〜以学館の徒然記〜

以学館を開校致しまして8年目を迎えました。
教室に通って下さった皆様、関心を持って問合せて頂きました多くの方々に厚く御礼申し上げます。

HPの表紙からだけでは分らない教室でのエピソードや塾長の思いなどを綴ってみたいと思います。

 
以学館ブログは
こちら
へ移動しました
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:igakukan
建築家というお立場でありますれば、尚更、万感の想いがおありでありましょうね。。


日本の国は、進歩という名の元に、もっと大切なものを置き忘れておりまする。単なるノスタルジーと、伝統や文化の継承は違いまする。経済効率を優先し、安易に歴史あるものを切って捨てることは、人類としての後世への責任を放棄していることに他ならぬと思うのであります。

企業や組織は(それが大きければ大きいほど)、余計な事(今の場合で言えば保存や人間としての意義・本質)を口にする輩は不良社員であります。上だけを見て「雑音」に耳を傾けぬ者が、会社の役に立つ人間であります。

しかし、最近つくづく思うのでありまする。
魂を売って手に入れた地位や金の、あな浅ましきかを・・。
投稿者:Roberto
三信ビルの件は本当に残念です。

2年前に同潤会青山アパートが壊されたときには、あまりの風景の変化にあきれてしまいました。建て替えられた建築は、安藤忠雄をしても青山アパートには遠くおよびませんでした。

僕が東京にいた13年間にも、多くの近代建築が失われるのを見ました。創り出した人々の情熱と時代の空気を感じさせる豊かな建物が...そして代わりに建てられたものはいずれも、元建築のように美しくはなく、誰がつくったのかわからないような無味乾燥なものばかりです。
イタリアなら、築70年なんてまだまだ新築みたいなものなのに。

一定期間を過ぎた建物は専門家に診断を義務づけ、建築としての価値が高いものには固定資産税を優遇するかわりに、解体に対してリサイクル税を掛けてはどうか。

定期的なメンテナンスを促進し、建物の寿命を延ばし、サスティナブルな都市インフラとするための政策が必要ではないでしょうか。

経済に逆行していますけど...

http://blog.drecom.jp/roberto/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ