左のメニューに、私に関連するページやお勧めページへの「リンク集」、このブログを分類して見る事の出来る「記事カテゴリ」があります。 ・記事の一番右下に、投稿順に表示を切り替えることが出来るボタンがあります。 ・拍手頂いた後のコメントは私しか読めません。が、残念ながら返信ができません。各日のブログ最後のコメント欄からの投稿は誰でも読め、返信もできます。

2014/10/2  10:40

悲しいけれど  日記

 すごくすごく久しぶりに、自分自身がこのページを開きました。
なのに・・。
毎日少しずつ覗いてくださる方がいらっしゃる。
すみません。
毎回謝っていますが、ほんとにありがとうございます。

 この前の投稿は、去年の12/8か・・。
まだ、何にも知らない時だったんだ・・と振り返りました。

 お父さんが亡くなってしまうなんて、ほんとに、何にも知らず、気づかず・・咳が止まらんのやから病院行きなよ!!って怒ってた頃です。

 今思えば、12/8・・。この頃にはステージは3..4くらいに上がりつつある頃なんでしょうかね。
この頃なら、脳転移もなく、抗がん剤を拒否しても、免疫治療やその他いろんな治療方法があったんでしょうかね。
時はむごいです。

 振り返っても振り返っても、泣いてもわめいても、お父さんは帰って来ず、お昼になっても夜になっても、「飯できたぞ」と呼んでくれません。
私の名前どころか、「あ」とか「お」とかいう声すらも聞こえない。
お父さん宛の、引き落とせませんでした・・っていう郵便物が次々と送られてきて、ひとつずつ口座や名義を変え、淡々と日々を送る。

 会いたい・・ていう言葉を浮かべたとたんに気持ちが止まらなくなるので、最近は、思わないようにしています。
ほら・・やっぱりしんどい。

 遠距離恋愛の気分で、いつか迎えに来てくれるから、今は夢で逢えれば十分幸せで、お父さんの気持ちはいつも私のことを心配して、あたしの中やあたしの周りにいてくれていると思っています。

 一か月の入院の間、脳転移のせいでイマイチ会話が成り立たないこともあったけど、眠っていない私を心配したり、眠ってしまう私に不服そうだったり、病室をちょっと離れただけで「おらん時がある!」って怒ってみたり、心電図のシールをはがしてはいけないと言うと、怒ったり納得したり、出ない声で「おかあさん・・」て呼ぶ声が愛しかった。

 でも、咳が苦しくて横になって寝れず、座ったお尻に床ずれができ、眠れない日々が何日も続き、痰を出すのが下手っぴで出せずに苦しく、呼吸困難な発作が何度も起き・・・そう、だから私は、お父さんが生き続けることを諦めた。かわいそうでかわいそうで。

 なのに・・人の記憶は薄れていき、元気だったお父さんの記憶が大きくなって、しんどかったお父さんの記憶は少しずつ消え、逝ってしまった悲しみばかりが私を覆う。

 今、35日の忌明けを終え、六七日の法要を終え、あと一週間で四十九日。
玄関に貼った「忌中」の貼り紙をはがしたくない。
毎日のろうそくや線香も、出来れば続けていたい。
四十九日までの賑やかな灯篭や祭壇もそのままにしておきたい。

 お父さんが過去になってほしくない。葬儀の一連の中にいれば、お父さんの歩みの中に一緒にいる気がするから・・そんな気がする。

 泣いてばかりは辛いししんどいし、出来るだけ人の中に行って明るく居たい。
でも、お父さんのお骨のそばに居たい。
いろんな気持ちが交錯して、行ったり来たり上がったり下がったりしていて、笑ったかと思ったら泣いている。

 いろんな事故や災害や・・そう、御嶽山の噴火や、いろんなことでいろんな人な亡くなり、その家族が泣いている。
うちが特別なわけじゃなく、うちは病気になって・・。

 みんな辛い。みんな頑張ってる。あたしも頑張れる。
頑張れる。

 今の私の気持ち。
2

2013/12/8  12:51

お試し・・^^  日記

クリックすると元のサイズで表示します

スマホにCARKCHOアプリインストール
アプリ開く

↓QRコード読み取り
クリックすると元のサイズで表示します

上のマロンの写真にスマホをかざすと・・。
2

2013/9/25  10:41

台風の爪跡  日記

 facebookでの発信は次々してますが、こちらでの発信は途絶えたままですみません。
改めて、9/15〜16にかけて町内に被害をもたらした台風の後のいきさつについてはご報告しますが、たくさんのご支援ご協力を頂き、災害ボランティアセンターを立ち上げ、運営協力をすることが出来ました。

 地元の方々は、走って周る私にお礼を言ってくださいますが、私はボランティアさんを斡旋しているだけで、現実には、全国から駆け付けてくださった方々が汗と泥にまみれながら作業をしてくださったことで進んできたものです。

 こういったことを広報していくのが今の私の務めだとも思っておりますので、これから、広報わかさ11月号の作成や、台風に関する報告書を作る作業に入りたいと思います。

 まだまだ復旧作業が終わったわけではありませんので、これから出てくる作業ニーズにどう対応して行くかも考えねばなりませんが、まずは一旦通常業務を片付け、仕切り直してスタートしたいと思います。

 さあて、また目の前にたくさんの仕事が見えてきました。
今年はどうもそういう年のようです。
頑張るよおおおお〜!!
13

2013/8/31  15:08

すっかりご無沙汰です。  日記

 すっかりご無沙汰をしておりますのに、ちゃんと数名の方が毎日ご覧くださっていて、感謝の言葉もありません。
ありがとうございます。

 7月初旬に町が公募した「広報わかさ」の取材編集を民間委託する事業の委託先として、わかさReco.として委託先に選定頂き、8月頭から、少しずつ取材や編集を引き継いでおります。
8/23に発行された9月号については、表紙・巻頭特集・巻末をやらせて頂き、8月は、9/20発行予定の10月号に向けた取材に走り回っておりました。
11月号(10/23発行予定)からは、NPOわかさReco.が本来目指した「住民リポーター」さんに取材活動して頂いた記事が掲載できるよう、準備を進めているところです。

 議員をやらせて頂いた8年間、住民にとって、いかに行政のこと、地域のこと、町のことを知る機会がないかということを実感し、行政住民企業・・議会も・・がそれぞれに頑張っていることを互いに知らなさすぎるということに疑問を抱き、それを解決するために何をすれば良いのかを考えてきました。
町の宝も人材もある。素晴らしい環境もある。
あとは、立場を越えて、みんなで町を盛り上げるだけ。

 その解決方法の一つとして思いついたのが、町の良さをみんなで町内外にアピールしようというものでした。

百聞は一見にしかず。
住民が町を歩き、行政のやっていることにも興味を持ち、発信する。
行政も住民との接点を増やすことが出来る。

 コミュニティFM局の立ち上げも模索しましたが、今のところ具体的な運営方法が探し出せず、一時は諦めざるを得ないのかと思いましたが、町の広報を民間に委託するという判断に乗らせて頂き、電波に代えて、活字と写真で町をアピールしていこうという形に至りました。

もともとの目的通り、住民が町を歩いて取材し、発信する。
時間はかかるかもしれませんが、少しずつお互いの立場や事業の理解が進むのではないか。
みんなで力を合わせるための地盤づくりに繋がってほしい。
合併後の旧両町の、拭いきれない溝、情報の行き来を作り出したい。
そんなことを「広報わかさ」を通じて行っていけたらと思っています。

 活字離れが進む昨今。
以前、女性の会の集まりで、「広報わかさ」を読んでますかと問いかけた時の手の上がりの少なかったこと・・。
発信しっぱなしでは目的は達成されないとも思っていますので、読んでもらえる工夫も続けて行きたいと思っています。

 これをご覧いただいた町内の方で、「住民リポーター」をやってみようと思ってくださる方、ご紹介くださる方がいらっしゃいましたら、是非ご連絡ください。
町のこと・・、本当に知らないことばかりですよ。
きっと新しい発見があると思います。

 また、こんな催しや会議があるよ!という方も是非お知らせください。
まずは取材に伺い、行政側との打ち合わせの上で、広報に掲載するか、facebookページ「わかさのススメ」でPRさせて頂くかをさせて頂きたいと思います。

 他にもシリーズで、ご自分が凝っていること、誰かに教えたいおススメなども掲載していきますので、こちらも情報をお待ちしています。

みんなでつくる「広報わかさ」是非是非よろしくお願いします。

わかさReco.情報窓口まで
TEL 050−3701−8341


facebookページ「わかさのススメ」もご覧ください。
https://www.facebook.com/pages/%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%81%95%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%83%A1/184153035078856
5

2013/7/19  12:33

日々…  日記

毎日美穂ちゃんのブログ見とるのに、なあんも更新されてないなあって噂しとったんや。

あらら…。ごめんなさい。
日常が落ち着かず、いらいらいらいら。
facebookでぶつぶつとぶちまけて、こちらのブログに書き込まずにいました。

先が見えそうで見えない毎日と、今までの仕事の継続で大忙し、おおわらわ、大泣き。

でも、自分なりに足元を確認しながら、反省しながら歩いています。
失敗したり後悔したりもしてますが、歩かないと先に進めない。
頑張るの頑張るの頑張るの…です。


3

2013/4/30  21:38

おとーさん  日記

facebookの町議会ページに投稿して、それで議員としての投稿は終わろうと思っていたのですが、なんかそれも、このブログを長く見てくださってた方々に申し訳ない気がして、やっぱりこちらに書き込みます。

さっき、いつものようにお父さんが作ってくれた夕食を前に、8年の議員生活の終わりに親子3人で乾杯。
そして改めてお父さんに・・。
ありがとうございました・・って、あたしには珍しく居住まいを正して感謝の意を伝えました。

本当は、お父さんに頭を下げさせたくなかった。選挙とはいえ、お父さんにだけは頭を下げさせたくなかった。そこだけは守りたかったけれど・・ううん・・。
それ以上に、周りの赤の他人の人たちが、一生懸命走って・・頭を下げてくれるから・・。
「お父さんごめん。選挙期間の後ろ3日間。一緒に車に乗って。」
そう言ったのが、まるで昨日のようです。

8年間。
私より23年・・24年早く生まれたお父さんは、私よりもっと早くから、ちゃんと自分なりの人生を歩いてきたはずで、それは、世間知らずと言われる教師という職業でさえ、それなりの苦汁を舐めて生きてきたはずで。
なのに、全く違う苦しみと、全く違う立場を味わった8年だったろうと、心から感謝しています。

だからと言って、これから先の私の歩みが、お父さんを思いやるだけの余裕があるかと言うと・・怪しいもので・・ごめんなさい。
きっと、明日朝目が覚めると・・なああんも変わらん!お父さんにおんぶに抱っこの朝が訪れているのだろうと、ガラス引き戸の向こうでいびきをかいているお父さんを見ながら、頭を下げる私でござる。
ほんまに・・ごめんなさい。

さあて。
明日からの私は、本当に何をするんだろう。
口約束は、どこまで形になるんだろう。
裏切りも当て外れも、きっと、何だってあって普通なのかもしれない。

あたしの勝手な思い込みと望みと・・。

思い通りに行かなくて普通だと自分に言い聞かせ・・でも!
この思いが形にならなかったら、何のための8年・・45年だったかと情けなくも思い。

おおおおお!!!!!
45にして惑い!!
それもよきかな・・。
11

2013/4/11  22:12

武雄に行って来ました!!  日記

 facebookの方に、報告を待ってる!コメントがいっぱいなので、ちょっと長くなりますが、私が行ってきた視察の報告をしたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

 佐賀県武雄市ってご存知ですか?
映画がばいばあちゃんのロケ地と言っても・・分からないですよね。私も行ってみて・・やっぱり分かりづらい・・。
関係の方には申し訳ないけれど、本州真ん中あたりに住む私たちにとっては、ぱっと場所を言うのは難しい台風と・・思います。

九州の左上。
長崎県がビヨンと東シナ海の方に垂れ下がっているのを思い出してください。
そのビヨンと張り出した半島のような部分の付け根の真ん中。
人口5万人ちょい。海のない、山と谷と小さな平野が順々にあって、その山のふもとには陶芸の窯が点在する、そんな感じかな。
福井県でいうと、大きな山のない勝山市の雰囲気かなあ〜なんて思いました。

 そんな街の市長が今、とっても有名なんです。
町のホームページをfacebookに移行した。facebookで通販を始めた。市の図書館を蔦谷書店(TSUTAYA)の指定管理にした・・などなど。

 市長のtwitterは、市長がやることなすこと批判したい人達と市長が、怖いくらいに罵り合って炎上しちゃうんじゃないかって勢い。
見るのも辛くて、でも、地方の現状を打破しようとするその行動についつい見入ってしまって、おまけに、私が若い頃働いていて、今はうちの町と姉妹都市でもある高槻市に総務省から出向していたというような経歴も気になって、ここ数年の行動をときどき覗いて目いました。
そして、いつか武雄市を訪ねようとずっと機会をうかがっていたのですが、やっと実現することが出来ました。それも、今話題の図書館が開館して10日を過ぎた今日。

 残念ながら、市長にお会いすることはなかったのですが、私にとっては、あの素敵な市役所職員さん達に会え、説明を聞き、あの図書館2階の通路のカウンターに座って全体を眺められたことでもいっぱいいっぱい。次、歩く道をしっかりさせて市長と向かい合ってみたいと思いました。


 今日まで、あの胃の痛くなるような罵り合いをする市長は、私にとっては全く別物の怪物ドクロで、地方の政治家という共通点は多少あっても、学べることはかぶりついても学びたいけれど、別世界の人だと、ずっと思っていました。
なので今回も、学べるところだけ学ばせてもらおーって、そんな自分だったと思います。

 私たちの担当をしてくださった女性はこの4月の異動で視察担当のフェイスブック・シティ課に変わられ、2年間、ソフトバンクとの人事交流で出向されていたと言われる聡明で親切な、かわいい方でした。

 大手企業と人事交流・・。私が8年前に自分で掲げていたくせに出来なかった、やらなかった仕事。
あ〜あ。あたし、やっちゃったなあ〜って。しまったなあ〜って。
彼女を見ていて一発目のガツン

 FB良品という通販についての説明では、「パクルなら徹底的に」という市長の指示によって話題になった名前の経緯。そのページに人を誘導するための努力。
私はすっかり笑いのツボで、^▽^可笑しくって可笑しくって仕方がない。
1分間のお米の紹介動画を見て、お腹が痛くなるくらい笑ってしまいました。視察研修なのに・・。
あたし、市長の感覚好きかも。この市役所の職員さんたち、おもしろい^▽^

「町の人に豊かさを感じられる場を」
市長がそんな思いのもとに図書館を作ったとの説明。ふ〜んって思っていた。
市長という立場、議員という立場なら思う言葉で、特に気に留めたつもりのない言葉。
なのに、いざ図書館へ移動し説明を受け、質問を繰り返し、あの、二階の通路のカウンターの真ん中に腰を下ろして全体を見渡したら。
なんでかなあ〜、涙が出るんだよお。
何泣いてんのか分からなくて、自問自答。

悔しい。
こんなこと、何で思いつかないんだろう。
この幸せ感いっぱいの空間は何なんだ?
セレブ感?じゃない。ゆったりとした・・そう、豊かな空間なんだ。

一日ゆったりと、自分の好きな雑誌や本や資料に囲まれて、BGMの流れる高い天井の下、コーヒーを手にして、色あせた図書館の本の背表紙が並ぶだけじゃなく、ピカピカの新しい本も眺めながら、たっくさんの本に目をやれるこの空間。
こういうの、豊かさっていうんだ。

「町の人に豊かな・・」
市長。普通に、心優しい小さな地方自治体の首長さんなんだ。
あ〜、市長の思っていることを形にしたんだ。出来たんだ。
なんか、嬉しいじゃない、あたし。他人のことなのに。
なんで?なんであたしは出来ないのか。
この空間にいること自体が幸せで、それで泣いてるのかもしれないし、悔しさで泣いてるのかもしれない。
町を愛する普通の市長の姿が、初めて見えた気がしたからかもしれない。

泣いてる自分がなんか恥ずかしく*^_^*って、横に居てくれた担当の女性と図書館担当の男性に言い訳してました。


「パクルなら徹底的にパクレ」
「スピードは最大の付加価値」
そんな言葉を聞いたせいか一緒に行ったメンバーは、夕べの飲み会にも増して前向きで、さてどうするか。うちなら何が出来るか・・って、それぞれ意見を口に出していました。

 負けてられない。
うちの町にはこんなに素敵な人たちがいるじゃない。
出来ないことを並べてがんじがらめになって一歩も足を出せないより、足跡一歩出して転んだら、次は違う足から歩き出せばいいじゃない。

 議員になって知ったいろんなシステム。
そのことに自分から紛れ込んで、自分で自分を束縛していた。
あたし、やんちゃなまんまでいいよね。
突っ走ってもいいよね。
それがあたしだよね。
よし!!

 9日のブログの、表に出ない拍手コメントにもたくさんのコメントを頂きました。
人をわくわくさせてナンボみたいですね、あたし。
なんか、これからがまた楽しくなって来ました。
わくわく♪
10

2013/4/9  12:26

選挙ですが・・  日記

さて、今日は若狭町議会議員選挙の告示日です。
私がこうしてブログをアップしたり、facebookに書き込んだりしてるということは・・出馬しないということです´_`

任期は4月末日までありますが・・
8年間とてもとてもお世話になりましたm(__)m。

何故?嫌になったの?代わりの女性は?何かやりたいことがあるの?
などなど、たくさんご質問を頂き、また、まだまだ二期で終わるのは早すぎるとお叱りも頂戴しています。

理由はひとつではありません。
議員という仕事は好きだし、やればやっただけの成果は少しずつでも形になるし(人に見えなくても)、町のために働いているという自負もあり、向上心と前向きさとが取り柄の私にとっては、ある意味向いていたのではないかと思います。

でも、ここに書き出すにはちょっと無理なくらい、自分で、真剣に、真面目に、ここ半年間ずうっと考えてきました。
なので、私に期待をしてくださっていた方がもしもこのブログを読んで下さってたら(期待していない人は読んで下さってないね^^;)、私のこれからを信じて許して下さい。

選挙は怖くて、議席が二つ減って、3回目は浮動票は期待できず、これは危ないと思ったのも事実。
でも、それにも増して、今の町の現状とその打開策、そしてこれからのまちづくりを考えたからこその決断と信じて頂きたい。

8年間、議員としてやれることはやったはず。
やれなかったこと、やっても何も変えられなかったこともあった。それは8年で出来なかったから12年で出来るものでもない。
まだ改良途中のものもありますが、議員は自分でやるのではなくやらせるのが主な立場なので、時折チェックをするのが仕事ではある。

反面で、議員になる前には平気で出来たことが、議員となったら出来なくなったこともある。

そんなあれこれをいっぱい並べて考えて、一旦議員という立場から退かせてもらい、この8年間で出来なかったことをやりたい。
45歳という今、町民という立場でやらなきゃいけないこともあるんじゃないか。

他にもいっぱい考えましたが、ここではこれ以上書き並べるのもなんだか・・なので、ここで終わらせて頂きます。

・・ ・・

ものごころついた時から、自分が住む町のことをずっと考えていた気がするんです。
高校卒業して大阪府に就職したときは、大きすぎる町を前に、自分のちっぽけな知識と若い生意気さが重なって呆然として逃げました。
でも、きっとその怯えも、自分の周りを良くしたいというまたまた大きすぎる志を持っていたからなのだと今は思えます。

「まちづくり」という言葉を初めて口にしたのは中学生か高校生。
きっとその頃から、町を良くしたいと思い続けてきたんだろうな〜と思うのです。
ううん、そのもっと前、生まれた町の地図を広げて、ココに道があったらトンネルがあったら、ココに遊園地があったら・・そんな夢を描いていた幼い日から、そんな方向に気持ちが向いていたのかもしれません。
職名が変わっても、職種が変わっても、願うのは町のこと。

これからも、どんな形であれ、この若狭町のことを良くしたいと動き続けると思います。
もしかしたら、議員をやってる時よりも無茶をするかもしれません。
なので、呆れず懲りず、私を見ていてやってください。
甘えたり怒ったり酔っぱらったり泣いたり笑ったり、やたらと忙しい私ですが、
これからも、どうぞよろしくお願いしますm(__)m。

議員としての8年間、ありがとうございました。
これからのン十年、よろしくお願いします。
19

2013/4/8  21:52

選挙です  日記

知らない間に、ツイッターとの連携機能が取りやめになったそうです。このブログ。
ここに転送されていると思い込んで、この10日間を過ごしていました。
https://twitter.com/mieyafujita

何ということ!!
んーー、困った。
今まではこうして投稿したものも、自動的にtwitterに飛んでたんですが。
ちょっと対策考えます。

明日から、若狭町議会議員、町長選です。
今のところの情報では無投票の模様。
やっとの無投票。
選挙にしないためにやっとなんじゃないですよ。
定員にまで立候補者を集めるのにやっとなんですよ。

って言うと、町の人からは「恥やから言うな。」って言われるけれど、何故そうなのかそうなるのか、もっとみんなに分かってもらわなきゃ駄目だと思うので、私は言います。

もう、今の議員報酬ではシステムでは、立候補する人は限られています。
次回の選挙までに、ほんとにちゃんと対策を考えないと、定数削減だけで何かが進むなんて大間違い!

「一生懸命町議をやる」ってことの意味を、町民も議員も・・いや、たぶん全国の地方の自治体の人が考えないと、地方議会はなくなるよ。
なくなっても困らないって思う人もいるから、だから駄目なんだ。
自分が家族が友人が知人が、ここに生まれ、生き、生活をし、育ち、老いて、死んでいくことを、何で支えていくのか。

本当にちゃんと考えないと・・。
6

2013/3/30  7:00

3月29日 のつぶやき(ツイッターから)  日記

mieyafujita http://twitter.com/mieyafujita
3月29日 つぶやきまとめ


18:55
おもしろそう♪ http://t.co/jdg1bgZATP
2013/03/29 Fri 18:55 From Facebook

18:52
http://t.co/h9MxXAjxJ8
2013/03/29 Fri 18:52 From Facebook

18:50
あたしももちろん歩く!か、拉致特定失踪者の署名活動か。
現場にいます??!!
みなさま一緒に参加しませう♪ http://t.co/smoUMEqQkA
2013/03/29 Fri 18:50 From Facebook

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ