勉強十カ条  高校受験



高校受験を乗り越えるためには、
子供自身の心構えが大事です。

受験生のための勉強十カ条というのがあります。


1.学習の目標と計画を立てよう
1日・1週間・1カ月ごとの学習計画を立てる

2.「明日から」はやめよう
明日からではなく今日から始める

3.「もう手遅れだ」はない
最後まであきらめないことが大切

4.学ぶ習慣を身につけよう
自分で決めた時間で勉強

5.努力を継続しよう


6.勉強方法を工夫しよう
効果的な勉強方法が大事です

7.かっこ悪い努力こそかっこいい
分からない所から逃げずに理解する努力

8.精神を集中しよう


9.手で書いて記憶しよう
地味な努力も必要です

10.いたずらに責任転嫁しない
勉強は他人事ではなく、自分でやることです


 

学習の質  高校受験


たとえ偏差値が40以下でも2カ月あれば
成績をアップさせることができます。

学力アップには勉強の質が重要になります。

現在勉強が苦手な子供でも
成績が上がる潜在能力を持っています。

成績アップの正しい勉強法をしませんか?

詳細はこちら ↓↓



 

そもそも受験とは?  高校受験



日本では高校卒業後、
大半の人が大学・短大・専門学校へ進みます。

こうしてみると日本の子どもたちは、
幼稚園受験に始まり、
小学校受験・中学校受験・高校受験と、
受験だらけの生活をしているような感じがします。

ある番組で、成人の儀式として「バンジージャンプ」
をする共和国の様子が流れていました。

この番組を見ていて、
「もともと高所恐怖症だったらどうするんだろう?」
とか、考えてしまいました。

バンジージャンプができたら成人、
ではその成人が狩りがまったくできなかったら?…

バンジージャンプも受験勉強も、
その人物の一面しか
評価していないと思ったのです。

日本において、受験勉強で勝ち残った者が
その時点で評価されます。

しかし、それは一過性の評価であって、
その人物本来の評価ではないのです。

でも…受験勉強で勝ち残ったという
付加価値を付けることで、
自分の評価がワンランクアップすると
考えられているお国柄が
ここには存在しています。


 

能力アップ〜朝食〜  高校受験



私たちの脳は、
睡眠中でも活動を
中止することはありません。

そのため私たちが眠りから目覚めた時、
脳の活動源であるブドウ糖は、
ほとんどなくなっている状態にあります。

そこで脳の能力アップをさせるために、
朝食が重要な役割を果たしているのです。


朝食をしっかり摂ることで
エネルギー源を取り込む…
ご飯・パン・卵・乳製品・納豆・ハム等々。

朝食は昼食までの
活動源になることはもちろん、
集中力・記憶力を高めるために
必要不可欠なのです
(脳の能力アップの源にもなります)。

しかし、朝食なら何を食べてもいい?
というわけではありません。

糖分(甘い物)ばかりを摂ってしまうと、
逆にエネルギー切れを起こし、
脳の能力アップにも減退を生じさせます。

バランスよくしっかり朝食を摂ることが、
1日の活力源にもなり
脳の能力アップにも繋がるのです。


 

勉強方法  高校受験


もしあなたのお子様が優秀で、

高校受験には自信があるというなら

このページは読む必要はありません。



けれども、

「志望校に合格するには成績が足りない」

「担任の先生に希望校は難しいと言われた」

「今の勉強で本当に大丈夫なのだろうか」

など不安があるなら

このままお読みください。


子供の学力向上には

「子供のやる気」「勉強の質」「勉強の量」

この3点が大事なのです。


マニュアルでは、


センスやひらめきなど必要ない

数学の解法を伝授します。



日本人だからできる

英語の学習方法を教えます。



社会は暗記に頼らずに、

地理、歴史、公民の

勉強のしかたの違いを教えます。


安心の全額返金保証もあります。

詳細はこちら






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ