生玉ねぎのみじん切りが浮いたスープがまた後を引くんですよね。

お店で食べた「ラム豚骨らーめん」とは全く別物で、さらに今作も中華そば風でありながら全く違う味わいでなかなか良い創作ラーメンでした。

ちなみに、有料トッピングのパクチーも魅力だったのですけれど、流石に風味が大きく変わっちゃうので今回は我慢しました。

10月は13食目で、2017年通算96食(71すすり16つけ9まぜ)になりました。

そして、2010年からの通算976食、1,000食まで残24食!
0
タグ: ラーメン

2017/10/13

恵の雨だが・・・大丈夫かな大つけ麺博第三陣 その1(らーめんくろく@大つけ麺博)  
昨日は仕事の都合で「大つけ麺博」第三陣の開幕日に馳せ参じることができず。
残念な結果に終わりました。

で、ネタもなくて「原酒 兼八」でやけ酒と(苦笑)。

今日は19時にちょっと予定が入っていましたが、18時について、30分で三杯食べれば・・・

行けるね!!

今日は昨日夜から降った雨が続いていましたが、ほぼ傘なしでも大丈夫そうな状況。
想定どおり18時過ぎに会場について、まずは仙台から参戦の「らーめんくろく」へ。
クリックすると元のサイズで表示します

出品作は「仙台極旨濃厚味噌そば」。
クリックすると元のサイズで表示します
「味噌そば」ってネーミングは初めてですね。

そのスープは仙台味噌に油膜を張った濃厚タイプ。
クリックすると元のサイズで表示します
ベースもしっかりしながら、仙台味噌独特な甘みがあるスープです。
これは、札幌の味噌ラーメンはもちろん、これまであまりお目にかかっていないタイプ。

麺は細目の平打ち麺。
クリックすると元のサイズで表示します
端切れが良い麺で、このスープとの相性も良いですね。

具は青ネギに一味がかかったもやし。
クリックすると元のサイズで表示します
濃厚な中にしゃっきり感とさっぱり感があってよい組み合わせ。
これは札幌風で立証済みですけどね。
一味がスープに加わることでピリッと引き締まるダブルテイスト的な役割もあります。

チャーシューは薄切りで柔らかなバラチャーシュー。
クリックすると元のサイズで表示します

という感じで、具はシンプルながらスープと麺の組み合わせがなかなかお目にかかれないタイプの味噌ラーメンでなかなか良かったです。

唯一同タイプで思い浮かぶのは大門の「東京らあめんタワー」の「江戸甘味噌らあめん」でしょうか。
その時も、これまでにお目にかかったことのないタイプの味噌ラーメンとして感銘を受けましたが、ルックスや具は多少違うものの、スープ・油膜・麺に共通点が多いんですよね。

いずれにせよそうそうない組み合わせなので、また「東京らあめんタワー」に行きたくなってきたな・・・。

10月は12食目で、2017年通算95食(70すすり16つけ9まぜ)になりました。

そして、2010年からの通算975食、1,000食まで残25食!
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ