2013/3/13

ニンニク卵黄の魅力:滋養強壮に相乗効果を生み出す  ニンニク卵黄

ニンニク卵黄は、南九州では、昔から健康食品として、それぞれの家庭で引き継がれてきました。
その効能には、色々なものがありますが、一番に挙げるとすると、滋養強壮です。
自宅で作ることも出来ますが、現在、健康食品としても販売されています。
主な製法で、ニンニクと卵黄を弱火で、長時間かけて炒り練り上げたものがあります。
ニンニク卵黄のニンニクには、臭いの元といわれるアリシンが多く含まれています。
アリシンには、強い抗菌、殺菌作用があり、体内に侵入した細菌やウィルスを殺菌して、風邪やインフルエンザの
予防をしたり、食品などの食中毒を予防します。
また、ビタミンB1の働きをよくして、糖質を効率よくエネルギーに変える作用を持っていて、
それが新陳代謝を促進させて、疲労回復や、滋養強壮に繋がります。
また、ニンニク卵黄の卵黄は、栄養の宝庫といわれていて、ビタミンA・ビタミンB1・ ビタミンD・鉄(mg)・カルシウムなどを
含んでいます。
卵の・ビタミンB1と、ニンニクのアリシンが、結合することで、更に効能を高めます。
また、脳を活発化させるには、このニンニク卵黄に含まれている、ビタミンB1とアリシンをとることで、
集中力がアップします。
同じような相乗効果を呼ぶ調理として、「豚肉とニンニクの炒め」「ネギ納豆」
「ニラレバ炒め」などがあげられます。
ニンニク卵黄は、ニンニクと卵に含まれているそれぞれの成分が、更に一緒になることで
相乗効果を生み出し、滋養強壮にとてもいい健康食品です。

2013/3/5

ニンニク卵黄の豆知識:保管方法についてご説明します  ニンニク卵黄

ニンニク卵黄は、色々なメーカーから発売されていますが、その形態はゼラチンのソフトカプセル、同じくゼラチンのハードカプセル、あるいは顆粒状のものなど色々です。
中でも、ゼラチンのソフトカプセルが多いようですが、このソフトカプセルは、開封前でも、直射日光の当る場所や、気温の高い場所に置いておくと、熱でゼラチンが変性したり、べたついたりと言う事が発生する恐れがあります。
開封前でも、保管方法としては高温多湿を避け、涼しい場所での保管を心がけてください。
開封後は、きちんと袋のジッパーや容器のフタを閉めておかないと、湿気で段々と表面がべたついてきてくっついてしまいます。
また、開封前と同じく、袋やフタをきちんと閉めていても、暖かい場所に置いておくと、ゼラチンが溶けてきて湿気た時と同様、べたついてきてしまいます。
開封前でも開封後でも、保管方法としては、ニンニク卵黄は、涼しい場所ににしっかりと封をしておくのがベストです。
ニンニク卵黄は食品ですから、開封したら出来るだけ早く使用するのが一番ですが、容量の多いものなどを購入した場合など、しばらく保管が必要な場合もあります。
その際は、中身を清潔に保ち(たくさん手の平に取り出してまた袋へ戻したりせず)、飲む分だけを取り出して、使用後はきちんと袋のジッパーや、フタを閉める。
冷蔵庫、もしくは常温でも冷暗所に保管すると言うことを忘れないようにしてください。
ニンニク卵黄の保管方法についてご説明いたしました。

ニンニク卵黄|通販で人気サプリを徹底比較した結果おすすめはコレ!|ニンニク卵黄123



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ