2009/2/10

1/15はこれを食べるぞ〜  台湾の胃袋

旧暦お正月は、一月の15日までです。
12/31は大晦日で、そして初一、初二の順で十五まであります。

初一:大晦日の夜中11時、12時ぐらいから祝う花火の音が絶えない。
   近年は少なくなってきたけれど。
   その由来は「年獣」という想像上の化け物を爆裂音で追い払うためだそうです。
初二:嫁になった娘が実家に帰る日で、「回娘家」(Hui2 Niang2 jia1)
   いつもUターンもひどい日です><;
   なので、うちはいつも逆操作で翌日にします。
初五:商売を再会する日、「開市」(Kai1 Shi4)
   大抵のお店はこの日から開きます。
   早い所で初四からのもあります。
初九:ハッカ(客家)はこの日に天を祭ります。「拝天公」と言います。
   台湾では閩南/客家/原住民/中国からの外省人など、様々な人の集まる所です。
初十:立春。
初15:元宵節。この日に提灯をあげ、縁起物の元宵も食べます。

さて、「元宵」ってどんな食べ物なのか?
一言いうと、中身ある白玉ですね。

元宵の見た目は「湯圓」と似てて、素人の瓜ボウにとってほとんど一緒です。
面白いことは、普段スーパーでは冷凍「湯圓」を売ったり、
皆もたまに食べたりしますが、
「元宵」なら、この時だけ食べますね。
12/15「冬至」は湯圓が定番だけど。

元宵は、湯圓より柔らかくないけど、もっともちもちして食感がいい。
両方ども中身バラエティーです!
ごま、ピーナッツ、小豆、桂花、それに豚肉!
これらは決まり味です。
近年もカボチャ、抹茶など、体にやさしいイメージのも登場しました。

元宵は餅米で作った物です。
豆乳のように、餅米を米汁にしてから、乾燥させ、餅米粉までします。
その乾いた粉で元宵を作ります。

おいしいけど、カロリーが高い!
一個卓球の大きさぐらいの元宵は80kalもあるそうです。
恐ろしい〜〜

日にちが近づいてきたので、各老舗がどんどん出している様子です。
今日もこれから購入する予定です〜!
0

2009/2/7

旧正月  台湾物知り

台湾では旧暦のお正月を過ごします。
なので、毎年日にちは違います。
今年の大晦日は1.25(日)で、
社会人に嬉しい9連休となります。
帰省して、家族と団欒の時間で、
大晦日の夜(中国語「除夕夜」と言う)
には豪華なご馳走欠きません!

お決まりもあります。
魚→  「年年有魚」来年も余まるほど豊かに
ミカン→「大吉大利」吉とリッチになるように
大根もち→「歩歩高升」仕事うまくいくように

旧暦の12・15/16は「尾牙」という(名前はちょっと怖い?)(笑)
会社ではその日に従業員にご馳走する日で、
一年間の疲れを慰労する意味。
首にさせたい従業員に、
鳥の頭(鶏頭)をその人に向かって盛り付けしたりします
(台湾では鳥は丸ごと出す傾向があります)
今はもうないけど、
尾牙の時に「鳥の頭」に指されないように皆緊張感を持って、
慣用語にもなります。

一般的には、尾牙に会社はかなりいい賞品を用意しています。
昔(景気よかった時)車とか、冷蔵庫、テレビとか家電製品もあったぐらい。
今はデジカメとか、携帯とか、ギフト券は主流かな。
大手会社では、有名な芸能人を招く傾向もあります。
芸能人も尾牙でかなり儲かります。
今年厳しいから、その予算を削る会社も少なくない。
それでケース減ったり、
合せて費用を減らされたりする芸能人も多くなっています。

厳しい年末ですね。
0

2009/2/5

遊園地始まり!  

瓜ボウ。ブログ始まりました。

猪の子は俗称瓜ボウで、甜瓜猪(まくわじし)ともいう。
面白いなあと思って、タイトル採用に決定!

まくわ瓜はメロンの変種なので、甘い。
人生は長い辛い道で、嵐吹雪もあるけど、
瓜のように、スイートな心を持って努力して生活していこう〜!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ