栗原鉄道保有車両:秩父鉄道全車両・栗原電鉄全車両・福島交通(5000形、5100形、5300形、5020形、7000形)・岳南鉄道(5000形、一部旧型車両)・上田交通(5000形、5200形、7200形、一部旧型車両)・長野電鉄(2600形)・弘南鉄道(7000形)・北陸鉄道(7000形・8900形)・常総筑波鉄道・同和鉱業小坂鉄道&片上鉄道・えちぜん鉄道・大井川鉄道(旧型車両)・その他。 将来:水間鉄道7000形、松本電鉄5000形&3000形・上毛電鉄3000形を予定。

 

秩父鉄道300形  栗原鉄道

秩父鉄道300形
1959年新制された2扉クロスシートのカルダン駆動車。同じ形の富士急行3100形が存在した。なお自社オリジナルの急行形クロスシートで、登場した頃はM+M’の2連2編成存在していたが3連化用のT車:2両製造されたがそのうち1両がアルミ車のことサハ352(サハ351は鋼鉄車)があってその中で珍しかった。3連で“急行秩父路”として活躍し、最後には黄色ベースの塗装へ変更され。92年10月にJR165系の改造車:3000系へ譲って引退。
あまぎモデルから制作。
新旧塗装各1編成づつに再現して制作したが、後に、トミーテックから鉄道コレクションとして販売されたため、オクラ入り・・・。しかし、サハ351がないことが欠点。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 

秩父鉄道100形  栗原鉄道

秩父鉄道100形(クハニ20、クハ60、サハ60、デハ100)
1951年より日本車両製造の18m級半鋼製車。大半は、木造車を鋼体化名義で製作されたもの。当初はデハが非貫通のうえ、両運転台で、ステップがあったもの、更新工事ともないで、ステップ撤去、デハの片運転台化、運転室拡張など行われた。
 なおクハニは荷物室を併用されていたもの、クハニ20の中で郵便室を持ったクハユ30形が存在したが、郵便輸送廃止伴いで、クハニ20へ改番された。
 運転室では、運転台が真中に設けられた上、やや高めの位置に設けられていたので、特高席な感じだったとおもっていました。
 クハ60、クハニ20、サハ60、デハ100の4形式があったため2パターンの編成があった。
 ・クハニ20−デハ100+クハ60−デハ100(ラッシュ時・末期時代)
 ・クハ60−サハ60−デハ100(サハ組み込み時代)
 後、元小田急1800形の800形が入線すると、サハ組み込み編成全編成や一部の編成が廃車となり、さらに元国鉄の101系の1000形入線すると順次に廃車が進んで、最後に、クハニ60+デハ100の1編成が昭和63年6月にさよなら運転を行い昭和63年9月に全廃され、現在クハニ29−デハ107が三峰口駅構内の秩父鉄道公園に保存されている。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

 

上田交通  栗原鉄道

上田交通
○5350形
丸窓電車と呼ばれた5350形と東急5000形のサハ5350形から先頭車化改造で生まれた制御車。いずれも電圧1500vまでかつやくしたもの、クハ290形は元々電圧を降圧改造を受け、おじいちゃんの5350形を引っ張ってもらったためファン間では「祖父が孫を引いているみたいだ」と喜んでいましたしかし、クハ290形は上圧改造を受けられず,結局2年わずかで終わった。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

○5000形、5200形
1500v上圧ともないで東急電鉄の5000、5200形とも、Mc+Tcへ改造して、上田交通へ送りました。そのため、置き換えた当時、ファンの間では旧型車両や丸窓電車を追い払ったため「憎きもの」と恨めしい話があった。
 5000形の塗装では、登場したころ、クリーム色に緑、黄色の帯を引いた車体だったがクリーム部分を黄緑色へ変更された。最後には非冷房の理由で7200形と置きかえられ廃車。そのなかで先頭車各1両ずつ東急電鉄へ里帰りしました。余談だが上田交通は、東急電鉄グループの傘下なので保存の前提として5000形と5200形を送ったというかもしれなかった。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 

福島交通  栗原鉄道

福島交通車両たち

○5000形
元東急5000形で、2連2編成入線した。
ただ、2編成のうち、5022Fは、先頭車不足のため、デハ5100形から改造のためパンタグラフが、中寄りに設けられている。なお入線際に1500vから750vへ降圧施行。 同じ元東急7000形と置き換え伴いで、電圧を750vから1500vへ高圧され、5000形等は対応できず、全て廃車となった。
クリックすると元のサイズで表示します
●デハ5000形(5020F)はGMの東急5000系から組み立ての上、一部改造(ライトを1灯からシルードビーム化、押し込みベンチレタ交換)。

○5100形
デハ5000形(同じ形の連接車)の発展型で、1966年日本車両にて製造、スタイルはデハ5000形連接車と同じだが、ヤ体が3m長い(デハ5000形連接車より扉1個多い)。ほぼ5300形と同じだが非貫通で2連固定編成になっている。なお、福島交通としての顔だった。東急電鉄7000系入線により廃車。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
●デハ5100形はあまぎモデルから販売のを素組み立て、前面はメタル製でライト部分がはじめから付いているので削り翌ニし、銀河モデルの113系用シルードビームライトを取り付け、テールライトも同じく銀河モデルの113系テールライトを取り付け。かなり加工が必要になる。

○5300形
1971年日本車両製で2両製造され、その5300形5318、5319型は、貫通式、両運転をもつ車両で、単行運転を考慮して作られたもの、結局5318、5319と組んで2連で常時に運転されていたが、ようやく単行運転で行われたのは栗原電鉄へ移した後だった。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
●デハ5300形はあまぎモデル限定品、漂流商事から限定販売のを購入、ほぼ素組み立て。ライト等はデハ5100形と同じ様に。

※カラーはGMのbS、bQ6を使いましたが、説明書では、さくらんぼ色部分がbP、またはガンダムの赤ザグ色の塗料を指していますが好みで調色しても良いと思います。

○7000形
福島交通の電圧を1500vへ昇圧伴いで750v対応の旧型電車を置き換え、オールステレンス製に統一するため、東急電鉄から7000系をを購入し、中間車を先頭車化改造して入線した。
 その中、2両編成と3両編成が存在し、2両編成は01+7000形と名どっているが、3両編成は従来形式となっている。なお、2両編成の中冷房改造施行編成があり、床置式で、ルーバーが側窓一個つぶして設けられているのが特徴。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
●7000形はGM東急7000形を基にしている。この写真は友人から製作後、譲ってもらったためカラー等については不明である。
またトミーテックから販売されたものもあります。

 

北陸鉄道  栗原鉄道

北陸鉄道は石川県内を中心し、様々な私鉄を統合してうまれたため多くの路線があり加南線小松線・松金線・金石線・能登線・金沢市内線・石川総線など石川県内を総なめするよようだったがマイカー普及化のあおりを受けて廃止が急速したため、現在は2路線しか残ってない。
浅野川線は新金沢駅〜内灘駅間、石川線は野町駅〜加賀一宮駅間結ばれている。
石川線は前記、金名線・能美線を合わせて石川総線と呼ばれてたが金名線、能美線廃止伴いで石川線へ戻った。重ね重ねの統合したの急速廃止されたのは寂しい限りだった。
さらに、石川線加賀一の宮駅〜鶴来線が廃止され、これで金名線の生き残った路線が事実上なくなった。
北陸鉄道石川線7000形
クリックすると元のサイズで表示します
トミーテックから販売されたもの。精密にできている。
クリックすると元のサイズで表示します
右側が7200形、GM製品で左側がトミーテックから販売されたもの。
クリックすると元のサイズで表示します
GM製品で最近リニューアルを行った。
クリックすると元のサイズで表示します
リニューアルする前で、上写真とちがいさがわかる。

北陸鉄道浅野川線8900形
クリックすると元のサイズで表示します
リニューアルされたGM製品から改造のもの。
クリックすると元のサイズで表示します
リニューアルされる前のGM製品。
そのなかで、京王電鉄3000系バラ売りからかき集めて、スカートは自作で、つくったものと、GMから限定販売されたセットを購入を組み立てたものです。

 

同和鉱業片上鉄道キハ800形・小坂鉄道キハ2100形  栗原鉄道

同和鉱業片上鉄道キハ800形同和鉱業株式会社が関東鉄道800形と同型で、筑波鉄道500形を20m級にしたもの気動車を発注して、小坂鉄道へ計7両入線しました。しかし小坂鉄道小坂線と花岡線の内花岡線旅客輸送廃止されたため、余剰となったキハ2100形が社内の片上鉄道へ計2両移籍され、片上鉄道内ではキハ800形へ改番して廃止されるまで活躍しました。
 なお同和鉱業片上鉄道キハ800形は小坂鉄道から2両移籍し、キハ800形キハ801号、802号在籍しました。片上鉄道廃止後、町内で保存されるはずであったが、公園着工中止で結局手入れもなく放置状態といった話がありました。
クリックすると元のサイズで表示します
鉄道コレクションから出たもの、
クリックすると元のサイズで表示します
キッチンのキットから販売したものを組みたて
クリックすると元のサイズで表示します


小坂製錬小坂鉄道(旧同和鉱業小坂鉄道)キハ2100形キハ2101形
 
同和鉱業株式会社が関東鉄道800形と同型で、筑波鉄道500形を20m級にしたもの気動車を発注して、小坂鉄道へ計7両入線しました。しかし小坂鉄道小坂線と花岡線の内花岡線旅客輸送廃止されたため、余剰となったキハ2100形が社内の片上鉄道へ計2両移籍され、片上鉄道内ではキハ800形へ改番して廃止されるまで活躍しました。
 小坂社が、同和鉱業株式会社から離れ、小坂製錬株式会社へ改称と共に、小坂製錬小坂鉄道へ変わりましたが、車両も不変で旅客輸送廃止されるまで活躍しましたが、旅客輸送廃止で、2両弘南鉄道黒石線へ移ったけど、それもわすか2年半足らず弘南鉄道黒石線は廃止されたと共に廃車になりました。小坂製錬小坂鉄道内で残った2両は小坂鉄道内で保管されています。
 なお車番号では合計7両で2101号〜2108号有りましたが、2104号のみは欠番になっていました。それは新造当時、2104号はあったけど2104号だけなぜか故障が続き、“4”の数字が縁起の悪いのがわかったわけで、2108号へ改番された以来故障続きはなくなったといういわく付きである。 
クリックすると元のサイズで表示します
鉄道コレクションのもの。
クリックすると元のサイズで表示します
キッチンのキットを組みたてたもの。
クリックすると元のサイズで表示します

 

筑波鉄道  栗原鉄道

筑波鉄道
筑波鉄道といえば、関東鉄道の中の鉄道であったが、関東鉄道から離れて独立した鉄道で、筑波山麓で地元を運んで輸送したり、時には筑波山へ遠足としての足の一つとして使われたり、また国鉄から“急行つくば”号車が乗り入れしたりしました。それと、国鉄キハ04、雄別鉄道の気動車、北陸鉄道能登線の気動車、江若鉄道の気動車など、活躍した車両が集結したのが大変有名であり、さらに日車標準気動車といわれ、同和鉱業、常総筑波鉄道(後関東鉄道)に配備された18m級デラックス気動車のキハ500形と空気バネをはいたキハ504形、そしてて20mデラックス気動車のキハ800形が配備されていたので筑波鉄道と聞けば、キハ461(元国鉄キハ04)、キハ541(元北陸鉄道・パケット付き気動車)、キハ810形(元雄別鉄道)、キハ500・504形のイメージぐらいは出るでしょう。
 しかし、残念ながら国鉄からJRへ変わったに合わせて全線廃線され、路線跡はサイクリングロードとして再活用され、キハ500・504形、キハ301形(元国鉄キハ30形)は、関東鉄道へ移したがキハ500・504形は、かつて常総線で活躍した地で再び活躍にも叶わずに解体され、終焉した。移籍車以外の車両達は全て解体されたが、キハ461形だけ最後まで残ったキハ04形としての希少のため、つくば市のさくら交通公園に保存されたが、将来さいたま市(大宮区)に新設される鉄道博物館へ移す対象の車両になっている。 

●筑波鉄道キハ500形(キハ503)
●筑波鉄道キハ504形(キハ504・505)
筑波鉄道がまだ関東鉄道と共だった頃、関東鉄道の前身、常総筑波鉄道だった頃に日本車輌工場へ発注し、新制後、クロスシート式気動車キハ501〜505形とも筑波線(後筑波鉄道)に配備されていた。そのなかで、キハ501・502形の台車が空気バネで、キハ503〜505形はコイルバネの台車をはいていた。しかし筑波線入線後すぐに、501・502形と504・505形の車番号を入れ替えされたので、504・505形は空気バネ式台車となっており、車形式ではキハ500形ではなくキハ504形と付けられている。
 優等列車が廃止され、キハ501・502形は常総線(関東鉄道)へ転出され、ロングシート化になり、平成5年までに活躍したので現在塗装を装った姿も見られたので、3パターン塗装の姿を持った実績となる。
 しかし、日車気動車としての末期は、平成3年12月に起きた取手暴走事故が起き、事故車の中に同型の20m級のキハ800形2両が含まれていた事であった。その事故のきっかけで新制のキハ2100形を製造され、元国鉄キハ30・35・36、キハ0形、キハ310形をのぞいて完全置き換えられたともない、平成5年で廃車となっている。
 なお筑波鉄道に残ったキハ503〜505形は同鉄道廃止後、関東鉄道へ移したが結局、使用用途が無くなりむなしく解体された。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

●キハ300形(キハ301)
国鉄時代にキハ30形を購入し、方向幕を埋めてしまった姿。
筑波鉄道廃止後、関東鉄道へやってきて、埋められた報告幕を復活させ、JR後に関東鉄道が購入したキハ30、キハ35形と混じって活躍しましたが、最近は引退している。
モデモのキハ30形から改造。
クリックすると元のサイズで表示します

 

東武60000系  東西高速鉄道

※フリー車です。
東武60000系
東武60000系は、新型車両として登場する考えで、今の50000系が定着する前だった頃で、そのような車両があったら良い名と思い作った。
顔は、東急電鉄1000形、側面は東武8000系で、窓が一段式に変更されたものを設計、クーラーは、東武20070系と同じようで、薄型冷房装置を積んだ形。
それが理想として、つくってみた。
最初は、東武8000系に準じたカラーでしたが、今は10030系と同じカラーに変更された。
しかし、東武50000系登場で、そのデザインに定着すると、その夢は消え去って行った。
今は保留車となっており、復活を待っている。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

 

東武ED5080形電気機関車  東西高速鉄道

●ペアーハンズより組み立て。モータ、台車はトミックスのDF50から流用。パンタはGMのPS16、KATOカプラーが必要。塗料は、マッハのブラウンを使用、ステップやセブラの色は、GMbRと23を調合し、吹き付け。そのときにセブラをきれいに塗りたい場合、スカートとステップを組み立てる前に塗った方がやりやすい。全て組み立てた後になると、セブラを塗るときには筆塗りになってしまうので注意したい。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 

東武50000系  東西高速鉄道

○マイクロエースから販売された東武50000系50001Fと、50050系50053Fを購入し、無線アンテナを交換しただけで他は何も手を加えていない。
50001F
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

50053F
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 

東武10030系  東西高速鉄道

○グリーンマックスから塗装済みエコノミーキットを購入、素組み立てた物。
当時には、エコノミーキット(動力、パンタグラフ、車輪つき)、基本セット、増結セットでしたが、今は、基本セット、増結セット(車輪、パンタグラフつき)として販売されている。
・4両編成エコノミーセット(パンタグラフ、車輪、動力付き)・・・休止中
・4両編成基本セット(パンタグラフ、車輪、動力は別売り)
・増結中間車セット(パンタグラフ、車輪つき)
・増結先頭車セット(パンタグラフ、車輪つき)

前面には、テールライト再現されていないので、クリアーレッドでテールライトを再現した。
他は、無線アンテナをペアーハンズへ交換しただけ。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 

東武30000系  東西高速鉄道

○グリーンマックスから販売されたものをそのまま。
まったく手を加えていない。
販売されていたのは、4両編成のモーター有りとモーターなし、6両編成のモーター有りの3種類。
先頭車同士のの連結する場合トミーのTNカプラーを用意した方が良い。
なお、現在、30401F、30601Fとも東上線へ転属し、10両固定化されている。
今後どうなるかはわからない。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 

東武850系  東西高速鉄道

●GMの東武8000系更新形(V)を3両編成を購入し、ペアーハンズから出ていた850系改造パーツを使い、モハ850−1を再現。

他は8000系と同様に製作。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 

東武10000系  東西高速鉄道

●10000系
 東武10000系からそのまま流用。10000系のクーラーは10030系から流用。
 いずれも9000系と同じやり方。
 カラーでは帯色がbQ6を代用(今回の9000系ではbR2を下塗りの後、bQ6を吹きつけ)。
●GMから製品をリニューアルし、塗装済み及び完成品をリニューアル車と、未リニューアル車の2種を販売。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 

東武9000系  東西高速鉄道

●9000系第1次量産車(9002F〜9007F)
 東武10000系からそのまま流用。9000系の顔は10000系に付属、クーラーは10030系から流用のこと。
 カラーでは帯色がbQ6を代用(今回の9000系ではbR2を下塗りの後、bQ6を吹きつけ)。
●マイクロエースから9002Fリニューアル編成を販売。
無線アンテナ交換だけでそれ以外は手を加えず。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ