旧タイトル時(13番まどぐち)の鉄道・バス・船舶に関する切符・グッズ関連記事のほとんどを13番まどぐちに移動しましたので、そちらを御覧下さい。今まで当ブログにリンクしていただいたブロガー様はお手数ですが『13番まどぐち』(ライブドアブログ版)への変更をお願い申し上げます。ブログのタイトルを再度変更しました。
姉妹ブログの御紹介  とりあえず

【姉妹ブログ:13番まどぐち←クリック

※姉妹ブログは完全趣味系の内容となっております。
《載せているモノ》
 通常発売されている切符、記念切符、記念のプリペイドカード、
 駅弁、グッズなど。
《載せているモノのジャンル》
 一般の鉄道、博物館などの保存鉄道、索道(ロープウェイやスキー場を含むリフト)、
 路線バス、フェリー、高速道・有料道、道の駅
3

【日本料理(伊勢志摩)】鯛・鯛茶漬け&的矢かき  たべもの

年末に伊勢方面を旅行しました。飲食店については事前にチェックせず出かけましたが、近鉄志摩線鵜方駅構内にある観光案内所で『志摩周辺の魚介類が食べられる店』について尋ねたところ、同駅から歩いて3分のところにある『鯛』という店に行けば何でもあると聞き、行ってみましたが、案内所のお勧め通り食べたいものが何でも揃っている感じです。

【鯛茶漬け】
同店の名物メニューのようです。鯛は胡麻味噌味。
クリックすると元のサイズで表示します

【生牡蠣(佐藤)】
牡蠣は生と焼きの2種類。また、牡蠣の種類も『鳥羽』と『佐藤(※)』の2種類ありました。迷わず佐藤を生と焼きの両方いただきました。美味。

※的矢かきを養殖している佐藤養殖場のこと。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: ご当地 B級

【ラーメン(上野松坂屋物産展)】蓮海・ラベンダーポーク味噌チャーシュー麺  たべもの

たまたま乗り換えで上野御徒町を通った際に発見。札幌のラーメン店・蓮海が上野松坂屋の物産展に出展しており、一番ボリュームのありそうな『ラベンダーポーク味噌チャーシュー麺』を選ぶ。大きいチャーシュー4枚+細かく刻んだチャーシューなど具だくさん。元々濃いめのスープですが、辛味噌で更に濃さが調整できました。
(平成25年12月24日訪問)
クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: ご当地

【のみもの】東京スカイツリー開業記念アサヒスーパードライ  のみもの

うらブログの方はかなり久しぶりの更新となります。

さて、平成24年5月22日に東京スカイツリーが開業しましたが、それに合わせてアサヒビールでは東京スカイツリー開業記念デザインのスーパードライ(350ml×2本・外装箱入りセット)を発売しています。私は東武鉄道浅草駅売店で見つけました(ここでは480円で販売)。沖縄を除く全国で発売されているようです。

写真2点は外装箱の表と裏です。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

缶です。冷えるとスカイツリーの部分がピンク色に変わる仕様となっています。
クリックすると元のサイズで表示します
0

【ドラマ】金曜ドラマSPECにハマっています  ドラマ

 最近では1話も欠かさず見ているテレビドラマがほとんどありませんでしたが、久しぶりにハマっているのが金曜ドラマ『SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』(金曜22時・TBS)です。
 放送開始前の仮タイトルが『ケイゾク2(仮)』(※放送開始直前には『ケイゾク2(仮)(仮)』)となっており、1999年に同枠で放送されていた『ケイゾク』と似た雰囲気となっています。今回は特殊能力犯罪を取り扱っているので、ついていけないと感じる視聴者が多かったのか視聴率的にはちょっと苦戦しているようですが、ケイゾクのスタッフが制作しているだけあって凄く凝った演出のドラマです。メイン監督の堤幸彦は久しぶりのテレビドラマ演出ですが、ケイゾクやTRICK(テレビ朝日)でも見られる『ちょっとふざけた部分』と『シリアスな部分』が混じった演出は変わっておらず面白いです。が、特に本作品ではケイゾクと同様に堤以外のTBS所属の演出家も1シーンだけでも絵になるような丁寧な作りとなっています。ここ10年でケイゾク的演出のドラマが増えてしまったので、本家としてそれを上回る演出力で攻めていこうというような強い意気込みが感じられます。
 脚本の西荻弓枝は日曜劇場『特上カバチ!!』(TBS)に続き今年2作目となります。ここ数年、民放のドラマ脚本が少なかったですが、久しぶりにスピード感のあるストーリーの作品となっています。初期の西荻作品は『ダブル・キッチン』や『スウィートホーム』といったコメディーを中心にヒットさせていましたが、その後はケイゾクも含めシリアスな展開のドラマも手掛けていました。初めてのコメディー以外の作品としては『誰にもいえない』の企画協力。この作品は冬彦さんでおなじみ『ずっとあなたが好きだった』の続編で、マザコン冬彦に続いて出てきたキャラが変態の麻利夫(まりお)さん(実は冬彦の息子という設定)でした。どちらも佐野史郎が演じていましたが、その縁があってかSPECの2話ゲストとして佐野史郎が登場しています。なお、ケイゾクの時は企画協力として『TRICK』『MR.BRAIN』『ブラッディ・マンデイ(パート1)』の脚本を手掛けた蒔田光治が参加しており、蒔田作品にみられるキレのあるストーリー構成から、蒔田のアイデアを色濃く反映して出来たドラマだと思っていましたが、SPECはケイゾクを上回る凄みを感じさせるシーンが多く、もしかすると西荻がケイゾクが終わってからすぐにSPECの世界を作り上げていたのではないかと思わせます。
 主演の戸田恵梨香と加瀬亮は、中谷美紀、渡部篤郎と比較されることが多いようですが、全く異なるキャラクターで、特に加瀬亮演じる瀬文焚流は完璧な真面目キャラのようでありながらそうではないところが意外で面白いです。ケイゾクから引き続き登場している竜雷太演じる野々村係長はSPECでは登場シーンが多く大活躍。一方で徳井優演じる近藤昭男の出演回数が少ない点は非常に残念。最近では悪役もこなす神木隆之介が演じる一十一(ニノマエジュウイチ)はケイゾク朝倉と比較してしまうのですが、もしかして同じスペックの持ち主だったりして…
 残る放送回数もあと2回ですが、並行して発売されている小説本を見て、途中からでも見た方が良いと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
平成22年10月 渋谷区内にて
1

【食堂】シブヤ食堂  たべもの

 渋谷C.C.Lemonホールの地下1階にある食堂は『シブヤ食堂』という名前で運営されています。外の看板だけみるとお洒落そうな感じがしますが、中に入ればいかにも『公共施設内の食堂』といった雰囲気です(正式には渋谷公会堂という渋谷区の施設だが、サントリーとのネーミングライツ契約で呼び方が変わっている)。メニューはトルコライスなど少し変わったものもありますが、基本的には公共施設の食堂やデパートの大食堂にありそうだ、と思うものを揃えています。
 訪問日はお腹がすいていたので『ジャンボカツカレー』(800円・写真)にしました。ごはん2倍、ルー1.5倍だそうです。味は美味いですが食べる前から『こんなものだろう』と想像できるレベルのものです。牛丼屋でも似たようなことがありますが、大盛りにした時のごはんとルーの増加率が釣り合わないので、カレーの味が薄まって最後の方ではかなりきつくなってきます。
 渋谷区内の飲食店は結構、安いところが多いので特徴がないと厳しそうですが、神南周辺エリアで(無難なメニュー構成ですが)あらゆるジャンルのものが食べられるという点では存在価値がありそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
2
タグ: ご当地 B級

【ラーメン(市ヶ谷)】火の国らーめん てっぺん  たべもの

 市ヶ谷駅都営新宿線A3出口近くにあるラーメン屋。名前の通り熊本らーめんがメインの店ですが、訪問時(平成22年6月29日)は暑かったので『角煮入りつけ麺』(900円)を注文。昼間はライスがサービスで付くようです。
 写真の通りつけ汁には魚粉がたくさん入っていますが、テーブルにも魚粉が設置されており、好みで足すこともできます。元々がこってり系のラーメン屋だけに食べ応えはあります。
クリックすると元のサイズで表示します
 具は御覧の通り角煮、チャーシュー、煮玉子、メンマ。
クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: ご当地 B級

【鉄道】2011年3月南武線快速列車運行開始  交通関連ニュースなど

JR東日本のニュースリリース(『2010年12月ダイヤ改正について』平成22年9月24日発表)掲載記事を見てびっくりしました。以下、斜体文字はそこからの抜粋。

南武線で快速列車の運転を開始します(2011 年3 月より実施)
データイム(武蔵小杉時刻10 時台〜15 時台)に快速列車を毎時2 往復新設し、
南武線の利便性と速達性を向上します。これにより、川崎〜登戸間で現行よりも
所要時分が約5 分短縮されます。


記事内に記載されている図によると停車駅は、
 川崎、鹿島田、武蔵小杉、武蔵中原、武蔵新城、武蔵溝ノ口、登戸〜立川間の各駅
となる予定だそうです。結構、停車駅が多いですが5分の短縮は大きいです。
なお、当該記事内には
 南武線データイムの快速列車新設(2011年3月から実施)
とありますが、国鉄時代にも川崎〜登戸間で快速列車の運行実績はあります。なお、国鉄時代の停車駅は
 川崎、武蔵小杉、武蔵溝ノ口、登戸
でしたが、普通列車の退避を行わないため、その前後の普通列車の運転間隔が空いてしまい、評判は良くなかったようです。

元々、1990年代のJR東日本の経営計画(だったか)にも南武線の快速列車運行の記載があった筈です。下の写真は3年ほど前に中原電車区でのイベント時に撮影した南武線用205系の写真ですが、赤い『快速』表示が既に用意されていました。臨時列車としてはお座敷列車などを使用した快速列車、更にはリゾート踊り子黒船電車では南武線初の特急列車まで運行するようになっていたので、通勤型電車での快速登場の事なんか忘れられているのかと思っていただけに驚きました。

クリックすると元のサイズで表示します
平成19年5月26日 中原電車区にて撮影
0
タグ: 鉄道 南武線 快速

【ラーメン(芦花公園)】アイバンラーメンを食べに行く(2)  たべもの

店の入口横にはアイバンさんの顔写真入りで『よくある質問』が掲示されています。初訪問なので事前に何を食べようかインターネットで何となく調べていましたが、この掲示を参考にサイドメニューも決めました。
クリックすると元のサイズで表示します
写真下はローストトマト麺。メニューの中から最も個性的で、かつ、限定20食だったのでこれを選んでみました。冷製パスタのようなものかと思っていましたが、トマトの酸味の中にスープ(タレ)の塩味がはっきりと感じられ、ハマってしまいます。
クリックすると元のサイズで表示します
写真下は塩チャーシューつけ麺。塩味のつけ麺っていうのが珍しいです。つけ汁は味が濃い目ですが、少し太めの麺とあっさりしたチャーシューとの相性が良いです。
クリックすると元のサイズで表示します
写真下は豚ローストトマト飯。ローストトマトの下にある豚肉がツナの様に調理されています。上にのっている白髪ねぎに塩ダレでかけられていて、トマトの甘みとのコントラストが面白いメニューです。
クリックすると元のサイズで表示します
(平成22年6月20日訪問)
0

【ラーメン(芦花公園)】アイバンラーメンを食べに行く(1)  たべもの

平成22年5月16日にフジテレビで放送された『ザ・ノンフィクション』の『人情vs科学・ラーメン×RAMEN』で、『バスラーメン(北海道)』と『アイバンラーメン(東京都世田谷区)』が取り上げられていました。昔ながらのラーメン屋と斬新な発想のラーメン屋といった一見、対照的な2つのラーメン屋ですが、人との繋がりを大切にしている点では共通していました。
珍しくテレビ番組を見た影響でどちらのラーメンとも食べたてみたくなりましたが、さすがに北海道は遠いので、意外と家からそれほど遠くなかったアイバンラーメンに放送から約1ヶ月後に行ってきました。

アイバンラーメンは、京王線芦花公園駅から約3分。旧甲州街道沿いの『丸美ストアー』入口にありました。この辺り、新宿・渋谷発府中行きなどの深夜急行バス(京王バス東)でよく通っていたのですが、ストアー自体の存在を全く知りませんでした。結構、分かりやすいところにあります。
クリックすると元のサイズで表示します
京王沿線にも未だこういう『ちょいレトロ』な感じのスポットがあるのですね。(※(2)に続く)
クリックすると元のサイズで表示します
1

【立ち食いそば(東急渋谷駅)】しぶそば・季節のかき揚げそば  たべもの

 サラリーマンにとって仕事においても日常の生活においてもコスト縮減は重要な課題。昼御飯をいかに低コストで美味いものを食べるという事も重要な課題です。
 さて、関東のJR・私鉄駅構内には鉄道会社系列の立ち食いそば、カレー屋などがあります。特徴のあるところでは京王の『C&C(カレーショップ)』や小田急の『おだむすび(おにぎり屋)』といったそば屋以外の店も人気がありますが、私は昔ながらのそば屋で勝負している東急電鉄系の『しぶそば』に最近ハマっています。昔は『二葉』という店名でした。

 ここでは季節によってかき揚げの具材を変えたり、期間限定メニューを積極的に投入しているのが特徴です。今までに食べた中で個性的だと感じたメニューは『冷しゃぶそば』(今は発売していませんが近いうちに復活するのではないかと思います)。ごまだれとそばって意外と合うのです。

 最近ハマっているメニューは『(冷やし)季節のかき揚げそば』(渋谷店では税込480円。横に写っている鮭おにぎりは税込120円)。写真は今月中旬に渋谷駅の同店で撮影。最近の具材はいかとえんどう豆ですが、他の季節で銀杏を使用していたかき揚げも食べたこともあります。ここのかき揚げは厚みがあり、揚げたてで出しているようです。私は汁にしっかり浸して食べるのが好きです。
クリックすると元のサイズで表示します
0

赤いきつねの…とんちゃん?  旅先でみつけた

※平成18年1月7日発見

栃木県某所のスーパーマーケット。入口上の看板に見慣れた顔を発見
これは赤いきつねでおなじみのマルちゃんじゃないですか。
栃木県まで来てスーパーの一番目立つところで営業活動のようです。感心しちゃうねぇ
顔の下にわざわざ名前まで書いて、皆に覚えてもらおうとは…
アナタ、営業マンの鏡だよ…
クリックすると元のサイズで表示します

…って、お前

とんちゃんじゃねぇか 
クリックすると元のサイズで表示します
1

【長野自動車道姨捨SA】大盛りメニュー  たべもの

※平成20年11月24日発見

 長野自動車道姨捨サービスエリアのレストラン入口で見かけたメニュー。
クリックすると元のサイズで表示します
 大盛は私も大好きなので別に構わないのですが、その前に書いてある
 カロリーを気にしない方のための
はかなり引いてしまいます。三色丼の見本の大きさからして危険そう。周りからは割と大食いと言われる私ですが、完食してもしばらくは動けず運転出来ないだろう…

 大盛メニューは3種類。

 ”高カロリーな”三色丼
  →名前がヤバいよ…

 ”挑戦してみたい”Wカツカレー
  →割と普通の商品名

 そして、もう一つが…
クリックすると元のサイズで表示します
 ”どんだけ〜”チキン炒飯
  →おいおい
 

 同SAには駅弁の高速道路版ともいえる”どら弁当”が土・日・祝日限定で販売されています(姨捨山の『田毎の月』弁当・税込900円)。私はこちらを食べました。信州の特産品が盛りだくさん。でも常識的な量です。そちらがおすすめ。(※下記リンク参照)

【姉妹ブログ関連記事】
 東日本高速道路 長野自動車道
1

【仙台駅弁】NRE・仙台サンド  たべもの

 記念駅弁や期間限定駅弁などの個人的にレアだと思うものは姉妹ブログに掲載するとして、普通に販売されている(ような)駅弁についてはこちらのブログに掲載することにしました。
 今回、掲載する駅弁は仙台駅の『仙台サンド』(NREが発売)。写真が超ピンボケで見難いのですが平成17年10月8日に撮影しているので、今でも発売されているのか分かりません。値段は380円のようです。サンドイッチが三切れ入っていますが、うち2つが牛タン。1つが笹かまです。無理やり仙台名物を挟んでいる感じですね。牛タンは薄くスライスされているので違和感がないのですが、笹かまが単体で食べるのと違って感触がもの凄く気持ち悪いです(不味くはないですが…)。
 私、仙台生まれですが、今までにこんなサンドッチは食べたことがありませんでした。仙台人はサンドイッチにまで牛タンや笹かまを挟む、と誤解しないように!!
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 仙台 駅弁 牛タン

【福島県会津地方】磐梯サイダー  のみもの

 ご当地サイダーなるものを時々、観光地で見かけますが、福島県会津地方にも昔からサイダーが存在していたようで、それを復刻したもの或いはイメージしたものが販売されています。駅やホテルの土産物屋で見掛けるものは『元祖磐梯サイダー』と『会津磐梯サイダー』です。
 写真のものは平成21年8月29日に会津鉄道会津田島駅構内にある南会津観光公社運営の土産物屋で購入した会津磐梯サイダー。暑かったのでガブガブ飲んでしまいましたので味は良く覚えていませんが、大手飲料メーカーのサイダーとそれほど変わりないと思います。南会津の天然水を使用。
 もう一方の元祖磐梯サイダーは平成22年5月29日に芦ノ牧温泉大川荘売店にて購入しましたが、炭酸がきつくなく飲みやすかったです。こちらは昭和初期のものの復刻版のようで商標登録済みですが、使用材料に砂糖ではなく乳化オリゴ糖(会津磐梯サイダーでは果糖ぶどう糖液糖)を使用していますので、完全な再現ではなさそうです。各社とも複数の種類のサイダーを販売していることから考えても、現代人の味覚にある程度あわせ、他社のサイダーとの差別化を図らないと商品として生き残れないのかもしれません。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: ご当地 会津 復刻




AutoPage最新お知らせ