2012/10/23

IT関連の資格  

IT関連の資格はとても多彩です。
マルチメディア検定、Webデザイナー検定、ホームページ作成検定、パソコン検定、ディジタル技術検定、C言語プログラミング能力検定、シスコ技術者認定などなど。年齢がネックとなって、取得をあきらめてしまう人が多いかもしれませんが、20代後半ならばまだあきらめることはありません。
未経験者でも、挑戦できる資格がたくさんあります。
取得することで、在宅で仕事ができる資格もありますから、女性にもおすすめです。
独学では難しくなりますが、ネットを使って、低料金で学べる講座がたくさんあり、サポートを受けながら学習ができます。
0

2012/10/1

子どものわきが  

わきがのにおいは、思春期になると強くなると言われていました。
小学校低学年ではまったくにおいがしなかった子どもでも、小学校高学年になってからわきがのにおいがするようになるのが一般的でしたが、現在では、わきがのにおいがしてくる年齢が低年齢化しています。
これは、発育が良くなったことが関係しています。
子どもの頃に手術を受けるかどうかですが、まだ身体やアポクリン腺が十分に発達していない状態で手術を受けても、またにおいが強くなりますから、子どもが小学生や中学生で手術をすることは、避けたほうがいいでしょう。
子どもがにおいを自覚しているか、という問題もあります。
子どもが自分で、においをなんとかしたい、と思うようになったら、手術を本格的に検討するようおすすめします。
0

2012/9/7

司法書士の資格  

"司法書士は、難関資格と言われる資格のひとつで、10年かかって合格する人もいるほどです。
司法書士は独学での合格は難しく、短期間で合格するためには、資格のスクールを利用すると効率良く学習することができ、短期間での合格が期待できます。
司法書士の試験は例年7月に筆記試験がおこなわれ、筆記試験合格後、10月中旬に口述試験を受けることが可能となります。
試験に合格したら、登録をして初めて司法書士と名乗ることができます。
難しい司法書士の試験ですが、裁判所事務官や裁判所書記官、法務事務官、検察事務官として10年以上の実務経験がある人と、筆記試験合格者は、筆記試験の科目免除が受けられますから、かなり有利です。"
0

2012/7/23

自宅で開業できる資格  

"自宅で開業出来る資格は、行政書士、司法書士といった士業の事務所や、茶道、書道、フラワーアレンジメント、鍼灸師などがあります。
どこにも属せずにフリーでやるなら、FPや小規模でも、自宅を事務所としてできる資格はほかにもあります。
事務所を構えることなく、在宅でできる仕事もあり、外で働けない人にとっては、かなり取得するメリットが大きいものです。
すぐに開業することが難しい資格もあり、一度は修業する気持ちで、就職したほうがいい場合も出てきます。
自宅で開業すると、経費がかからないこと、最小限の設備で済むこと、人件費がかからないことなどがメリットです。
介護が必要な家族がいる人や、子どもが小さくまだ外で働けない女性にとっては、自宅で開業できる資格を取得していたほうがなにかと便利かつ有利になるでしょう。"
0

2012/2/7

宅地建物取引主任者資格試験 平成23年/過去問題13  

宅地建物取引主任者資格試験 平成23年/過去問題13

【問13】 建物の区分所有者等に関する法律(以下この問において「法」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

【1】管理者は、利害関係人の請求があったときは、正当な理由がある場合を除いて、規約の閲覧を拒んではならない。

【2】規約に別段の定めがある場合を除いて、各共有者の共用部分の持分は、その有する専有部分の壁その他の区画の内側線で囲まれた部分の水平投影面積の割合による。

【3】一部共用部分に関する事項で区分所有者全員の利害に関係しないものは、区分所有者全員の規約に定めることができない。

【4】法又は規約により集会において決議すべきとされた事項であっても、区分所有者全員の書面による合意があったときは、書面による決議があったものとみなされる。



資格、インターネットのお話しが多いブログです・・・
yougiriのブログhttp://yougiri.blog.drecom.jp/

【正解】3
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ