合衆国の片隅で 旧館

アメリカ中西部で暮らしています。2頭のコリー(クッキー、Hope)の他、迷い犬や里親待ち犬の保護ボランティアに参加し、犬まみれの日々。バレエのレッスンピアニストを目指して奮闘中。

 

2006年2月15日、容量限界のため 新館 へ引っ越しました。
旧館も引き続き営業中♪


管理人【TAMA】のプロフィール:ピアノ歴数十年、自動車運転歴二十年、バイク歴凍結中、バレエ歴十数年、保存食・お菓子作り歴十数年、子育て歴十数年、ネット歴十数年。そしていつまでも孵らない日本語教師のタマゴ。好きな作家は村上春樹・林望・島田ゆか・今市子。音楽はショパンとチャイコフスキーとアンドリュー・ロイド・ウェバー。運動はキライです。
ニンゲンの家族は自転車マニア歴30年のオット、フレッシュマン(9年生)の娘1号ブー、8年生・水泳娘のフー、そして6年生の息子ウー(別名「れ」)の計5人。


目次(月別タイトル一覧)のページはコチラから  

   
 
各ページからトップページへ戻るにはタイトルの「合衆国の片隅で」をクリックしてください。     

お知らせ♪


人気ブログランキング
↓↓↓↓↓

1日1回どらどら♪してくださるとうれしいです。


メールこちらから
近頃サーバーの不調で(?)メールの不達があるようです。もし私にメールを下さったのに返事がない方がいらっしゃったらコメントでお知らせ頂けると幸いです。

当ブログの注意事項はコチラにあります。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2017年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

拍手ランキング

1位 トウシューズを加工する
1拍手
3/6〜3/13までのランキング結果です。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMA
★nowaさん、

初めまして。ようこそいらっしゃいました。
そうそう、チャコットなんかは大昔からプラットフォームがスウェードのがデフォルトでした。
こちらでは見かけないですが…。

トウシューズはバキッと折ってはまずいのではないですか?(笑)折れない程度に曲げてあげないと。時々折ってしまって泣いてる子もいますけどね。慣れないうちは先生がやってくれたりするのですが、その子の足の形によってどのポイントで曲げるかとかいろいろあるみたいですよ。

またバレエ話しにいらしてくださいね。



http://sky.ap.teacup.com/loveland/
投稿者:nowa
はじめまして!
私も以前バレエを習っていました♪
現在はお休み中ですが。。。はは

トウシューズにも素材や色の種類があって
シューズの先がサテンのものと
滑りにくいように先の部分だけスウェード生地に
なってるものがありますよね。
私は当時、
加工するのは面倒くさい。。と思い
スウェードになってるのを買いました(笑)

加工で思い出したのが
足の甲をきれいに見せるため(しなる)
シューズを半分にパキっと折っている子もいましたね〜
私は足の筋肉がちゃんとつく前に
トウシューズを履くように言われたので
踊りは危なっかしいし
見てられないって感じだったと自分で思います。
体のことを考えたら
きちんと基礎を作ってからでないと逆に危険ですよね。

もし子供ができて
女の子だったら
tamaさんのお子さんのように
バレエを習わせたいな。。
投稿者:TAMA
>とことこさん
なんとびっくり!ここにもバレエ経験者が!
以前「のりたけバレエ団」で「バレエ人口っていうのは実はものすごく多いらしい」なんて言ってましたがネットを初めて以来「実は私も…」の人の多さにびっくりしています。
バレエ映画ってどれもストーリーは大概まあアレですけど(^^;)、バレエシーンはゴージャスなことが多いです。センターステージの最後の15分くらいなんて何十回見たことか…。オススメです。
まあ、叙情性とかは…[SWAN]の観客はすごいなぁ(爆)って感じですよね。

http://sky.ap.teacup.com/loveland/
投稿者:とことこ
実は子供の頃バレエをやっていたので、
バレエのお話も楽しく読ませて頂いてます〜。
映画「センターステージ」は見たことがないので、
見てみたくなりました。
バレエの映画ってほとんど見たことないんですよね・・・。
まぁ舞台も全然見てないんで、叙情性とか言われてもわかんないんですが。(汗)
もっぱらマンガばっかり・・・(滝汗)

http://blog.goo.ne.jp/tk-brian/
投稿者:TAMA
デスクトップからネット接続ができず、相性の悪い
iMACを使って四苦八苦しています。
誤字脱字はさけられそうもありません。

>Q母さん
いや〜んそんなことおっしゃられたらまた煩悩が…
そうですか、ポアントの練習をすることでバレエ
シューズでできることが増えるということもあるの
ですねー。
ポアントの加工は一人ひとり違うし、選び方もそれ
ぞれですね。うちは先生方が一人ひとりよくアドバ
イスをくださるようで、見ているだけですが勉強に
なってます。

私達の子供の頃とはえらい違いだわ。

>かれんさん
まあ、かれんさん!おひさしぶりです。
ポアントでプロダクションに参加できるなんて本当
にうらやましいです。努力のたまものですよね。
うちのパフォーマンスは今回なんとDR.SUESSです。
すべてオリジナルで、驚くことに音楽は「原罪作曲
中」…本番41日前ですが…ホントどうなるので
しょう。

今ネットの(というかPC)の調子が最悪なのであと
でゆっくりお邪魔しますね。

>ドロシーさん
ハズレの時の後悔の大きさったらないですよね。
せめて価格がもう少し押さえられると助かるんです
が…。
投稿者:ドロシー
すごく時間をかけて作ったのに、あっという間に履けなくなる、ハズレもあるんだよね・・・
そんなにしょっちゅう履いてないから、私は何もしてないけど。

http://blog.livedoor.jp/mamamiyu3/
投稿者:かれん
TAMAさん、お久しぶりです! かれんです。 遅くなりましたが明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いします。

TAMAさんにご挨拶した後にQ母さんのところにご挨拶に行こうと思っていたら、こんなところでお会い出来るなんて! Q母さんも、本年もよろしくお願いしますね(後ほど改めてQ母さんのところにもご挨拶に伺います〜)!

実は、ネットに復帰した事をお伝えしようとやって参りました。 本当は当分はネット生活を封印しようと思っていたし、何を書く気にもなっていなかったのですけど、実は今回うちのスタジオのとても大きなプロダクションに参加出来る事になって、その記録を残しておきたい…と思い、日記を復活させる事にしました。

演目は『シンデレラ』、マーク先生が89年にご自分とリンダ先生のために振付けた物の再演です。 今回はなんと衣装デザイナー&生オケ付きだそうで、先生の張り切りようも尋常ではありません。 そんな中、私はセミプロばかりのトゥシューズ組の中に放り込まれてしまいました。 ものすごい嬉しいんですけど、その倍以上に不安で一杯です。 リハーサルでは初日から大苦戦してます。

そんな訳で、リハーサルの様子からまた普段の私のレッスンの様子なども日記に書いていくつもりです。 どうせ私の事ですから途中で週に1回の更新とかになってしまうかもしれませんが、どうぞまた仲良くして下さいね。

そうそう、私もポアントはプラットフォームの先を剥がします。 その周りをライターであぶって糸の解れを焦がします。 その後はシャンクを剥がして思いっきり曲げて柔らかくしたら、ヴァンプの部分を糸でかがって、ゴムをクロスに付けてからリボンを付けます。 ざっと1時間半はかかりますねー。 ポアントの加工は面倒臭くって大嫌いです!

http://blog.goo.ne.jp/karenb/
投稿者:ウルトラQの母@M79星雲
TAMAさん
「バレエシューズで出来ないことはポアントでは出来ない」はとても事実だけど、「ポアントの練習をすることでバレエシューズで出来ることが増える」も事実だと思います。ピアノで自分の手にはちょっと余る難しい曲をやったら、自分に丁度いい曲がちょっと易しく感じる…みたいなもんかな?

ポアントの先っぽはがしちゃうんですね。でもさ、はがした下にあるものが滑る素材だともっと滑るよね。モノによっては、布の下のものがプラスチックっぽかったりするんじゃないかしらん。

ポアントは奥が深くて、頭の中が「????」で一杯。

本当は私も自分に合う「加工」を見つけたいところですが、まずはどの靴が自分に「合う」か、ということすら発見できずにいる。「加工」した後の「微妙な」変化などは分かりそうにないわぁ。そんなのが分かる日が来るのだろうか・・・。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ