目玉おやじと一反木綿 水木しげる氏の「幸福7カ条」  オーロラ

クリックすると元のサイズで表示します


 水木しげる氏の「幸福7カ条」
 第1条:「成功や栄誉や勝ち負けを目的に、ことを行ってはならない」
 第2条:「しないでいられないことをし続けなさい」
 第3条:「他人との比較ではない、あくまで自分の楽しさを追及すべし」
 第4条:「好きの力を信じる」
 第5条:「才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ」
 第6条:「怠け者になりなさい」
 第7条:「目に見えない世界を信じる」


 水木しげる氏が鬼籍に入られてからこの7カ条について何度か見かけたのですが、出典が不明だったのでご紹介も出来ず…。
 書籍からだろうなぁ…とは思っていたけれど、ご自身の著書『水木サンの幸福論』の中にあるのですね。

 実際に水木先生にインタビューをしたことがある友人の投稿で知ったのですが、水木先生の一番の幸せは「寝ること」だとおっしゃっていたそう。
 ゲゲゲの鬼太郎の歌詞に「朝は寝床でグーグーグー 楽しいな 楽しいな…」とあるけれど、これは水木先生ご自身のことだったのでは?と。
 飄々とした先生らしいエピソードで、そんな先生の7カ条はちょっと変わっているかも知れないけれど、歳を経て分かるだろう尤もだと思う部分が多いかも知れません。

 著書を拝読すると、きっともっと細かく書かれているのでしょうね。
 もしかするとトンチンカンな受け取り方をしているかも?!


1:私はかなりの小心者のビビりです。
 栄誉に関しては良く分かりません。何それ、美味しいの?!という感じ。
 まずは何事でもちゃんと乗り切れるかどうかが精いっぱいで、成功を考えている余裕はありません。
 ただ、「ちゃんと乗り切れるかどうか」って、誰に対してなのだろう?
 もし失敗したら?
 誰かに知られたら恥ずかしいという思いならば、それは間違っているのですよね。
 自分自身が許せない…ならば、良いのかしらん?
 「誰かに迷惑をかけてしまう」は?

2:好きではないことは出来ない質です。m(_ _)m

3:他人と比較しても仕方ない。自分は自分…というのは、母もそういう人なので、自然とそうなった…でも、やはり若い頃は悩んだかな。
 いや、才能もなく出来も良くないので、そう思わざるを得なかった面もあります。
 いずれにしても、自分は自分としてしか生きられない…というのは、20代でもがき苦しんで思い知りました。

4:「好き」は力なり!
 全てが中途半端ですが、好きの求心力は凄いと思います!
 これは実感。

5:努力は人を裏切る?!
 これはどういうことでしょう?
 生まれ持った星の力は「地味な努力家でコツコツと」を身上としている筈ですが、実際には無縁です。
 努力していれば、もう少し大成していても良さそうなのに。
 しかし、才能と収入は別…は、世の中を見ていると思うこと多し。

6:怠け者になりなさい
 これは、水木先生にはもう一つ含みがあったようで、怠けていても稼げるような技術や才を持ちなさい、という意味だったとか。
 そういうものはないけれど、易きに流れて怠けるのはお手のモノです。(^^ゞ

7:目に見えない世界を信じる
 人間は情報の8割近くを視覚に頼っている…と言うけれど、錯覚も多いもの。
 心の目も重要ですよね。


 …ということで、画像は「目玉おやじ&(ちょっと弱弱しいけれど)一反木綿」のコラボです。(^_^;)

 この月の周りには22°ハロと外接ハロ、淡い幻月とほんの少し幻月環も出ていますね。

 一人で見上げつつ天と語らう、私にとってとても大切な時間。


   

   


0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ