いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2017/8/13

映画「永遠の0」  映画・演劇

レンタル店のサービスデーで、「永遠の0」の映画版を借りてきました。
ずっと前に本は読んでいたのですが、
その後の作者の発言に違和感を覚え、映画は見ていませんでした。
TV版もあったのですね。

青い空を機敏に飛び回る零戦。
亡き弟は、パイロットに憧れていました。

あの時代に、死ぬことではなく、生きることを求めた宮部久蔵。
26歳になった孫息子は、フリーラーターの姉と共にその祖父の足跡を辿る。

宮部は臆病者だった、というかつての戦友たち。
しかしパイロットとしての腕は凄かった。
なぜ命を惜しむのかと反発する同僚や部下。

「私一人が死んでも、戦局に変わりはありません。
しかし妻と娘にとっては、違います」と語る宮部。

教官として教え子の命を守りたいと願う宮部。

その宮部が最後に特攻として命を捨てる。

唯一の慰めは、
妻に約束した「必ず帰ってくる。」という言葉は
確かに守られたこと。

**
航空機が空を飛ぶのを見るのが好きです。
天により近くいられるような気がして、飛行機に乗るのも好きです。

映画の戦闘シーンでは、人は本当には死んでいいない。
しかし記録映像では、その爆撃のしたに、多くの死者がいる。

機銃操作をする戦闘機に付けられたカメラが、逃げ惑う子どもたちを写す。
これは映画ではない。

人と人の争い。
国と国の争い。

武力では、なにも解決されない。
戦争を体験した人たちの証言に、
しっかりと耳を傾けたい。

3月10日東京大空襲。
主要都市や軍事工場に絨毯爆撃。

8月6日広島、9日長崎、15日敗戦。

核兵器禁止条約
その会議に参加すらできない被爆国日本の哀しさ。。。

世界の終わりを予告する映画がたくさん作られている。
第三次世界大戦が始まらないことを、切に願います。
0



2017/8/14  22:33

投稿者:モネ

まことに同感です。
ただ『海賊と呼ばれた男』も読んだのですが、
小説家としては、高い技量をもっていると、つくづく思います。
思わず、年会費無料の「出光カード」を作ってしまいました。

2017/8/14  17:56

投稿者:kazu

「永遠の0」は、原作も映画も悪くはなかったけれど、モネさんと同じで原作者の言動にがっかりして、その後この作者のものは読んでいません。こんな感動的な物語を書く人は、思想はともかく、品位は備えていてほしいものです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ