2016/3/18

作業療法士の資格試験は  

福祉・介護系の仕事の一つに、作業療法士という仕事がありますがご存知でしょうか?福祉・介護系の作業療法士の仕事はどのような仕事なのかというと、理学療法士と少し似ているかもしれませんが、身体に障害がある人や体が不自由な人を対象にして、医師の指示を受けて、機能を改善させるための治療を行うのが作業療法士の仕事です。同じ福祉・介護系の仕事に、理学療法士がありますが、理学療法士と違っているところは、基本的な動作や運動を回復させるというのではなくて、もっと応用した動作や社会生活を過ごす上での能力などの回復をサポートするのが仕事です。福祉・介護系の作業療法士の資格は国家資格で厚生労働省が管轄しています。福祉・介護系の作業療法士の資格を取得する場合には、作業療法士養成施設で勉強をして知識や技能を身に付けた人が受験することができます。

福祉・介護系の作業療法士の資格試験は、毎年1回3月の上旬に全国の8都道府県で行われています。合格率は95パーセントということですから比較的簡単に合格することができる資格のようですね。資格取得後は、福祉・介護系の施設で働くことができますからリハビリテーションセンターや保健センター、介護福祉施設などへ就職します。

大阪府の看護師求人募集 転職・就職情報
0

2015/3/14

秘湯 ランプの宿の中にある青荷温泉  

青荷温泉は青森県黒石市にある温泉で、
ランプの宿の中にある青荷温泉では
秘湯としても知られています。

秘境の地と言われている
青荷渓谷沿いには、
本館と3つのはなれがあるランプの宿です。

4つのお風呂がありますが、
秘境といわれるだけあって、
温泉街などはもちろんありません。

温泉にゆっくりつかって、
自然を楽しむ旅館なのです。

4つのお湯の中では
もっとも有名なのが龍神の湯です。

ここでは、窓を開ければ、
目の前に竜ヶ滝が見えて、
とても情緒がある雰囲気となっています。

浴室は混浴なのですが、
女性でも入りやすいように
工夫がされています。

露天風呂では、完全に混浴ですから、
女性はちょっと入りにくいかもしれません。

そのため女性専用の時間があり、
その時間を利用することができます。

健六の湯は最近できた温泉で、
建物自体はとても綺麗で、
他のお湯に比べると明るいのが特徴です。

女湯には露天風呂がついていて、
最後の一つは内湯です。

ランプの宿と言われるだけあって、
電気が通っていないのが特徴です。

ランプの明かりで過ごすという風情が、
むしろ温泉旅行客を惹き付けている理由です。

夜になれば温泉もランプの灯りの中で
入るということになります。
この独特な雰囲気が評判で人気なのです。

冬になれば、雪見露天風呂が楽しめます。
電気の代わりにランプの灯りや、
かまくらの中にろうそくを灯したものが使われ、

その灯りの中で見る雪景色は、
とても幻想的な景色です。

冬には、ランプの宿で入る温泉は、
他の宿では味わえないものです。

神戸 ビジネスホテル
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ