薫々堂日誌

横浜市泉区にある手づくりのパン薫々堂(くんくんどう)
店主とシェフがつづる、パンのこと、お店での出来事、修業時代(今も続く・・・)の思い出、その他思いつくまま・・・・。

 

カレンダー

2017年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

自由項目

手づくりのパン薫々堂 横浜市泉区和泉町3857-10 [Tel]045-805-0403 [open]10:00〜19:00 [close]日・月曜日(祝日も変わらず) [parking]3台 [station]横浜市営地下鉄ブルーライン「立場」駅(徒歩5分)     相鉄いずみ野線「いずみ中央」駅(徒歩12分)

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:くんくんどう
コメントありがとうございます!
パンがあまりなくて申し訳ありません!
平日(特に水〜金)の午後3時くらいが一番あるかもしれません。
また、ブログでお知らせしている商品は、
レギュラーではないものがほとんどですので
これ!
というものがございましたら、
ご予約も承りますので、どうぞご利用くださいませ。
なかったのに、何度もご来店くださって、本当にありがとうございます!
お好みのパンに出会えますように・・・!
投稿者:徘徊屋
いつ行っても、パンがないのですが…
午前中に二回、お昼頃三回…いつ頃なら、写真のような品揃えに会えますかね
私のタイミングが悪すぎですか?
通販専門店でしょうか
投稿者:kunkundou(シェフ)
小川さん、ご無沙汰しております。
お元気…ですよね。
私どもも、(どうにか)元気でやっておりますので、ご心配なく。
それにしても、ここで私を亀ちゃん呼ばわりするのは小川さんくらいです。
まだまだ残暑のキビシイ日が続きます由
少し涼しくなった頃にでもおいで下さい。
お待ちしております。
投稿者:小川
お疲れ様
しばらく店に行ってないけど。大丈夫そうだね。いろいろあったと書いてありましたが、亀ちゃん夫婦は大丈夫(^O^)ゆっくり休んでなぁ。休み明けに久しぶりに店に伺います。

ihopethevictorywillsmileonyous@ezweb.ne.jp
投稿者:kunkundou(店)
こま さま
遠く大阪から、
こんな不便なところまで、
本当に、ありがとうございました!
暑かった去年の夏の大阪&京都が
よみがえってまいりました・・・!

まさか、本当にまたお会いできるとは・・・!
こちらこそ、嬉しかったです!!

「キャラメル」について、
素人だなんて、とんでもない!
まさに、そこで色々悩んでいたのです。

やはりキャラメルと名乗るからには、と、
あの前にはもっと甘くしてみたりもしたのでしたが、
どうも面白くなくなってしまい、
「お菓子」になってしまっては
パンでやる意味があまり感じられず・・・

味のバランスとしては、
あれが最終的に良いと思うのですが、
名前の方を、もう少し、考えてみようかな・・と、感想をいただいた結果、考えております。

せっかく大阪から来てくださったのに
まだまだ焼きあがるところで
あのあとも
「あ〜、これもお見せしたかったな」
「あ〜、こっちも・・!」
と地団駄踏んでおりました。

ブログのことも、
びっくり&興奮のあまり、
無理なお願いもしてしまい、ごめんなさい。
きっとご事情があってのことだったのでしょうに・・・
こまさんの、おもしろくて、かつ上品な文章が、大好きでした。
関西なんて、もういつ行けるかわからないのに、ほのぼのと楽しい気持ちにさせていただいていました。
ありがとうございました。

そして、いつの日か、また、
どこかのパン屋さんでばったり・・・!
なんていうことを、楽しみにしています。

では、その日まで、お元気で・・・!!

投稿者:こま
こんにちは!

4日(土)におうかがいした、大阪のこまです。
急にうかがって、驚かせてしまい申し訳ありませんでした。
念願かなってまたお会いできて私はとっても嬉しかったです!!!
販売の方の感じもとてもよく、地域に愛されている温かいお店ですね。ココロほかほかにしながら駅へと戻りました。

「キャラメル」をありがとうございました。
感想を、とのミッションもいただいてしまったので書かせていただきます。

個人的には、もう少し甘みがあっても良いように思いました。
キャラメルの苦味が先にたっており、それがとてもリッチなバターと合わさっていたので、一般に思い浮かべる「キャラメル」風味から少し離れたような気がいたしました。

翌朝家族にも出すと、オット・子ともに「おいしいおいしい」と喜んで食べておりました。
ただ、「"キャラメル"なのだよ」と言うと、
「キャラメルとは分からず食べていた」とオット。
「キャラメル〜♪」と思って買われる方には、もしかしたら物足りないかもしれません。

ブリオッシュ、私はとても好きですが、立ち位置が難しいパンですよね。

決して菓子パンというだけではないよ、という微妙なラインを薫々堂さんでは狙ってはるのでは、と思いつつ、
素人の感想を正直にお伝えいたします。

ブログも見ていただいていたようで、ありがとうございます。
見ていただいていた方にご挨拶もできないまま、急ぎ削除となり、私も心残りです。

西のほうから今後も応援しています。
お忙しいことと思いますが、お体を大事になさってください。

長々と申し訳ありませんでした。

こま
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ