ク ロ グ

どーでもいいことなど備忘録代わりに掲載ちゅう。
不定期更新&仕事の愚痴がこぼれてしまう場合もありますがどうかお付き合い宜しくお願い致します〜

 

calendar

2017
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

再び石巻へ

陸前階上駅からは代行バス〜キハ110系と乗り継いで宿泊地へ。
暗かったのと車内が込み合っていたので写真は撮りませんでしたが、津波の力を思い知らされるような風景が続いていました。復興への道のりは簡単なものではないことを実感しました。

さて、翌日は石巻へ。前回レンズ故障でいい写真が撮れなかったことのリベンジです。
クリックすると元のサイズで表示します
前回影の中でしか撮れなかった元都営バスのレインボー、ばっちり撮り直しできました。
後部に書かれている青色の文字?はどういう意味なのかが気になります。
クリックすると元のサイズで表示します
こちらは元京王バスのエアロミディです。何台もいるようでよく見かけました。

つづく
0
投稿者:黒笹駅
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:黒笹駅
V車庫の近隣住民さま

はじめまして。亀レスでスミマセン。
身近で走っていたバスが遠方で頑張って走っている姿が見れるとうれしいですよね。
さて、模様の件、局番で調べたら当時の写真を発見しました。
色々な絵が描かれている中に確かにこの模様がありました!
まだまだ勉強不足なのでこのようなバスがあった事すら知りませんでした。
こちらこそ教えて頂きありがとうございました。
投稿者:V車庫の近隣住民
書き忘れたことが一つ。
都営バスの中で、この青い模様があったのは、この1台のみです。
アクセスラインの運用が、当初は1台のみであったためで、後に2台体制になった際には、他の営業所の同型車1台(E878)を転用しましたが、カッティングシートの貼り付けのみで、塗装である側面後部の青い模様は、施されなかったのです。
そちらの1台は、同じく一般路線用に戻った際に、カッティングシートを剥がされ、普通の塗装に戻りました。そちらも、どうやら、宮城交通バスで働いてるようです。
投稿者:V車庫の近隣住民
元都営バスの側面後部にある青い印の件ですが、この車両は、アクセスラインという、100円の運賃で乗れる短区間のみの運行の路線(いわゆるコミュニティバス)のために、製造されたバスなのです。
東京都交通局内での番号は、V-E877でした。
その当時は、前扉と中扉の間に、カッティングシートで華やかな絵が描かれ、側面後部の青い装飾と共に、特別な姿になっていました。
転属して、一般の路線用となりR-E877となった際に、カッティングシートは剥がされたのですが、後部の青い模様は、塗装であったために、最後まで残っていたのです。
私は、このバスが新製当初から今に至るまで、その新製当初の配置車庫の近隣に住んでおります。
遠方で、今でも元気に活躍している姿を見ることが出来て、とても嬉しいです。心からお礼申し上げます。

NHK時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

search



このブログを検索

counter

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数
AutoPage最新お知らせ