2010/2/13




※詳細はこちらをクリック


あなたは、一度落ちた視力は戻らないと悩んではいませんか?

  クリックすると元のサイズで表示します

実は、私も30年以上前に同じ悩みを持っていたのですが、ある方法を実践することで視力が裸眼0.4から1.2まで回復いたしました。

そう、視力は回復するものなのです!!


しかし、その方法は万人に適する方法ではありません。時間がかかり忍耐を要しかつ場所を選ぶという・・・ダメダメ3兄弟が揃ってしまうそんなつらい方法・・・好きでもなければ続きません。


それは“毎晩、肉眼で星を見ること”です。

それを2年間、曇りや雨の日を除き、夏は蚊に刺され冬は木枯らしに震えながら続けた結果、勝ち得たものです。


“すばる”(プレアデス星団)おうし座の“角”の右上に輝く冬を代表する星団(私のお気に入り)
クリックすると元のサイズで表示します
ローマ時代の兵隊登用の視力検査は“すばる”が肉眼で5個以上見えると合格したとのこと・・・。


都市化が進んだ現在、夜間街の明かりが邪魔をして星が見えないところが多く、実践したくてもできないのが現状です。

   ・・・では、視力を直すのに“転地療養”が必要?・・・
        
     全くそんな必要はありません。

30年前に私がやむなく行った方法を今実践することは、得策ではないでしょう。時代は変わり医療はものすごい速度で進歩しています。


実は、視力を簡単にそれも短期間で改善に導いているというすばらしい方法に出会うことができました。


※詳細はこちらをクリック


この方法を開発された方は、名古屋で眼科クリニックを開業している現役の眼科医師で、年間におよそ2万人の患者さんを診察されています。

彼は、患者さんを治したいとの一念で、診療の傍ら長年視力回復の研究を続けてきました。患者さんの話をよく聞き、一つひとつの症例に対して研究と考察を積み重ね、

       「どうして近視になるのか?」
       「どうすれば近視にならないのか?」
       「どうすれば視力が回復するのか?」

という基本的なアプローチを経て、ようやく以下の結論に達したそうです。

“近視と脳の働きは密接な関係にあり、脳の働きを改善すれば、近視も改善できる!”

クリックすると元のサイズで表示します

そのノウハウとエッセンスを凝縮し纏め上げたのが、“目からウロコ”方法で、短期間にすばらしい成果を上げています。

ポイントは、

○ めがねやコンタクトは矯正具と捉え必要以上に使用しない

○ 短期間で改善してくる

○ 場所を選ばず、忍耐は全く必要ない

○ レーシックのようなオペを必要としない

という点です。


30年前にこんなすばらしい方法が知ることができれば・・・と思うと、うらやましい限りです。

めがねやコンタクトの要らない生活、それはすばらしいものです。

ぜひ勇気を出して一歩踏み出してください。

本当の自由が待っています。



本部千博、僅か3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法、口コミ、方法、レーシック、手術、トレーニング、内容、感想

※詳細はこちらをクリック
0

2010/2/12

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ