9月にはダムに沈む胎内川  アウトドア

メンバー;3名
ルート;奥胎内ヒュッテ〜胎内尾根600m付近〜奥胎内ダム入渓〜滝沢出合い手前BP〜池平峰南尾根〜池平峰〜奥胎内ヒュッテ
期日;2018年8月4〜5日前夜泊
日程;8/3(金)21:00上尾-25:00道の駅胎内
8/4(土)5:40PB〜7:19奥胎内ヒュッテ〜9:01胎内尾根600m付近〜10:15奥胎内ダム入渓〜11:46  楢の木沢出合い〜13:31作四郎沢出合い〜14:00薬研沢出合い〜15:30滝沢出合い手前BP
8/5(日)5:50BP〜6:11滝沢出合い〜池平峰南尾根〜8:25池平峰〜11:45奥胎内ヒュッテ
 
 8月3日(金)沢を始めたころから行ってみたかった胎内川である。それもいよいよ今年の9月にダムに入水とのこと。最後となる胎内川下部だ。声をかけてくださったNさんは、前回のガンガラシバナで半月板を負傷し不参加となってしまったことは、とっても残念であるが。Nさんには申し訳なく思いながら、私の心のうちはワクワクでこの上ない。今年は、念願の沢を2本実現することになったわけであり、飛び跳ねたい気持である。それも2,30台の若手に混ぜていただき、気楽な極楽山行である。私が足を引っ張らないように荷物を最小限に減らし、それでも老眼とおぼつかない爺さんにはスピードを上げることはできないのでそこそこくっついていければいいかな〜なんて、勝手に解釈しての動向だ。この考えが爺さんなんだよな〜と思いつつ、まっいっか。家まで迎えに来てくれて出発だ。運転も手を出すこともなく、後ろで気持ちよくうとうと。遠い遠い胎内にはあっという間に着き、道の駅で入山の祝杯をあげるときは肌寒いくらいで、関東の危険な暑さを思い出すこともなかった。         
8月4日(土)周りはキャンピングカーばかりで、定年を過ぎた方々が放浪を楽しんでいる様子だ。「クライミングかい?」と声をかけてくる方の車にはシーカヤックが乗せられており、やはりその筋に興味があるIさんと話があったようだ。さて、我々はもう出会うことのない胎内に向かわなければならない。空は晴れ渡り、陽が登りごとに温かさが増していく。いや、夏らしい暑さが蘇ってくる。進む道路は明るく開けており、ゴルジュの続く沢が待っているとは思えないくらいだ。奥胎内ヒュッテの駐車場に車を止めて、胎内尾根を登る。補修されたピカピカの吊り橋を一人ずつ渡り、ダムに向かう辺りでトラバースをしながら下降点を探したが、トラバースをさせてくれる余裕は全くなく、やはり600m付近を目指して尾根を登った。下降を開始すると、すぐに水跡が出てきて、大倉沢からダムの底になる泥が溜まった河原に出た。いよいよ最初で最後となる胎内の一歩を踏みだす。すぐにゴリュジュが始るが明るい。メジロアブに歓迎されながら、腰まで浸かって渡ったりヘツリったり、汗だくになっていた体には気持ちよい。だんだん狭くなってくるが、明るいゴルジュだ。いよいよ泳ぎながらゆったり流れる水流に向かっていく。楢の木沢出合いに着くころにはすっかり体が冷やされ、手がしびれてくる。温められた岩に腰を下ろし手を置いて体を温める。雨蓋に入れた会ったペットボトルの水分はお湯になっていて助かる。川幅いっぱいに広がる沢の中をうねる先にドキドキしながら進む。作四郎沢の出合いで一休みである。体を十分に温めて続くゴルジュに向かう。にせ浦島がどれなのか、どこまでも続きゴルジュにどれだかわからないような気もするが。広い淵に深くて狭く注ぎ込むゴルジュに出会う。これまでIさんがトップを行っていたものの、メインとなるであろうこの場面をU君に譲る。Iさんは泳ぎが好きなようで、わくわくしているところなのだろうが。期待どおり、いやそれ以上にU君の泳ぎは速かった。そのスピードに歓声が上がる。ぐいぐい水流を分けて腰までのところまで行くと、続き我々3人を1本のロープで一気に引き上げてくれた。若い力は大したものだ。薬研沢の出合いを過ぎ側壁が迫るこれが浦島だろうところを腰までも浸からずに通り過ぎ流木が横たわった2mもない堰堤のようなダムを右から越える。そのあとは河原となり、多少浸かりながらも、照り付ける日差しに体を温めながら進む。途中、雪渓跡があったが、今年は雪が少なかったので溶けてしまったようだ。滝沢出合いを目の前にして、いい幕場があったのでこの日の行動を終了しする。木を集めて火を点けるとあっという間に大きな焚火となった。木もからからに乾いている。SさんとU君は釣りに行くがどうも釣果には至らなかった。焚火を囲んで祝杯をあげる。これまで親しまれてきたこの沢に、またこの機会に来ることができた仲間たちに乾杯である。だんだん暗くなっていくが、下るようすを見せない空には星が広がっている。私は焚火の脇で、まだ濡れている服を乾かしながらにごろりと横になって寝た。2時半ごろになると寒くなったので、ツェルトに潜り込むととても暖かかった。       
 8月5日(日)明るくなり始めたので外に出るとIさんとSさんがすでに起きていた。まずはコーヒーを入れながら沢靴を履き、準備を進めた。天気はまだ晴れている。しかし、今日は日本海側から寒気が入って雨の予報だ。かなり荒れるようなので、滝沢出合いから池平峰に向かう尾根を拾って行くことにした。朝の準備を済ませさあ出発。すぐに人泳ぎして、温まっている体には冷たく感じたが、そのあとの尾根歩きを考えればちょうどよい。滝沢の出合いには、赤テープが下がっていて、尾根への道が記されていた。釣り屋がここまで来ているようでわかりやすい踏み跡とテープが道案内をしてくれた。徐々に雲が出てきた。どんどんこうどを上げ、ちょうど池平峰のピークに出た。ダムに水が溜まってもここから上部に入って行けそうである。池平峰から胎内尾根を下るがしっかり無味跡があり、途中ダムを見ながら下って行った。雨が近づき、白く煙るような雨が波を打つように降ったり止んだりしていた。ようやく、奥胎内ヒュッテに着くと、本降りとなったが、濡れたザックを車に押し込んで我々は温泉で汗を流した。
        記スーさん


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

安達太良山湯川  アウトドア

安達太良山・湯川
うっそー!もう梅雨明け

メンバー;2名
ルート;塩沢スキー場〜湯川〜八幡の滝(〜霧降の滝往復)〜塩沢スキー場
期日;2018年7月1日前夜泊
日程;6/30(土)21:30上尾-25:00道の駅安達
7/1(日)PB-6:45塩沢登山口-6:50入渓-八幡の滝-霧降の滝-八幡の滝-塩沢登山口-スカイピアあだたら-帰埼

期日;2018年7月1日前夜泊
日程;6/30(土)21:30上尾-25:00道の駅安達
7/1(日)PB-6:45塩沢登山口-6:50入渓-八幡の滝-霧降の滝-八幡の滝-塩沢登山口-スカイピアあだたら-帰埼
 7月1日(日)道の駅安達での目覚めも快適な朝。空は晴れ渡り、安達太良山の姿が目に沁みるほど眩しく美しい。関東は梅雨明けとなり、今年の夏は「沢に行かずしてどこに行く」と、言いたくなるような天気となった。安達太良山の沢の中では、湯川は人気の沢のようだが、登山道に沿っており、八幡の滝からくろがね小屋に導かれるので安心感はある。しかし、それは人臭く人里から離れて自然に中に身を置いて楽しみたいという遡行を期待すると、敬遠したくなるところでもある。今年は安達太良山の沢を探ってみようとトライしているので、登ってみることにした。入渓点は、自然林の中に水草で覆われた岩を縫って水がキラキラしているが。水は暖かい感じだ。ひたひたと沢を分け入っていくと、釜を持つ滝が出てくる。どれも快適に登ることができ楽しい。へつってみたり、胸まで浸かって歩いてみたり飽きさせない。時折、硫黄の匂いがする。さすがに魚影はなかった。三段滝、屏風岩、相恋の滝と景勝地を迎えると、ゴールの八幡滝である。ここからくろがね小屋への登山道と合流する。さらに、霧降の滝へと足を延ばす。どこまでも続くスラブ滝は美しくもあり、スリルもある。右脇にはトラロープがフィックスされていた。みごとな霧降の滝を仰いで自然浴をし心が洗われたような。さて、スラブの下降はドキドキするがトラロープやブッシュに捕まり、八幡滝に戻る。快適な沢を終了して登山道を下った。帰りはスカイピアあだたらで汗を流し、暑い暑い夏の1日を終え帰埼した。
記スーさん
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

矢筈岳;今早出川ガンガラシバナ〜割岩沢 念願のガンガラシバナとジッピ  アウトドア

メンバー;3名
ルート;一ノ俣橋〜一ノ俣沢〜一ノ俣乗越付近〜赤ッパ沢隣の沢〜今早出沢〜ガンガラシバナ〜下矢筈岳〜ドゾウ平沢〜割岩沢〜今出〜今早出沢〜赤ッパ沢〜一ノ俣沢〜一ノ俣橋
期日;2018年7月21〜23日前夜泊
日程;7/20(金)19:30上尾-24:30御神楽岳登山口バス停
7/21(土)5:40PB一ノ俣橋〜8:43一ノ沢乗越付近〜10:04今早出沢〜13:591魚止沢出合い〜14:57ガンガラシバナの手前BP
7/22(日)7:09BP〜7:26ガンガラシバナ〜10:06ガンガラシバナ上〜13:39稜線〜ドゾウ平沢下降〜18:11割岩沢ジッピ〜18:48 514m付近BP
7/23(月)6:39BP〜10:32今出〜12:22赤ッパ沢出合い〜14:01一ノ俣乗越〜17:14一ノ俣橋

 7月20日(金)気象庁から「危険な暑さ」と告げられ、毎日死者の状況が報じられ、今朝も外に出ることは控え、学校では郊外での活動は原則中止である。温暖化の危機感が濁流のように寄せてきている気がする。しかし、これから冷たい泳ぎを強いられる沢に向かう我々にとっては願ってもない暑さと言えるが。さて、初めて計画してからもう15年もたった。何回も書いた計画書も忘れ去られ諦めかけていたが、NさんとGWに約束できたことで、一気に計画が進展をした。まあ、年のように計画を立てていたものの、天気が安定せず実現してこなかったので、今年も可能性は3割と思っていた。しかし、今年はうれしいことに私の予測を裏切って6月から暑い夏がやっていた。ほっぺたを摘まみたくなるような気もちである。いい年になって、体力的な心配があり、釣りはNさんに任せ、この暑さにシュラフも持たず、荷物を減らした。コースも2泊3日、下矢筈手前でジッピに直行するというショートカットコースだ。急峻な壁に何が待っているかわからないが、早出川に足を入れるこのワクワク感をどれだけ待ったであろう。心配は沢遡行というよりも乗越である。ルートがうまく拾えるかである。一ノ俣沢から入り、大滝に出て手前の枝沢から巻き道があった。すぐ上でトラバースがあったが、そのまま直上し、尾根を目指した。下田川内は急峻である。それほど濃い藪ではなかったが、ようやく稜線に出て、眼下に広がる早出川の姿を見ると嬉しくなる。しかし、足元は一気に下っていて、ここを降りるのかとルート選びの間違えたか感があった。まあ、下っていけば本流に合流できるから、大きな滝に出会わないことを願って降りていく。なんとか、広々とした河原に出た。ついに今早出沢だ。延々と続く河原。雨が降らなけれがどれだけ穏やかなことだろう。きょうはどこまで歩けるのか、心配しながら進んでいくが、滝らしい滝はなく、途中で釣り屋パーティー2人に会う。尋ねてみると、申し訳なさそうに、「昨日から入って奥まで行ってきた」とのこと。魚影は濃いので心配されることはないのだが。どんどん進み、魚止め沢出合いからの水は雪渓が解けたようで冷たかった。そのまま奥まで詰めると、冷気が漂ってきた。ガンガラシバナの出合いの方から強大な冷蔵庫を開けたような冷気が流れてくる。さすがに、冷気の直下では寒くて寝られないので、少し手前に戻った。適当な幕営があり、流木や倒木のブナを切って焚火の準備をした。いよいよである。きょうはポトフを食べてゆっくり体を休める。冷気の中では夜の寒さにゆっくり寝られないので、タープにツフェルトを張り温かく寝た。空には天の川にアルタイルが輝いていた。              
 7月21日(日)冷気に包まれた今早出沢のどん詰り。大滝を前に雪渓を歩きガンガラシバナへ。取り付きは微妙な草付きトラバースだったが、次は右に左にと自由に登り、最後の1ピッチまで快適にノーザイルで登る。そして、草付きからザイルを引いて30mいっぱい灌木でフィックスを張り、セカンドが登ってくる間に10mもう一つ上まで補助ロープを伸ばす。そのまま落ち口に滑り込みガンガラシバナを上から一望した。快適なスラブ登りに気をよくしたが、本番はここからだった。いくつもの雪渓が待ち受けいていた。テンションが上がる。こうでなくては面白くない。雪渓を登ったり下りたり潜ったり。そして、稜線を目指して藪を漕ぐ。これが楽しいと思えるのは・・・。生きているなー、呼吸をしているぞー。と実感できるひと時である。そして、稜線に立ち割岩沢やこの山域を見渡し、深く息を吸い込んだ。さて、しばらく稜線の藪を漕いでドゾウ平沢へと滑り込んでいく。この山行の核心はこの乗越にあると言えるのではないだろうか。雪渓の水で泳ぎ吠えた。目が覚め心躍る何かが蘇って気がするが、体はへとへとである。そして出合いえた割岩沢ジッピの感動は、こみ上げるものがある。ここにたどり着けた喜び。忘れられない。ジッピを見れば、泳いで中に入っていきたいところだ。しかし、もう16時。この歳では体を冷やせない。これまでの雪渓の水とは違って暖かいのだが。若いU君はまた来ることが出来るであろう。期待を残して下る。割岩沢の方が遡行には楽しそうだ。ジッピ付近には幕場はなく、下っていくと河原があってホッとする。焚火の準備をしていると、もう辺りはうす暗くなってきた。急いでNさんとU君がイワナを釣りに行く。ここで釣らなければいつイワナを食することができようか。暗くなる寸前に2尾。天ブラにしてフワッとした触感を堪能する。この沢の中に身を置き、遠い昔から営んできた暮らしの一旦を味わうことができた。疲れた体に焼酎が体に沁みる。焚火の脇で体が沈んでいく。             
 7月22日(月)下界に戻る時が来た。うれしいような寂しような。だが、まだ室谷に帰るには一ノ瀬乗越がある。だんだん無口になりながら、滑る岩で足を痛めたNさんはぐいぐい進んでいく。術後初めての2泊の沢となる私も、ゆるゆると後を追った。余裕かと思っていたさすがのU君も「疲れた」の一声に、壊れそうな私の気持ちを支えてくれたかな。いや〜〜〜楽しかった。生きていることをあらためて実感できた。ありがとうございます。
           記スーさん
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

一ノ倉岳烏帽子岳奥壁南稜  アウトドア

2018年7月3日
4:30出合い〜5:37南陵テラス〜8:20終了点〜11:30一ノ倉岳〜15:00指導センター
5ルンゼの頭が浮き石が多くて緊張した。ロープがあった方がよい。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

安達太良山湯川  アウトドア

梅雨明け。水に浸かってきもちがよい。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ