私のカウンセリングルーム(ACの回復、強迫性障害、親子関係、家庭問題、人間関係の相談にのっています) このプログでは毒母に育てられ、強迫性障害、アダルトチルドレンに苦しんだ体験、毒母は、一生毒母と言う現在の日々、そして(強迫性障害、アダルトチルドレン)克服のヒントを綴っています。

 

親子関係は修復可能 なかった事にしなければ  毒親に対する思い

親が毒親だったなど何らかの事情で、子供が距離を取っている親子関係。

子供は

  親を恨んでいる
  親に腹を立てている
  親を責めている
   親を一生許さないと思っている

子供からの、鋭い言葉、 冷たい態度に、 親子関係を修復するのは、きっと無理だろうと 

そう思っている親の方は、多いのかもしれません。
これは、ある意味あっているのかもしれないけれど、全然違うよ。と私は言いたいです。

まず言いたい事、それは、親子関係はいつになっても、修復可能であるという事です。(もちろんそうでない方もいらっしゃるとは思います)

子供は、
確かに恨んでるのかもしれない
一生許さないそう言いたくなるくらい傷ついているのかもしれないです。

(確かに)子供からの親への態度や言動は、鋭い言葉だったり、無視だったり、冷たい態度だったりするわけです。

でも、子供が一生懸命人生をかけて発してきているものに よく耳を傾けて欲しいです。

心を傾けてみて欲しいです。 そして表面的な態度の裏にある子供の気持ちを思いやってあげて欲しいです。

子供が求めている事、

それは、

心から認めてもらう事
分かってもらう事 愛してもらう事
温かい心をもらう事。
子供が生きてきた世界(子供からみた世界を)心から感じ取り思いやって欲しいという事。(どんな思いをして生きてきたか、分かって欲しいと言う事)

そして何より、これは声を大にして言いたいです。

子供が生きてきた世界を(耐えてき世界を)

「なかった事にしないであげて」 欲しいのです。

¨そんな過去の話をいつまでも¨なんかじゃないんです。

あれだけの暮らし、あれ程の思いを  ¨なかった事にしてしまうのか¨

そんな悲しい話はないんです。 凍り付いた家庭で育った人は、そこで心が留まってしまっているのです。

また親子として歩みだしていくには まずはそれなくしてはない、と思うのです。


☆現在はカウンセラーとして、さまざまな相談にのっています。
 
ななみのカウンセリングルーム(クリック!!)

ここで綴っていく内容は、すでに下記の↓ブログ


アダルトチルドレンからの回復ブログ

強迫性障害克服体験記ブログ

兄の家庭内暴力、母からの支配、虐待等の私の人生記録ブログ

にも書いていますので、合わせて読んでみてくださいね。

ブログランキングに参加しています。ポチっと協力していただけたら大変ありがたいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ