写真集「夜空と星の物語」  空&宇宙

クリックすると元のサイズで表示します


写真集「夜空と星の物語」
 6月20日発売予定
 1890円
 
 リンク先ページの画像をクリックすると拡大表示出来ると共に、表紙を含めて全5枚の写真集の中のページを拝見することが出来ます。

 「日本星景写真協会」の皆さんが撮影された、美しい星空のある風景の写真による「読むプラネタリウム写真集」
 世界中に広がる美しい星空の風景と、その星にまつわる物語を紹介。想像を膨らませながら、星空・夜空の散歩が出来ます。
 北半球の降り注ぐオーロラ、南半球の真っ赤な低緯度オーロラもあります!

 表紙は船橋弘範さんのニュージーランド・テカポ湖の「善き羊飼いの教会と天の川」で、他にもリアルで存じ上げている方、webでお付き合い頂いている方々の作品が多数収録されているそうで、早く拝見したいです。
 予約しましたぁ〜!!
 楽しみっ♪


日本星景写真協会

 現在「掲載」が分かっている方のサイトを以下に…

船橋弘範さん……GANREF
渡部 剛さん……
渡部剛の星空ノート
鈴木祐二郎さん…@mossch
栗林由美子さん…yumikur's photo blog
安田幸弘さん……星空の散歩道


  

  

  
1
タグ: 写真集 書籍 星景



2014/3/9  17:09

投稿者:日蝕貧乏知恵者猫

こゆきさん

 コメントありがとうございました。
 お返事差し上げないまま随分経ってしまいまして、本当に申し訳ありません。m(_ _)m

 本書の
 「一部明らかな合成写真があってちょっと興ざめしてしまいました。
 ですが、
 残念ながら、私にはどの写真のことか分かりませんでした。
 合成写真というのは、どういうことでしょうか?

 星の軌跡を写し取る手法として「比較明合成」というのもありますが、これはフィルム時代には何時間もシャッターを開けていなければ撮影出来なかったものを、デジタルで数秒〜数分のシャッター開放時間のコマを複数組み合わせて軌跡を写す…というもので、比較明「合成」という名は付いていますが、天体写真としては合成と呼ぶのとは少し違う気がしています。

 本ブログ「オリオン座流星群」
 http://sky.ap.teacup.com/lummox2/33.html
 の以下の画像も、比較明合成を使って星の軌跡を描き出したものです。
 http://sky.ap.teacup.com/lummox2/img/1258960028.jpg


 こういうものとは違い、別の意味の「合成」でしょうか?

http://www.bekkoame.ne.jpe/i/lummox/

2013/7/18  1:48

投稿者:こゆき

本屋で見つけました。
読み物としておもしろいと思いますし、すてきな写真がたくさんのってますけど、一部明らかな合成写真があってちょっと興ざめしてしまいました。
きちんと監修なりされたほうがいいかなぁと思いました。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ