JA7FYF/AC6XT Amateur Radio bLOG

 

カレンダー

2014年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ja7fyf
JA0DXZ 上田さん、こんにちは。
私のQRP+は、電源極性(バッテリー)を逆につないだので、終段FETが短絡したので、全く動作しなくなりました。テスターの抵抗レンジを電源線を測定して確認できました。

しかし、上田さんの出力が出ないが、受信は出来るのでしょうか? この受信ができると仮定したら、FETの電源電圧はOKでしょうか? 回路図では、TX基板となって、一番下にあったと思います。Q9 FET(IRF510)はケースに直接ネジ止めされていませんか? FETの入力はOKでしょうか? 出力が出ない原因を順番に負う必要がありそうです。 ja7fyf atmark jarl.comへメールを下さい。直接返信いたします。今年の10月までモロッコ・アサへ出張中でQRP+の現物を確認できないので、記憶をたどってご返事さしあげています。一部間違いがあるかも知れませんのでご承知おきください。73
投稿者:上田 芳克
私もqrp plusを使用していましたが、出力が出なくなりました。図面を視るとj310(FET)ではないかと思います。ケースを開くと上の基盤だと思いますが
教えて下さい。よろしくお願いします。
コール JA0DXZ
teacup.ブログ “AutoPage”