早漏になってしまう人の特徴  
男性の下半身の悩みとして特に多いのが短小、包茎、早漏の3つです。
この中で関係が深いのが包茎と早漏です。

包茎だと普段、亀頭部が露出していないため刺激に敏感になってしまいます。
これが早漏の原因の1つになってしまう場合があります。

仮性包茎の場合は、清潔に保つことで性交渉に問題はありません。
包茎であることよりもコンプレックスに思ってしまうことのほうが問題と言えます。

勃起しても包皮が剥けないカントン包茎の場合は、
そのままでは勃起した時、痛みなどが出て苦痛でしょうし、
性交渉もむずかしいと考えられますので専門家に相談することをオススメします。

さて、本ブログのメインテーマである早漏ですが、
早漏は大きくは3種類のタイプに分類することができます。

(1)挿入してから数秒または1〜3分程度の短時間で射精してしまうタイプ。
(2)性行為の最中に10回程度のピストン運動で射精してしまうタイプ。
(3)射精を全く我慢することができずに射精してしまうタイプ。


(1)と(2)のタイプの早漏は、ほぼ同じタイプと言えます。
時間的に見た場合と回数的に見た場合の視点の違いとも言えます。

(3)の射精を我慢できないのは早漏では当たり前と思うかもしれえませんが、
ほんの些細な射精したい感覚でも我慢できず、
射精してしまうかどうかがポイントになっています。

一般的には早漏はこのように分類されていますが、
精神状態などが関係するため混合型やその時によって、
タイプが変わる場合も多々あります。

ただし、短時間でもあなたも相手の女性も満足を感じているのなら、
それは相性がよいからであって早漏とは違うのかもしれません。

互いに満足できているのなら「自分は早漏なんだ」と悩み過ぎないことが肝心です。

では、早漏になってしまう人(思い込んでしまう人)の特徴を挙げてみます。

(1)過去の女性との性交渉で女性に傷つけられた経験がある人
(2)早く射精することを意識し過ぎている人
(3)性交渉時にひどく緊張している人
(4)包茎の影響で刺激に敏感な人


…などがあげられるでしょう。

ちなみに(3)の性交渉時にひどく緊張している人の場合、
早漏になる場合とイケなくなったり、遅漏になったりする場合もあります。

早漏の多くは包茎などによる物理的な刺激に弱い場合を除いて、
多くに場合、精神面での影響が大きくなっています。

精神面の不安、緊張、羞恥心などは自律神経のバランスを乱し、
交感神経をひどく刺激してしまい脳が間違った司令を出すことで、
短時間で射精してしまうことが1つの原因といえるかもしれません。

早漏をはじめとする下半身のコンプレックスで、
恋愛や結婚ができないなんてとてもモッタイナイことです。

きちんと対処することで、
女性との関係を避けるのを、もう終わりにしませんか?





早漏改善14日間実践プログラム 動画と文章で解説!!
0

 

早漏についての噂に惑わされないこと  

早漏についてはいろいろなことが言われています。
しかし、そこには本当と嘘の話しが入り混じっていますから注意する必要があります。

例えば、早漏の改善方法として温冷浴法というものが紹介されています。
温冷浴法というのは冷水と温水で交互に冷やしたり温めたりする方法です。

これは筋肉の疲労などには、とても効果的なのですが、早漏の克服法としてはあまりお勧めできません。
なぜなら、局部に行う温冷浴はEDを起こす原因になりかねないという話があるからです。


また、グッズなどで早漏を克服しようとする場合も注意してください。
ジェルなどで感度を落とすことで早漏を克服などというのは意味がないことは明白です。

感度が落ちれば確かに持続時間は伸びるかもしれませんが、
相手も同じように感度が低下してしまうことも考えられるからですね。

早漏の原因は多くの場合、脳と神経の問題と言えます。
つまり、心の働きにより脳や神経が過敏になってしまっているわけです。

また、心には意識していることが大きく見えたり感じたりという特性がありますので、
早漏を気にすればするほど、ストレスや緊張感から早漏になりやすくなるという悪循環を招いてしまいます。


早漏を治すには枝は末節にこだわるよりも、根本に着目することが大切です。

あなたは巷の誤た早漏の話に惑わされていませんか?


↓↓↓↓↓
早漏改善14日間実践プログラム 動画と文章で解説!!
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ