2013/5/2

やめるのやめた  

5月に入りました。
毎年胃の痛くなる季節。
おかあさんの祭典(笑)

適応障害を患った当初は母の日まで今の会社にいるわけないと思ってたのに、
なんかまだ会社辞められてない自分。
結局今年で6回目の花屋の母の日だ。

新規のお店でスタッフも未経験なのに、
私自身のやる気が底辺だった関係で母の日に関してもノープランで。
昨日スタッフに怒られちゃった(てへぺろ←だめだろ(笑))
計画したところでどうせ上司から全否定されるだけだし、
そうなったらまた自分の体調が悪くなるってわかってるから
やる気も起きなかったんだけど、
そうなると今度はスタッフが路頭に迷ってしまうし、
そうなると困るの自分だし、
結局は当日体調悪くなりそうだし、
だからがんばんなきゃねと反省。

去年までは母の日近づいたらわくわくして、
色んなレジュメとか計画とかたててたのに、
そんなこともすっかり忘れるくらい仕事嫌いになってたな。

でも、つい最近知り合った人に
「花屋さんって人の気持ちに沿うことができる素敵な職業だよね」
って言ってもらって、ちょっと嬉しかったから
それを糧にしばらくは会社やめるのやめようと思う。

もう花屋も6年目だもん。
もうがんばりすぎなくても仕事まわせる技術は身についてるはずでしょ。
やばいと思ったらその時にひけばいい。
まわりにSOSを出せばいい。

私が花屋になろうと思った最初の理由は
「私の作った商品で、笑顔の連鎖を作りたい」だった。
小手先の技術は6年である程度身についたけれど、
最近お客様を笑顔にできるような商品、作れてたかな・・・
お客様の気持ちも小手先で扱ってなかったかな・・・
一人一人のお客様の気持ちを大事にしてこその花屋でしょうに。
いろんなしがらみや日々の業務の鬱々で、
すっかりそんなこと忘れてたよなー、
と昨日スタッフに怒られたついでにいろいろ話して思った。

だからといって無理はしないけど(笑)
ちょっとずつ仕事の楽しさを取り戻せていけたらいいなと思う。
本来はお花も、お花を贈る気持ちも、大好きでこの仕事に入ったんだから。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ