風に誘われ


花も鳥も風景もと何でも屋でごちゃ混ぜが整理つかなくなってきました
花は花、鳥は鳥で別のブログに分けました

自然の恵みに感謝の日々をつづります

 
日が照れば日に憩う 風吹けば風と語らい 雨降れば雨に戯れ これでいいのだ

カレンダー

2017
January
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

検索



このブログを検索

最近の投稿画像

最近の投稿画像
1/16 雪

最近の投稿画像
1/14 古墳公園

最近の投稿画像
1/10 青春18きっぷの旅…

最近の投稿画像
1/8 青春18きっぷの旅…

最近の投稿画像
1/4 青春18きっぷの旅…

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

丹波の友から初雪の便りが届いた
2年間暮らした地ゆえ懐かしい
早速雪景色を撮りに行こうと思ったら友は風邪だと
雪景色もさることながら友に会いたくて行く気になっていたので今回はパスした
天気予報では兵庫県南部の平地でも雪が降るとのことだだったが本当に降った
当地では積雪はせいぜい1、2cmであるが、例年3月に積もることが多い
1月の積雪は記憶に無い
もっとも3日前のことを忘れているゆえ記憶喪失なだけかもである
雪なんてうんざりと言う北の地方の方には申し訳ないですが、年に数度のことゆえお許し下さい

小さな我が庭にも雪が降りました

クリックすると元のサイズで表示します

サドの気は有りませんが、雪と言えば耐えて咲く花で撮りたくなります
梅、仏の座、水仙は春ですが、薔薇は四季咲きのバラはどうずんのですが、初夏としたものです
このバラに雪が積もるといたは(わ)しい

クリックすると元のサイズで表示します

散歩道の光景です

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

雪の茅葺き撮りたくて息子に助っ人たのみ里へ走りました

クリックすると元のサイズで表示します

腹が減ってはで公園の農舎で手弁当食べて、茅葺き撮ったど〜
こんな日に建屋の中で弁当食べれることの有り難きかな

クリックすると元のサイズで表示します

雪景色撮ったど〜

クリックすると元のサイズで表示します

一瞬の晴れ間でした
5分もすると暗雲が垂れこみ猛吹雪となり、カメラが濡れてそれまでよ〜
まさか日中も前が見えなくなるくらい雪が降るなんて、思いもしないことで大慌てで帰路につきました
茅葺き撮りには失敗しましたが、久しぶりに家族で雪を楽しめました

クリックすると元のサイズで表示します
2
投稿者:我太郎

古墳公園

鳥撮りなんですが、古墳公園の濠にトモエガモが飛来して越冬中です
昨年は♂♀合わせて5羽の飛来で野鳥フアンで賑わいましたが、その内と思いながら撮影に行かずでした
今季こそはと待ち構えていたら、今季は♂1羽だけの飛来で、人気薄で1月11日に行きましたがカメラマンは誰もおりません
抜けたかと不安になりましたがいてました

(マガモ)

分布 日本では北海道から南西諸島まで全国的に渡来する冬鳥

大きさ 50〜65cm

綺麗な鳥なんですが、数が多くレンズを向けることは稀です

クリックすると元のサイズで表示します

(トモエガモ)

分布 シベリア東部で繁殖し、越冬のために日本や朝鮮半島、台湾等に飛来する

大きさ 37〜43センチメートル

将来絶滅の危惧がある種に指定されている

クリックすると元のサイズで表示します

一通り定番撮り出来て、中途半端な時間になり古墳公園を探索しました

(今城塚古墳公園)

所在 大阪府高槻市郡家新町

前方後円墳(国の史跡)

古墳時代後期の6世紀前半に築造された最大級の古墳である

クリックすると元のサイズで表示します

何でも撮ってやれで考古学には興味はなく、鳥撮りをしていたればこそ知ったことでした
考古学なんて正に辛抱今季の塊りでないと出来ないことはと思いますが、発掘調査で得られたわずかな情報で全体像を描けるんですね
宮内庁の治定は受けていないが第26代継体天皇の真の陵とする説が有力で、発掘調査が可能な大王陵になる(ウイッキペデイア)

クリックすると元のサイズで表示します

ついでのパッチで今城塚古代歴史館にも寄りました

実物の埴輪や豊富な出土品を通じて歴史体験と学習の場で、通常は無料見学出来ます

クリックすると元のサイズで表示します


土器は細かい破片をパズルのように組み立てて復元した物が多くその作業を思えば気が遠くなりそうです

クリックすると元のサイズで表示します

貴重な出土品なんでしょうが、門外漢にはその意味が分かりません
機械や工具の無い時代の手作業でよく出来た物です

クリックすると元のサイズで表示します

大阪駅のサンセットです
半日脳に新鮮な血を送り込む良い日となりました

クリックすると元のサイズで表示します
1
投稿者:我太郎

青春18きっぷの旅(丹南市)

貧乏性ゆえあれもこれもと何でも見て、撮っての忙しい旅で、嫁さんがついてくるのもしんどいほど動くのが毎回であるが、湖北町を強風の中1日チャリで走り回って流石に疲れました
期限が10日までと迫って、嫁さんの体調の良い日にと連チャンではありましたが消化旅でありました
もう15年以上も前に週刊誌で見た茅葺きの記事が気になっていたので、今回はこの茅葺き1点張りの旅としました

(茅葺き音楽堂 登録有形文化財)

所在地〒629-0312 京都府南丹市日吉町上胡麻南2

JR胡麻駅から徒歩約15分です

クリックすると元のサイズで表示します

左手の1番奥の集落にあります

(ザイラーピアノデュオ)

エルンスト ザイラー(ドイツ・ミュンヘン生まれ)とカズコ ザイラー(京都生まれ)のデュオ

日本各地はもとより世界各地にて、4手のための連弾アンサンブルとして活躍している

クリックすると元のサイズで表示します

茅葺き屋は2棟有ります

クリックすると元のサイズで表示します

音楽堂は福井県のお寺の本堂を移築したもので、観客300人の収容力があるそうです

クリックすると元のサイズで表示します

生活の場なんでしょうね

クリックすると元のサイズで表示します

建物内部は非公開で、当然ですがコンサート開催時は解放されます(有料)
ちなみに、かやぶき音楽堂デュオコンクール開催日は無料です

クリックすると元のサイズで表示します

風もなく時おり日が射せば暖かく、誰もいない集落をのんびり1時間ほど散策しました

クリックすると元のサイズで表示します

寒々とした光景に暖かさを演出するロウバイは思わず撮りたくなる花で、早くもの感が有りました

クリックすると元のサイズで表示します

乗り放題、途中下車OKの青春18きっぷでは、来たルートを帰ったことがありませんが、今回初めて同じルートで帰りました

クリックすると元のサイズで表示します

大阪駅でサンセットを迎えましたが綺麗に焼けませんでした
こんなのんびりした青春18きっぷの旅も良いものだと気がつき、次回からは考えんならんわ

クリックすると元のサイズで表示します
0
投稿者:我太郎

青春18きっぷの旅(湖北町)

7時4分の電車に乗って、尼崎で新快速に乗り替えたが、これが難儀なことでザックがドアに挟まって閉まらないくらいの超満員だった
7時台が尽きんラッシュなんやね
何とか大阪駅で半数ほどが降りて座れてやれやれ、後は寝て行っても乗り換えは無い
北陸本線河毛駅に着いたのが9時16分ころで、鳥撮りだけならコミニュティバスが接続していて楽なんだが、あれもこれもの貧乏性ゆえ、駅で電動アシスト自転車を借りた
これがまた飛んでもない強風の日で、帽子は飛ばされて失う、自転車は2度もこかされて停まる度にガードレールや手すりに倒しかけての撮影となった
何よりも迎え風ではハンドルを取られてふらふら、きついと倒されそうになり押して歩いたが、こんな日には野鳥は風を避けて姿を見せない
欲をかかんとバスにしたら良かったと思ってももう後の祭りよ

クリックすると元のサイズで表示します

米作が主の土地柄かと思います
先祖代々の財産を守る気風が強く古民家が多い地区です

クリックすると元のサイズで表示します

(山本山)

上から読んでもヤマモトヤマ、下から読んでもヤマモトヤマ
昆布のじゃありませんよ
低い山ですが、この山にオオワシが19年ほどやって来ています

クリックすると元のサイズで表示します

山本山のおばあちゃんの愛称で多くの野鳥フアンに親しまれています

(オオワシ)

分布 日本では基亜種が冬季に越冬のため北海道や本州北部に飛来する

大きさ ♂88cm ♀102cm

日本では1番大きなワシで、ヤマモトヤマが南限となっています
この日は遠い木に留まっていましたが、私が着いてしばらくしたら餌を捕りに飛びました

クリックすると元のサイズで表示します

10分もしない内に山の端の方に帰って来て、滅多にない低い所で鮒を食べました
風が強く湖面は白波が立っていたにによく捕まえるもんです

クリックすると元のサイズで表示します

日本の夕陽100景に選ばれていますが、自転車は17時に返さねばならないので撮れません

クリックすると元のサイズで表示します

防波堤に波が当たってしぶきえ濡れるくらいでした
海を撮捕っている様でした

クリックすると元のサイズで表示します

(伊吹山)

豪雪で有名な山ですが下から見るとそんなに積もっているようには見えません
まだ雪は少ないのかな?

クリックすると元のサイズで表示します

集落探索は4度目でもう撮りにこした茅葺きはないようでした

クリックすると元のサイズで表示します

外付けのHDがトラブリ3年分の画像が全部消えてしまい、昨年撮った茅葺きを撮り直しました
強風でなかったらもっと広範囲に探索出来たのですが、またオオワシが来たら行きます

クリックすると元のサイズで表示します
1
投稿者:我太郎

青春18きっぷの旅(五條市)

青春18きっぷの電車に乗った

ガタゴトガタゴト電車は揺れて

まだ見ぬ街に想いを馳せる

背に射し込む日の暖かく

うつらうつらの共白髪


風邪を引いてちょっと予定が狂い、年末の予定が立て込む中で12月28日に奈良県五條市に行って来た
奈良県で3地区指定を受けている重要伝統的建造物保存地区の1地区です
全国では112地区が指定されており、商家町として2010年12月24日指定された

(規模)

新町通り(伊勢街道)に沿った東西約750メートル、面積7.0ヘクタールで、現在、当地区内の建造物330棟のうち143棟が伝統的建築物として特定されている

伊勢・大和・紀伊を結ぶ街道が交差し、吉野川(紀の川)が流れる五條は、古くから交通の要衝であり、近世には伊勢街道の宿駅として栄えた
江戸時代そのままと言ってようような街並みが今に残る全国的にも貴重な地区だそうです

バス、電車3度乗り換えて家から約2時間でした
JR電車の乗り換えはどの駅も同じホームで続電車が待っていてラキチンでした
嫁さんと一緒でゆっくりし五条駅着は12時過ぎでした

クリックすると元のサイズで表示します

(細い路地)

その昔は、所謂大八車が運搬手段で、せいぜい今の軽トラが通行出来る道幅程度だったろう
路地裏となれば人がすれ違える幅が有れば十分で、今もその細い路地が縦横に通じている
この先はどんなんかな〜
興味をそそそられるが、正に地区民の生活道ゆえむやみに入り込むことは遠慮すべきだろう

クリックすると元のサイズで表示します

五条新町は吉野川に沿うように形成されており、縦(南?)に突き当たれば階段の向うは吉野川です

クリックすると元のサイズで表示します

重要伝統的建造物保存地区には何処へ行ってもと言って良いくらい造り酒屋や味噌醤油醸造所がある

(酒蔵「山本本家」)

創業290年だそうですが外からの撮影のみです
広大な敷地でした
下段右も山本本家なのかは?

クリックすると元のサイズで表示します

(袖壁)

「うだつ」と同じく防火と意匠的な意味があるそうです
袖壁は平面的で、うだつは立体的だが、袖壁も含めて「うだつ」と言う場合が多い

クリックすると元のサイズで表示します

子供だったその昔を思い出す光景です
木臼と杵、木の桶に湯たんぽが
五条市は餅屋さんが多くなんでかな〜

クリックすると元のサイズで表示します

レトロな看板

クリックすると元のサイズで表示します

約10分と新春特別ゆえお忙しい方はパスしてください

青春18きっぷの旅(五條新町)
1
投稿者:我太郎

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます

平穏な新年を迎え、皆様にとりましても平穏無事な1年でありますよう心よりお祈り申しあげます

昨年中は拙い当ブログにお時間をおとり頂きありがとうございました
今年はもう少しだけ頑張る所存でおりますれば、よろしくお引き立てのほどお願いいたします

 初詣 2か所参りて 願うこと

   家内安全 無病息災

クリックすると元のサイズで表示します

例年除夜の鐘を聞きながら氏神様に初詣なんですが、つい初日の出をと徹夜になってしまう
徹夜は応える歳になり、今年は早く寝てゆっくり昼飯を食べてからにした

旗日に日章旗を揚げる家は少なくなりました

クリックすると元のサイズで表示します

由緒ある家柄で塀だけで我が家が建ちそうです
鯉は水を意味し火災避けでしょうね

クリックすると元のサイズで表示します

やっぱり鳥が気になります
今年初撮りはスズメとなりました

クリックすると元のサイズで表示します

流石に昼ともなれば氏神様は空いていました

クリックすると元のサイズで表示します

近年にない好天で穏やかな迎春となり、陽気につられて約5km歩いて中山寺まで初詣の梯子をした
モズやススキや景色を撮りながらで約2時間かかりました

クリックすると元のサイズで表示します

何時の間にこんなん出来たんや
ピカピカの五重の塔が遠くからでも目を引きます

クリックすると元のサイズで表示します

1時間ほどでお参りを済ませて、日没までにはまた歩いて帰るつもりでしたが、山門から本殿まで20分待ちで、行列が出来るお寺のことをすっかり失念していて予定が狂った
今年もなんや迷走しそうな年明けでした

クリックすると元のサイズで表示します




1
投稿者:我太郎

年末のご挨拶

    これくらい 貯まって欲しい 小銭でも

塵を吸っても死にゃせん、てなもので掃除は大嫌いだ
1番の理由は狭い部屋になんでも目につく所に置いているので、いざ掃除となると部屋の模様替えのような騒ぎになる
片付けて元通りにするのに1時間、掃除は5分で終わる
4部屋で4時間かかりほぼ一日デジカメは触れない
日ごろは嫁さんが手の届く範囲でやってくれているが、その嫁さんに脚立で無理してこけられたら終わりゆえ私が頑張るしかない
年に1度のことだから普段は気がつかない所に積もった塵を見て、死にゃせんなんて言ってて本間に良いのかと不安になる
目に見えないような塵がこれだけ溜まると言うことは、1円、10円でも毎日続けて溜めていれば結構な額になるんやろうな
塵はほっておいても積もるが、金は溜めにゃたまらんのが悩ましい
そんなことを言っているから何時まで経っても金は溜まらんわなあ

今年はドライアイに悩まされ、細かい字が読めなくなって、ブログはサボリ放題になりましたが、忘れずお訪ねいただいているブログ友さんに感謝です
来年はもう少し頑張って更新したいと思っていますのでよろしくお願いいたします

どなた様も元気で良い年をお向かえ下さい

クリックすると元のサイズで表示します
1
投稿者:我太郎

恒例の年末行事

梅田のカメラ屋に部品が届き引き取りに行った
嫁さんがついて来ると言うのでクリスマス関連シーンを撮りに行ったのですが、人混みに圧倒されて天空の農園に避難?です

クリックすると元のサイズで表示します

天空ならぬ天国の道の様で気持ち良い物ではありません

クリックすると元のサイズで表示します

とりあえずのクリスマスムード

クリックすると元のサイズで表示します

一等地の梅田北地区はまだ開発中です
何が出来るんやろうかなあ

クリックすると元のサイズで表示します

(天空の農園)

「大阪ステーションシティ」ノースゲートビルディング(多分)14階に2011年5月にオープンしたビルの屋上の野菜やブドウ畑、季節には棚田もある農園です
11階から14階は階段を上がらねばならないが、運動不足解消になると嫁さんのリクエストでえっちらこと上がった
この時期農園にはわずかな野菜が有っただけですが、人が少なくベンチでゆっくりコーヒ飲んで、僅かながらの花を撮って退散した

クリックすると元のサイズで表示します

百貨店のデモウインドウ
街はクリスマス商戦で華やぎキラキラに酔いそうでした

クリックすると元のサイズで表示します

人だらけで立ち止まると危険ゆえ、拾い集めのクリスマスムード

クリックすると元のサイズで表示します

目的挫折で、このまま帰るのも勿体なく、黄昏の新御堂筋をそぞろ歩きとしゃれ込み中の島へと歩を勧めました

クリックすると元のサイズで表示します

梅田から500mも歩けば天国なら夢の国です
お暇な方是非クリックして商都のイルミネーションを見て下さい


大阪光の饗宴2016

3
投稿者:我太郎

鳥撮りもしんどくなりました

鳥撮り始めて14年、鳥撮りでしんどいと思ったのは1度だけです
何も知らない時期で、師匠の背後霊やってついて行ったは良いが、800mほどの山登りで、雪がちらつく寒い日でした
取りつきからいきなり直登ににつぐ直登で、喘息体質の私には死ぬ思いの山登りとなりました
師匠には心配かけながら無事撮りたい鳥が撮れたから良かったが、あの場で喘息の発作が出たらアウトだったと思うと今でも冷や汗が出そうなくらいだ
もうあんなことはようやらんが、年々体力の衰えにはあらがいようがなく、装備は出来るだけ軽くと思うようになった

(キャノン デジ1眼)

鳥撮り+景色+花撮りのラインナップです
カメラとレンズだけで4kgになり、目的に合わせて一々レンズ交換せなばならず面倒で、今では標準と250mmレンズは眠っています
クリックすると元のサイズで表示します


(パナソニック 高倍率デジカメ)

何が起きるか分からないので予備カメラで、25mm〜600mmの何でも来いですが、細かくは不満が有り景色撮りと花撮り専用です


クリックすると元のサイズで表示します

家からJRで約2時間半ほどの久米田池に鳥撮りに行きました
この日の装備は上記のカメラ2台と600mmレンズの4kg+弁当、飲み物、でザックの重量を入れればざくっと6kgでありました

<久米田池(くめだいけ)>

大阪府内最大の面積をもつ久米田池で、広さ45.6hr、周囲2.6kmのため池です


クリックすると元のサイズで表示します

見たこともない目的の鳥を探してこの池を2周しました
6kg担いで6km位歩いて目的の鳥がこれです

<オジロトウネン(尾白当年)>

(分布)


日本へは旅鳥として主に秋に渡来すが、本州中部以南では越冬するものもいる

大きさ 約14cm 翼開長 約35cm

こんな小さな鳥撮りに2時間半もかけてです
何が嬉しくてではありますが、新種1種追加は成果有りでした

クリックすると元のサイズで表示します

(コチドリとイカルチドリ)

コチドリもイカルチドリも出会いは多くおまけでした
他にヘラサギと言う珍しい鳥もいましたが、遠すぎてヘラサギは過去に1度撮っているので証拠写真撮って切り上げました

クリックすると元のサイズで表示します

FZ300でカメラマカセのお手軽撮影であります
下手にマユアルで設定するより綺麗に撮れる
一々レンズ交換の手間は無く、ブログ、記念、記録ならこれで十分だろう

(久米田神社)

JR阪和線久米田駅下車徒歩10分

行基49院のひとつとして天平10年(738)に建立

江戸中期に再建され、朱色が鮮やかな多宝塔をはじめ、重厚な金堂や行基が自ら彫ったとされる千手観世音を安置する観音堂などその姿を今に伝えている

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

昼飯を食べて大阪城公園に移動しました

(ニシオジロビタキ)

長期滞在中です
前回は忙しく飛び回ってまともに撮らせてもらえませんでしたが、大分人馴れして撮りやすくなりっていました

大きさ 約12cm

目白ほどの大きさで動きもメジロに似てちょこまか移動する

クリックすると元のサイズで表示します

(ハイタカ)

分布 年中いる留鳥

大きさ オス約32cm メス約39cm

クリックすると元のサイズで表示します

別個体です
同じ森を3羽のハイタカが塒としています
大都会の万課の公園にも所謂猛禽の鷹がいるんです

クリックすると元のサイズで表示します
1
投稿者:我太郎

我が遊び場の紅葉A

ご無沙汰振りになり早くも12月も半ば、今年は紅葉の当たり年になり存分に楽しませてもらえました
いつまでも紅葉でもないが、鳥撮りの徒然に拾い撮りした紅葉、黄葉に野鳥をからめてのネタ久方振りの更新です
流石に名所の紅葉にはかないませんが、夫々に存在感ありかえって目を引くもので、所謂普通種ではあるが鳥も絡み、こんな紅葉撮りも乙なもんじゃないですか、なんて一人悦に入っています

(散歩道の紅葉)

ツツジ(サツキとヒラド?)

おやっと振り返れば、ひっそりと頬を染める乙女のように、街角の花壇で何気に染まるツツジ
ツツジの黄葉は今まで気が付かずでした

クリックすると元のサイズで表示します

(ドウダンツツジ)

3、4日遅かった

一般名:ドウダンツツジ(満天星躑躅)

学名:Enkianthus perulatus

別名:灯台躑躅(ドウダンツツジ)

小さいながらも存在感あるドウダンツツジ、別名の灯台躑躅は昔夜間の明かりに用いた灯台(結び灯台)の脚部と似通っており、その「トウダイ」から転じたものだそうだ
ネットでは満点星」と書いてドウダンツツジとも読み、この場合は小惑星をさすらしい
何でも良いが、植物には別名、流通名と有り、素人泣かせは止めて欲しいものだ

クリックすると元のサイズで表示します

この公園の紅葉は他の地より遅くに染まり、毎年紅葉の撮り納めはこの公園です

クリックすると元のサイズで表示します

普通種と言われるカモやカワセミなどの小鳥が多く、紅葉絡みが狙い目ですが、出会いは運任せで、この日出会った可愛い野鳥です

(エナガ)

スズメと同じくらいの大きさですが、尻尾が長く、胴体はころころしたぬいぐるみのようで、漫画チックなのが人気で、普通種は狙わないカメラマンも大抵この鳥にはレンズを向けています

クリックすると元のサイズで表示します

(ヤマガラ)

スズメとほぼ同じ大きさで、人なつこく餌をやれば手乗りにもなるくらいです

クリックすると元のサイズで表示します

(メジロ)

約12cmとスズメより小さい
野鳥に興味が無い人でも名前を知っているほどお馴染みの鳥です

クリックすると元のサイズで表示します

(カワセミ)

何処にでもいると言って良いくらいの鳥だが、かなり広範囲を飛び回り出会いが少なく、青い宝石の意の「翡翠」の漢字があてられているように、この鳥に魅せられカワセミしか撮らないと言う人も多い

クリックすると元のサイズで表示します

お暇な方↓をクリックしてスライドショーで見て下さい

鳥撮りの徒然に
1
投稿者:我太郎

石山寺


<石光山 石山寺(いしやまでら)>

所在 滋賀県大津市石山寺1-1-1


宗派
東寺真言宗

本尊
如意輪観音

創建年 天平19年(747年)

開基 良弁、聖武天皇(勅願)

西国三十三所13番

国宝

重要文化財

天然記念物

紫式部ゆかりの寺

初めてなら色々見所が有るが、嫁さんは3度目、私自身も今年冬に洗堰までカモを撮りに来て2度目で、見ていなかったのは紫式部の像くらいのもので、期待の紅葉は完全に終わって、落ち紅葉まで茶色く枯れてさっぱりでした
ここでぼやいてもしゃーないのでなりにネタのいい加減ですがご容赦下さい

今年は柿の実を追っかけている暇がない
店先の木は小さい木だがたわわに生った柿の実が綺麗だった
今年は好天の日が少なく柿の実を追っかけている暇がないのでこれで辛抱

クリックすると元のサイズで表示します

宇治川の流れを染めてハゼ(多分)の紅葉が綺麗だったが、これももう終盤のようだ

クリックすると元のサイズで表示します

旗を持ったおねえさんが先導してわ〜と団体さんが行くまで待って、よっしゃで撮ったらこれだ
左から人が出て来た
左端をカットして何とかだが、肩の部分は如何ともしがたく許せよ

クリックすると元のサイズで表示します

天然記念物の石山寺硅灰石(けいかいせき)と国宝の多宝塔の紅葉絡みが1番の紅葉ポイントなのだが、完全に終わっていました

クリックすると元のサイズで表示します

本堂が正面に見えると言う展望所からなんですが、これでは絵になりませぬ
1番肝心な建物をなんでこんなせせこましい所に建てたんだろう

クリックすると元のサイズで表示します

多宝塔は朱塗りが多いが薄チョコレート色もシックで落ち着いて良いものだ

クリックすると元のサイズで表示します

唯一の慰め物の月見邸
紅葉の見ごろがなんとか絡んでくれました

クリックすると元のサイズで表示します

紫式部ゆかりの寺だそうで、本堂右手に源氏物語を執筆したと言う「紫式部 源氏の部屋」があります
山頂西?の少し外れた所に紫式部像があり、ベンチで休んでいる間に何人が来ただろうかというくらいで、若者が像を四方から撮っては画像を確認して、また撮り直すという熱心さでした
文学は馴染めないが、源氏物語は今も愛読者が多いんだろうなあ

クリックすると元のサイズで表示します

スライドショーにもならずの名残紅葉

クリックすると元のサイズで表示します

残念紅葉

クリックすると元のサイズで表示します
2
投稿者:我太郎

黄葉も鳥もの大阪城公園

黄葉撮りと言いながら今回も鳥撮りです
まだ紅葉の拾い撮りは出来ればやりますが、一段落つけて野鳥撮影に軸足を移します
徐々に冬鳥の便りが増えて来て、明日は何処へ行こうかとネット情報検索で毎夜遅くまでサーフィンやっています
そんな中で大阪城公園にニシオジロビタキが飛来した、とのブログを見て11月22日に嫁さんを誘って行って来ました
ダウンの上着が邪魔になる暖かさで、嫁さんは簡易椅子に座っての観察で喜んでくれました
そのニシオジロビタキなんですが、滞在5日目と言うのに臆病で神経質な相手でした
嫁さんの運動不足解消の目的もあり、じっくり気に入るまで鳥を追っかけている間が無く消化不良のまま紅葉や黄葉も楽しみました

(ニシオジロビタキ)

(分布)

日本では旅鳥または冬鳥として渡来するがまれである

大きさ 約12cm(メジロと同じくらい)

冬鳥として飛来するので餌が有れば越冬するが、鳥は鳥の勝手で飛んでいるので何時までいてくれるかは不明である
5日目と言うのは微妙なタイミングで、抜けているのではとの不安を抱いての登城でありましたが、20〜30人のカメラマンが固まって1本の常緑樹を見つめていました
鳥の習性って面白いもので、この鳥は決まって同じ木に戻って休みます
30分ほどするとまた餌を求めて飛び回りますが、それも行動範囲は狭く、行方不明になっても何時の間にか同じ木に隠れています
よって移動距離は少なく楽なんですが、臆病な鳥で明るい林ではタッチアンドゴーでまともに撮らせてもらえません
所謂手強い相手でした
こんな所に隠れてゆったりしているんですが、誰かが見つけるんです
目が多いってことはド近眼の私にはありがたいことです

クリックすると元のサイズで表示します

留まり易い枝があるようでこの枝に良く留まります
右の太い枝が邪魔なのが悩ましい

クリックすると元のサイズで表示します

細い枝が被りまくりで最悪です

クリックすると元のサイズで表示します

休息で隠れて出て来ない間はやって来た鳥を撮って暇つぶしです

(エナガ)

(分布)

日本では九州以北に留鳥または漂鳥として生息し、当地では子育てをし年中いる

大きさ 約14cm

スズメと同じ大きさだが尻尾が長いので大きく見える
ちょこまか移動して撮りにくい

クリックすると元のサイズで表示します

大阪城公園には紅葉する木が少ない
イチョウの木が多く森一面に黄金色の絨毯になる

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

お濠の水鏡も狙い目なんですが、石垣が傷むので自衛隊が木を抜くこともあり、そのためか今年は紅葉するハゼが少なかった

クリックすると元のサイズで表示します

(モミジ広場)

お叱りを覚悟で物申す
紅葉する木が少ないからかモミジを集めたのは良いが、平地の狭い所にこんな植え方してどうすんだい
紅葉の名木なんて100年単位で育てねばならないのに、これじゃお互いに伸びる物も伸びないだろうに

クリックすると元のサイズで表示します

名木でなくてもモミジだったらええてもんかな?

クリックすると元のサイズで表示します

大阪城公園の野鳥ポイントの紹介です
ちょっと長いですが興味有る方は↓をクリックして見て下さい

大阪城公園へ行こう
1
投稿者:我太郎

我が遊び場の紅葉

紅葉撮りの旬もわずか一か月足らず、天気の日ばかりでは無い
景色撮りは好天でないと写真に向かないが、そんなこを言っていたら何も撮れない
どの道自己満足の満足ゆえ少々曇天だろが走るしかない
日ごろ走り慣れている所ゆえ撮影ポイントは迷うことはないが、今年の紅葉は読めない
11月17日に曇天の中を1日走ったが、既に終盤の所もあり思うに任せなかった
撮れば納得の近くの紅葉見て下さい

(宝山寺)

所在 兵庫県宝塚市大原野

1本の紅葉に魅せられて音連れるカメラマンは多い
茅葺きの山門が絡み大好きな我が遊び場1の名木と思っている
朝が弱くて何時も逆光で撮らねばならないのが悩ましい所であります

クリックすると元のサイズで表示します

(兵庫県三田市)

六甲山系の東北端の平野で、大阪のベッドタウンとして1980年代から北摂三田ニュータウン開発が行われ、10年連続で人口増加率日本一となった
ゴルフ場跡地やニュータウン近隣の山林造成などで宅地を開発たことにより、わずかな区域に人口が集中し、ニュータウンを離れれば昔ながらの田園風景が広がるのどかな景観が保たれている
米作を主に、近隣の山林はマッタケの産地でも有り裕福な家が多く、重厚な瓦葺屋が軒を連ね、白壁土蔵が昔ながらの雰囲気を醸し出しています

クリックすると元のサイズで表示します

(大原大歳神社)

所在 三田市大原字大垣

創建 鎌倉時代

本殿 兵庫県指定文化財

神社の森に大きなモミジの木が有ります

クリックすると元のサイズで表示します

(がんこ三田の里)


大歳神社のすぐ近くにある和食店で、旧家をそのまま改装しているようで1度利用してみたいが、一人でもええのかなあ

クリックすると元のサイズで表示します

<獨鈷山 鏑射寺(とっこさん かぶらいじ)>

所在 神戸市北区道場町生野

宗派 真言宗

創建 581年、聖徳太子による開基

明治6年に焼き討ちに遭い廃寺となったが、昭和34年に復興が始まり現在に至っている


クリックすると元のサイズで表示します

黄葉拾い撮りを↓をクリックして見て下さい


我が遊び場の紅葉@
1
投稿者:我太郎

摩耶山

紅葉撮りで何処へと思って、野鳥撮りの好フィールドでもある摩耶山の様子見に行って来た
電車、バス、ロープウエーと乗り継いで約2時間と不便で今まで気になりながらも行ったことがなかった
息子が車で連れて行ってくれることになり紅葉散策でもと嫁さんも付いてきた

<摩耶山(まやさん)>

神戸市灘区の六甲山系の標高702m]の山で、山頂周辺には掬星台展望台、摩耶ロープウェー星の駅、忉利天上寺、摩耶自然観察園、穂高湖等が点在し、ハイキングコースも整備され、特に掬星台展望台からの神戸の夜景は日本三大夜景の1つに数えられ、写真家や若いカップルの人気である

<忉利天上寺(とうりてんじょうじ)>

宗派 高野山真言宗

縁起 646年(大化2年)孝徳天皇の勅願により、インドの高僧法道仙人が開創したと伝わる

でもあった。

1976年(昭和51年)1月30日未明、賽銭泥棒による放火のため、仁王門や一部の塔頭・庫裏を除いて全焼した。
現在は北方約1kmにある摩耶別山(天上寺創生の地とされる)に場所を移して再建された。

以上はウイッキペディアからの抜粋であるが、たまたま庭の整備をしていたお寺の庭師さんと言葉を交わすことが出来、寺の復興案内板に不慮の大火で七堂伽藍(大小30の堂塔)を全焼、全壊したと有ったので、兵火で全損はよく有ったことらしいが、失火で境内全建物が焼失するとは考えられないことゆえ、台風か荒らしの日だったのかと聞いてみたら、どうも精神的におかしな人の火付けだったそうだ
神社仏閣が狙われることはままあることだが、片っ端から火をつけて回ったとは前代未聞の惨事ではなかっただろうか
現在の建物は鉄筋コンクリート造りのため長い歴史が有りながら古刹のイメージはなかったのが残念だった

クリックすると元のサイズで表示します

摩耶山は紅葉の名所ではあるが、天上寺は周辺の木を全部切って新しく造成中で、階段脇に目を引くモモジの木が数本有る程度だった

クリックすると元のサイズで表示します

第三次復興中のようで20年、30年後の楽しみのように思えた

クリックすると元のサイズで表示します

境内から西方向が見渡せますが、逆行で霞んで肉眼では明石海峡大橋が見えたが写真には写りませんでした

クリックすると元のサイズで表示します

紅葉拾い撮り

クリックすると元のサイズで表示します


<掬星台(きくせいだい)>

標高700mにある展望台で、手で星を掬(すく)えるほどの絶景の夜景が遠くまで広がっていることからその名前の由来にもなっている

函館、長崎と並ぶ日本三大夜景の1つで、土曜、日曜日には駐車待ちの車が出る賑わいだそうです
ちなみに、駐車場は85台のスペースがあります
武庫の写真の練習に鳥撮りのついでの思いでいったので三脚を持って行かなかった
手持ちで夜景は無謀って言うもので、黄昏時期以後の絶景は撮れませんでした

クリックすると元のサイズで表示します

漆黒の空間に冴え冴えした夜景は目が痛いほどの輝きだった
こんな構図で撮れるなら近い内に防寒対策も十分して、三脚持って行きたいと思っています


クリックすると元のサイズで表示します
1
投稿者:我太郎

紅葉(神戸市立森林植物園)

神戸のネット友さんが神戸市北区の四季折々の旬の情報を送ってくれて、今年の紅葉は早そうだとの知らせがあった
当地の紅葉は普通11月下旬が盛期のイメージでいるが、中旬にはあっちもこっちもの見頃情報が届き急に忙しくなってきた
11月11日に息子がライトアップを撮りに行くと言うので嫁さん共々同行した
ライトアップは我が腕ではまともに撮れないので、始めから野鳥撮影のつもりで鳥撮り用の600mmレンズと鳥がいなければ紅葉撮りのつもりで高倍率デジカメを持って行った
ところがその高倍率デジカメのバッテリーチェックを怠って、試し撮りの20枚ほどで電池切れとなり鳥も紅葉も撮れずに何をしに行ったのやらだった
13日は日曜日で混雑は予想出来たが、紅葉も旬を外すと見るには見れても写真となると、読んで字のごとくで枯れた葉もまともに写してしまい雰囲気を壊してしまうので、再度息子の運転で早めに行った
予想通りに取り付け道路まで受け付け待ちの車でなかなか入園できない混雑でした
駐車場は広いのでスペースはなんとかあり、重い荷物を持って歩くのは大変と、駐車場から近いベンチで早めの昼食を済ませて、三人三様の紅葉狩りを楽しんだ

クリックすると元のサイズで表示します

メタコセイヤ並木の黄葉も綺麗で、駐車場から近いこともあり、先ずは並木を楽しんでだったが、これが我が腕ではどう撮って良いのか分からない
並木は早々に切り上げた

クリックすると元のサイズで表示します

管理棟前はクリスマスバージョンで雰囲気を演出していた

クリックすると元のサイズで表示します

サンタクロースとトナカイが迎えてくれたが、これを撮ってバッテリー上がりとはトホホの我太郎でありました(以上は11に日撮影)

クリックすると元のサイズで表示します

管理棟前からだらだら坂を下れば長谷池で、両脇は初夏のアジサイ、秋の紅葉と夫々に祭りのメイン会場となります
まだ黄葉している木は稀でこれからが楽しみです

クリックすると元のサイズで表示します

私の狙い目は長谷池周辺の紅葉で、この園での名物スポットとなっている
1点集中で混雑していたが、ほとんどの人は手持ち撮影で流れはスムースだった

クリックすると元のサイズで表示します

散策路数珠つなぎで人をカトすると構図にならずで許せよ

クリックすると元のサイズで表示します

(ハナノキ)

カエデ科の植物でこれもカエデです
樹高は30mに達する高木落葉樹で、長野県南部・岐阜県南部・愛知県北東部の3県県境のおもに木曽川流域の山間湿地に自生する日本の固有種です
この森林植物園の黄葉の先駆けてき存在で、この木が最盛期になると本格的黄葉撮りさんが押しかけ良いポジションは三脚立てれません

クリックすると元のサイズで表示します

何なと撮らねばで100m位離れて600mmで撮ったライトアップ
これでは所謂証拠写真です

クリックすると元のサイズで表示します

両脇に巨大キノコ、中にサンタクロースとトナカイなんですが何ともならずで退散しました

クリックすると元のサイズで表示します

御用とお急ぎでないお方は↓をクリックして見て下さい



紅葉(神戸市立森林植物園)
1
投稿者:我太郎
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/95 
 
AutoPage最新お知らせ