2016/9/21

映画  

 こんにちは。営業部のAです。

 先日話題の映画を見に映画館に足を運ぶ機会がありました。

 その時ふと映画館の成り立ちについて気になり調べたので
そのお話をさせていただきます。

 映画の始まりはトーマス・エジソンらが発明した1人で
覗き込むタイプの映画装置でその内容もコントや寸劇程度の
内容だったそうです。

 その後、リュミエール兄弟により多数の人間が同じ場所で
視覚的に共有するためにスクリーンに投影するタイプの
上映装置が生まれ、主にオペラハウス等で添え物程度の
上映がされました。

 そして世界初の映画館は1900年のパリ万博博覧会での
期間限定上映でした。

 その時の巨大会場、巨大スクリーンでの上映は現在の映画館の
形ができた最初の上映だったといわれています。

 その後はさまざまな改良が加えられながら様々な国で流行し
現在では全世界で10万ものスクリーンがあるそうです。

 少し調べただけでこれだけ奥が深い映画の世界ですが、
すべては映画を見る人を楽しませるためだけにできたものだと考えると
それだけで少し楽しい気分になります。

 そこまで深く考えながら映画を見る事はないですが、
そんなことを思いながら席に着くといつもより少しだけ映画館が
好きになるかもしれないですね。
0

2016/9/6

自動車リサイクルの森  総務係

 こんにちは
 石上車輌の総務係です!

 先日、当社の社員8名が美幌町にある
自動車リサイクルの森へ行ってきました!

クリックすると元のサイズで表示します
 
 2008年に、カラマツの植林を目的に美幌町と
協定を結び「自動車リサイクルの森」プロジェクトが
スタートしました。

 廃車1台につき1本のカラマツを植樹するこのプロジェクト
ですが、2008年に6ヘクタール、約1,000本から始まり
9年目の今年、累計で24.16ヘクタールで約48,000本が
植樹され大きな森へと広がっています。


 当日は小雨の中、美幌町役場の皆様をはじめ
当社の活動にご協力頂いている潟Gルバ北海道様、
竹内建設蒲l、潟Gーステック様にもご参加頂き、
植林調印式および植樹体験を行いました

クリックすると元のサイズで表示します

 調印式では、当社の小野専務取締役が
「今後も植林活動を続けていけるよう企業として
努力し、美幌町様と永くお付き合いをしていきたい」
とあいさつの言葉を述べ、美幌町長の土谷様に代わり
経済部長の矢萩様より「自動車リサイクルの森の活動が
全国に広がり、企業の環境活動のモデルになっている」
とのメッセージを頂き、協定書に調印しました。

クリックすると元のサイズで表示します

 植樹体験では、美幌町役場の方々よりレクチャーを頂きながら
当社を選んでくださったお客様への感謝の気持ちを込めて
カラマツの苗木を1本1本大切に植樹しました。


 カラマツ1本が20年間で吸収する二酸化炭素の量は
なんと150kgだそうです!!!

 自分の愛車がカラマツへと生まれ変わり、
環境保全に大きく役立っていると思うとなんだか
うれしくなりますよね 


 これからも皆様とともに地域に根差した環境保全活動に
取り組んで参りますので、今後も石上車輌を
よろしくお願い致します!


お車買取のことならこちら

植林キャンペーンのことならこちら
0
タグ: 石上車輌

2016/9/2

ドライブ  

 こんにちは、タイヤ課伏見店のNです。

 わたしは車を運転する事が好きで
最近は道の駅のスタンプラリーにはまってます!

 5月下旬から始めて、まだ30個くらいしか
集められていないのですが、今月は仕事の休みを
全部使って50個のスタンプを集めるのが目標です!

 遠出は疲れますし、ついお金も使ってしまいますが
楽しいことがいっぱいですよ!

 皆さんもぜひスタンプラリーやってみてください♪
0

2016/9/2

カメラ  

 こんにちは、車輌仕入係のKです。

 私は今年ようやくガラケーからiPhoneに
機種変更をしました。

 これまで、休日になるとカメラ片手に自転車で出かけて
いましたが、最近の携帯のカメラの性能の良さと
持ち歩きの良さからカメラの出番はめっきり減っています。

 しかし、携帯ばかり見ていないで廻りの風景などを
見ることも楽しいです。

 いつも車で通っているところを歩いてみたり
自転車で通っていると普段とは違う雰囲気を味わうことが
できます。

 皆さんも視線を上げて廻りの風景を楽しんでみることを
お勧めします。

 それでは台風も去ったので自転車でひとっ走りしてきます!
0

2016/8/26

ウサギ  

 こんにちは、経理課のKです。

 私は最近、人生初めてのウサギを飼いました。

 オスのミニウサギで、性格は少し臆病ですが
慣れると意外に人懐っこいです。

 ゲージから部屋に出すと元気に走り回ったり
ジャンプしたりする可愛い一面もあります。

 頭をなでている時の顔は天使のようで
キュンキュンします。

 ウサギが家に来てからは、癒される毎日です。

 犬・猫も魅力的な生き物ですが、
皆さんもウサギを飼うのはいかがでしょうか?
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ