2017/4/15

里山の春!  風景

今週末が最後の花見のチャンスなれど、家族の行動が合わずやむをえずお出かけは断念。

今週末、ここ奥武蔵の里山も桜を初め春の花々が咲き乱れ、天気も上々なので散歩がてらひとり花見をしました。

この時期のご近所散歩は、たくさんの花々が見られて歩いていてもとても気持ちいいです。


名栗川の山桜
クリックすると元のサイズで表示します

           唐竹橋からの眺め


クリックすると元のサイズで表示します

          見事に咲いた、ミツバツツジ

色鮮やかです。
クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

              水 仙


満開の桜
クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

            桜 と 鯉のぼり


レンギョウ(連翹)の大木
クリックすると元のサイズで表示します

    色鮮やかな黄色い花が、ひときわ目立っています。


ピンク色の桜
クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

              山 吹


巣箱
クリックすると元のサイズで表示します

         そっと覗いたが、鳥はいなかった。


クリックすると元のサイズで表示します

            ツツジ と 桜


見事な枝ぶりの桜
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

              水 仙


クリックすると元のサイズで表示します

             桜・桜・桜

クリックすると元のサイズで表示します


石原橋の双子桜
クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

           ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)

ヨーロッパ原産の帰化植物で、よくそこいらの道端で見かけますね。
在来種のホトケノザ(仏の座)との見分け方は、葉っぱの違いで覚えるのがこつです。
ヒメオドリコソウの葉っぱは、逆三角形で葉先がぎざぎざで折り重なっています。ホトケノザの葉っぱは、楕円形で葉先が尖ってなく丸く葉っぱと葉っぱの間が空きます。さあ貴方も今日から植物博士!

そこで宿題!
良く似ている花に、街路樹で見かけるハナミズキ(花水木・・白花 アメリカヤマボウシ)と在来種のヤマボウシ(山法師)がありますが、どこを見ればどちらの花かわかるかなー。


1
タグ: 奥武蔵

2017/4/9

庭の彩り!  園芸花

冬籠もりしてたので、ブログ投稿も本当に久しぶりになってしまいた。

アガサ・クリスティの傑作推理小説「そして誰もいなくなった」のもじりじゃないですが、「そして誰もみなくなった」にならにように投稿して行きたいと思います。

今週末は、花見に行く予定でしたが、あいにくの天気で花散らしの雨になってしまい、寒いので断念しました。

結局ホームセンター(カインズホーム)にカー用品・洗車用品を買いに行って、”びっくりドンキー”でハンバーグランチして週末が終ってしまいました。

お天気は雨ですが、今まで冬枯れ状態だった庭にも「ユキヤナギ」や「レンギョウ」や「スズラン」の花が咲いて彩り豊かになって来ました。

ユキヤナギ(雪柳)
クリックすると元のサイズで表示します

きちんと剪定して、柳のように花を咲かせればもっと綺麗になるのですが・・・


クリックすると元のサイズで表示します

             レンギョウ(連翹)

英名「ゴールデンベルズ(金の鈴)」とよばれ、春を待っていたかのように鮮やかな黄色い花を枝いっぱいに咲かせることから、「希望」「期待」などポジティブな花言葉がたくさん付けられていますね。


クリックすると元のサイズで表示します

         スズラン(鈴蘭)・・・君影草


クリックすると元のサイズで表示します



芝桜
クリックすると元のサイズで表示します

秩父の羊山公園の「芝桜の丘」を観に行ったときに買って来て庭に植えましたが、中々増えないです。

1
タグ: 庭の花

2017/4/1

新しい車が来た^^。  

10年6ヶ月、165.000Km乗った車を代替えし、今日、4/1が納車日になりました。

代替え車は今、大人気の日産の新型NOTE(ノート)にしました。

今度の車は時代を反映させ、エマージェンシーブレーキ(緊急自動停止装置)・アクセルペダル踏み違え防止・走行車線逸脱警告装置・ABS+VDC(車両横滑り制御装置)・バックビューモニターと各種の安全運転支援装置を充実させ、加えてドライブレコーダーとETC2.0(国交省推薦ユニット)を装備しました。

これで、また”高齢者ドライバーが事故”なんて、新聞やTVニュースに掲載されることがないかあー


フロントマスクのVモ-ショングリルが精悍な、日産の新型NOTE
クリックすると元のサイズで表示します

ナンバーは、任意選択制度利用し、77-77・11-22(いいふうふ)・11-23(いいにっさん)などを考えましたが結構見かけるので、55-23(ごーごーにっさん)にしました。3桁の532 → 523だったら最高だったのですが・・・これは選べないからしかたないですね。


エンテリヤ・・・ステアリングにオーディオ&スマホON/OFF操作SW付き
クリックすると元のサイズで表示します

旧車に吊ってありの煙で汚れた”ロペ人形”も、洗濯され綺麗な姿で再度吊り下げました。・・・今度の車は家族から禁煙を厳命されましたが、コンビニで吸えるからまあいいか!

夜、LEDヘッドライトを点灯すると明るくイルミが綺麗で、昔から「車と○○〇は新しい方がよい」と言いますが、まさしくその通りですね


1
タグ: 新車

2017/1/7

初詣  寺社

松の内の1月7日(土)、JR品川駅の高輪口(東口)にある品川プリンスホテルへに行き、兄妹のお祝いの食事会をした後、港区芝大門の「増上寺」で初詣をし、久方ぶりに東京タワーへ行き大展望台から都内の風景を眺めて来ました。

芝大門の増上寺は、上野の寛永寺と並び徳川幕府(家)の菩提寺として知られていますね。私も東京タワーへは何度か来た記憶があるのですが。増上寺へは来た記憶がないです。

JR浜松町駅から増上寺へ向かってしばらく歩くと、芝の大門(今は改装工事中でした)が見えます。更に進むと山門と背景に東京タワーが見えます。

山門をくぐり大殿(本堂)で初詣の後は、境内を少し散策し観音山(増上寺の裏手、東京タワーが立っている所の旧地名)に向かい、東京タワーの大展望台に登り都内の風景を眺めを楽しみ、それぞれ家路に着きました。


品プリ、Entrance
クリックすると元のサイズで表示します

       JR品川駅高輪口(東口)を出てすぐ。


クリックすると元のサイズで表示します

     鳳 舞・・2017年の新年の花(メインタワー1Fロビー)

華道家・前野博紀の作品で、酉年にちなんで鳳凰が舞立つ様をイメージして制作したと説明版にありました。


It is a lunch in HAPUNA
クリックすると元のサイズで表示します

         まずは"カニ”だあー。(3皿ペロリ)

クリックすると元のサイズで表示します

     ローストビーフ、白身魚のフリッター、シフードピラフ+サラダ

Cake of the dessert
クリックすると元のサイズで表示します

ケーキでGave up、フルーツはもう無理。次回は朝食抜きでリベンジ!


品プリのメインタワー1Fにある「リュックスダイニング・ハプナ」は、年間80万人が利用する人気のビュフェスタイルレストランで、ランチは70種・ディナーは90種類の料理が食べ放題で、藤沢に住む姉が2ヶ月前に予約を取ってくれました。

お腹一杯になった後、再び電車で芝の増上寺へ初詣に向かう。


芝大門・・公示中でした。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

大門から三解脱門(山門)まで108間(1間=6尺=1.82m×108=196.6m)あり、三門をくぐると108の煩悩から解脱する言われています。


増上寺の背景は東京タワーです。
クリックすると元のサイズで表示します

           三解脱門(山門)

元和8(1622)年、徳川幕府の助成により幕府大工頭・中井正清とその配下により建立、再建されました。増上寺が江戸の初期に大造営された当時の面影を残す唯一の建造物で、国の重要文化財に指定されており、戦災を免れた貴重な建物です。

手水舎
クリックすると元のサイズで表示します


日光猿軍団の猿芸が行われていて、人が集まっていました。
クリックすると元のサイズで表示します

             鐘楼堂

現在の鐘楼堂ほ戦後に再建されたもので、大梵鐘は、延宝元(1673)年にあまりの大きさに7回の鋳造を経て完成し(東日本で最大級)、江戸三大名鐘の一つに数えられています。
朝と夕べ、2回撞く鐘の音は、江戸時代の川柳に「今鳴るは芝(増上寺)か上野(寛永寺)か浅草(浅草寺)か」「江戸七分ほどは聞こえる芝の鐘」等と謳われ、庶民に親しまれたそうです。


大殿(本堂)
クリックすると元のサイズで表示します

山門から大殿(本堂)までは48間(87,4m)、18段と25段の二つの階段を登り大殿にて初祈願する。・・・「いいかげんに宝くじが当選するように」と願いました。

クリックすると元のサイズで表示します

戦災に遭い焼失した本堂は、昭和49(1974年)年、浄土宗大本山の念仏の根本道場として再建されました。


大殿(本堂)から三解脱門(山門)を望む。
クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

              安国殿

戦災で焼失した大殿の代わりに仮本堂としていた建物を、昭和49(1974)年、新大殿完成の折りに境内北側に移転し、御堂「安国殿」としました。老朽化のため、平成23(2011)年法然上人八百年御忌を記念し、新しい安国殿が建立されました。


大殿廻廊から眺める東京タワー
クリックすると元のサイズで表示します


鋳抜門
クリックすると元のサイズで表示します

            徳川将軍家墓所

現在の大殿南北(左右)に建ち並ぶ壮麗な旧徳川家霊廟は、戦災にて焼失してしまい現在の場所のに改葬されました。
埋葬されているのは、二代秀忠、五代将軍兄弟の綱重、六代家宣、七代家継、九代家重、十二代家慶、十四代家茂の6人の将軍の他、女性では将軍正室として二代秀忠夫人崇源院、六代家宣夫人天英院、十一代家斉夫人広大院、十三代家定夫人天親院、十四代家茂夫人静寛院の5人、将軍の側室としては三代家光の桂昌院、六代家宣の月光院など5人、その他、将軍の子女を含む計38人だそうです。


クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します

       ナショナルオレンジが鮮やかな、東京タワー


クリックすると元のサイズで表示します

      東京タワーのマスコット、”ノッポン兄弟”がお出迎え。


高さ333メートル
クリックすると元のサイズで表示します

Parisのエッフェル塔に比べ重厚差にかけるが、塔の美しさではひけをとらないです。


クリックすると元のサイズで表示します

        展望台直通エレベーター乗り場の正月飾り


地上125m(海抜150m)からの眺め
クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

             増上寺 全景


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



フットタウン3Fのお土産Shop
クリックすると元のサイズで表示します


池袋駅東口
クリックすると元のサイズで表示します

都営地下鉄・大江戸線大門駅から新宿駅へ、山手線に乗換え池袋駅へ、東口のビックカメラで「4代目ののデジカメ」を買う。


クリックすると元のサイズで表示します

更にロクシタンで、「プロヴァンス・フルーツ・ティー」を買って、西武池袋線の特急(レッドアロー号)で家路に着きました。



0
タグ: 増上寺

2017/1/1

謹賀新年  

明けましておめでとうございます。

Myブログご訪問(閲覧)の皆様、おだやかな幸せいっぱいの年になりますように、お祈り申し上げます。

今年もご訪問(閲覧)の程、宜しくお願い致します。


クリックすると元のサイズで表示します

       恒例、かにやの”干支プリン”と”干支饅頭”


*皆さん、昨日のNHK「紅白歌合戦」をご覧になりましたか? 昨日の紅白歌合戦ほど謎と言うか意味不明と言うか・・・タモリとマツコの行動がさっぱりでしたね。

それと紅組と白組の勝敗決定の仕方。・・紅組司会の有村なんか一瞬ポカーンとしてましたからね。

TV視聴者投票や会場視聴者投票で白組が圧勝にも関わらず、審査員投票の玉の数で紅組が勝利なんて理解に苦しみました。・・・放送中、TVリモコンの「赤ボタン」「青ボタン」を押して下さいなんて煽っておいて勝敗に反映されないなんて、ちょっと馬鹿にしてんじゃねー。

2
タグ: 謹賀新年

2016/12/17

まだまだ続く予感!  映画

師走中旬の土曜日、イオンシネマへ昨日封切り(公開)になった「ローグ・ワン/スターウォーズストリー」を観に行って来ました。

スターウォーズだけは公開されるたびに必ず映画館へ観に行っています。

今回はシリーズ7作目で、スターウォーズが一番最初に公開された「Ep(エピソード)4・新たなる希望」の直前の物語で、帝国軍の究極の惑星破壊兵器「デススター」の設計図をどうして反乱同盟軍が手に入れることが出来たのかが分かります。

スタウォーズムービーストリーは、来年(2017年)「Ep8題目?」が、再来年(2019年)が「Ep9題目?」が公開される予定で、まだまだ続き楽しみですね。


Star Wars most new work "Roeg one"
クリックすると元のサイズで表示します

ローグ・ワンの意味は、宇宙要塞デススター設計図を奪う反乱同盟軍・奪還アウトローチーム(主人公は女戦士、ジーン・アソ)と解釈した方が頭の整理が付きますね。


Today's lunch
クリックすると元のサイズで表示します

         ”びっくりドンキー”で昼食


クリックすると元のサイズで表示します

          ハンバーグランチ+山盛りポテト

先月の旅行で金欠、でもびっくりドンキーのハンバーグは美味しいですからね。私は特にここの「みそ汁」の虜になってます。

2

2016/11/12

黒漆塗の下見板が際立つ、岡山城!  旅行

旅の締めくくりは、後楽園に隣接する「岡山城」です。

豊臣家五大老の一人・宇喜多秀家が築城したのが「岡山城」です。

城造りは、足掛け8年にわたる大事業で、旭川の流れを変えて本丸の北面〜東面を巡らせ、堀の役割を持たせ、慶長2年(1597)に完成したそうです。

三層六階の堂々たる天守閣は織田信長の安土城天主閣を模して築かれたと伝えられ、全国的にも珍しい不等辺五角形の天守台で、関ヶ原合戦以前の古式を伝える天守です。

また、当時は築城技術の発達が著しい時期で、岡山城は豊臣秀吉の大坂城、毛利輝元の広島城と並んで近世城郭の先駆けとなりました。

その建築は黒い下見板張りの外観から、別名「烏城(うじょう)」と呼ばれています。 戦前、国宝であった天守閣は戦災(空襲)で焼失、現在のは再建された城です。


月見橋(連絡橋)
クリックすると元のサイズで表示します

後楽園の南門から、旭川に架かる歩道橋を渡って、お城に向います。


クリックすると元のサイズで表示します

         橋の中央から眺める、岡山城

複合式望楼型三層六階の天守閣、外観の黒い下見板が特徴です。


天守に輝く金鯱
クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

       城門(廊下門)を抜けて、本丸へ

クリックすると元のサイズで表示します


苔むす石垣
クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

           月見櫓(国の重要文化財)

池田時代の二代目藩主・池田忠雄が岡山城の増改築に際して、本丸搦め手に備えて建てた江戸時代初期の隅櫓です。
二階の城内側は廻り縁側を設けて開け放した佇まいで、日常の生活にも使用できるような構造となっているそうです。


不明(あかず)の門
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

        石垣の、時代をまたぐ構築技法

岡山城は豊臣時代の城が、増改築をされて江戸時代にも引き続いて使われたため、石垣に構築技法の発達の様相が示されています。
築城時の「野面積(のづらづみ)」から江戸時代初頭「打込ハギ(うちこみはぎ)」、その後の「切込ハギ(きりこみはぎ)」と各時期の石積みが観察できます。特に本丸本段の野面積による高石垣は、この時期の全国有数の遺構といえるそうです。


烏城(うじょう)
クリックすると元のサイズで表示します

岡山城の別名。 黒い下見板の外観故、隣県姫路の白鷺城(姫路城)に対し、漆黒の城・烏城(うじょう)と呼ばれました。 この外観は、見る者を圧倒しますね。


クリックすると元のサイズで表示します

            天守閣・入口

クリックすると元のサイズで表示します

岡山城は、今年でお城再建50周年を迎えるそうで、入口の両側に綺麗な菊の花が展示されていました。

クリックすると元のサイズで表示します



天守閣内部
クリックすると元のサイズで表示します

1Fがお土産・食事処・備前焼体験工房、地階〜5Fが城の歴史と歴代藩主の紹介と資料が展示されています。


クリックすると元のサイズで表示します

歴代藩主変節

岡山城を築城した宇喜多秀家は、天下分け目の関ヶ原の合戦で西軍の主力だったため八丈島へ流刑となり改易、変わって入ったのがかの小早川秀秋でしたが入城2年後に急死し、嗣子がいなかったため小早川家は断絶。
姫路城主・池田輝政の次男忠継に与えられたが、幼少(5歳)であったので兄の利隆が「備前監国」として代政し、その後成人した忠継が藩主となる。岡山城は、忠継以降〜明治維新後の章政(岡山藩知事)まで池田家縁類が藩主を引き継いできました。


大名籠
クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

          天守閣、最上階(6階)

4階まではエレベーターで、5階・6階は階段で最上階へ。見ての通り最上階は狭いです。


クリックすると元のサイズで表示します

          岡山市街が一望できます。


クリックすると元のサイズで表示します
       
          最上階から眺める、後楽園


天守閣の金鯱
クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

            月見橋(全景)       


クリックすると元のサイズで表示します

        旭川沿いの歩道を歩き、駐車場へ



岡山空港
クリックすると元のサイズで表示します

          空港ロビーの陶板レリーフ ”走る馬”

備前焼作家・浦上善次作。 岡山空港の発展・飛躍をシルクロードの雄大な草原をかける馬で表現した作品です。
五頭の馬は、それぞれ備前焼を代表する焼成陶板を組合せて作り、背景は瀬戸地方の陶器の助けを借りて作られています。
          

クリックすると元のサイズで表示します

岡山のお土産は、やっぱり”桃太郎伝説”にちなんだ物ですね。後、美味しそうなシャインマスカットが売られていましたよ。


<投稿者後書>

4泊5日の広島・瀬戸内周遊旅行記と題し、26シーンの投稿が終わりました。
旅行は、初日の午後が雨だった以外は、連日好天に恵まれ絶好の旅行日和となり、命のせんたくができました。・・心に残る風景をたくさん眺めることができました。

今後も、一年に一度くらいは一週間程度の旅行が出来るように頑張りまっせー。まあ、年末ジャンボ宝くじが当たれば、毎日旅行ができるのですが・・・

2
タグ: 岡山城

2016/11/12

ここを見ずして、庭園を語ることなかれ!  旅行

桃太郎伝説ゆかりの吉備津神社を参拝した後は、今日最後の観光スポット「岡山後楽園と岡山城」を見学するために、岡山市街に向かう。

備前・岡山と言えば、日本三名園(大名庭園)の一つ岡山後楽園と隣接する烏城(うじょう)と呼ばれる漆黒の城・岡山城は外せない定番の観光スポットですね。

岡山市は、中国地方の南東部に位置する人口71万の政令指定都市で、中国・四国地方で弟二位の人口を有しています。
吉備津から市街地が近くなるにつけ、車の数ががぜん多くなり信号も多く混雑してきました。

土曜日ですが、なんとか渋滞にも遭遇せず市中心部にあろ後楽園の河川敷駐車場に車を止めることができました。

時刻は、昼の12時半ですが不思議とお腹が空かず(朝飯の食い過ぎ)、午後2時半までの2時間で庭園と隣接の城を見学することにしました。



さすがあー、マスカット王国
クリックすると元のサイズで表示します

            岡山限定かなあー

後楽園正面入り口にある四季彩後楽園店で、入園前に一休み。


クリックすると元のサイズで表示します

            みどりのリズム 像


The admission ticket section
クリックすると元のサイズで表示します

              入園券売り場


Korakuen, Okayama of the Japanese garden
クリックすると元のサイズで表示します

後楽園は、江戸時代初期に岡山藩主・池田綱政によって造営された、元禄文化を代表する日本庭園で、国の特別名勝(日本三名園の一つ)に指定されています。


Garden entrance
クリックすると元のサイズで表示します

               庭園入り口


色鮮やかな菊の花
クリックすると元のサイズで表示します

         ちょうど、菊花展が催されていました。


クリックすると元のサイズで表示します

岡山城と対峙する旭川をはさんだ対岸の中州に造られ、着工から14年の歳月をかけ、1700年(元禄13年)に完成しました。

藩主が賓客をもてなした建物・延養亭(えんようてい)を中心とした池泉回遊式の庭園で、岡山城や周辺の山を借景としています。


クリックすると元のサイズで表示します

         庭園に”和傘”、にくい演出ですね。


沢の池
クリックすると元のサイズで表示します

園内中央にある池。写真中央が「島茶屋のある中の島」です。


クリックすると元のサイズで表示します

         白砂青松が美しい、砂利島



五十三次腰掛茶屋
クリックすると元のサイズで表示します

         休憩にぴったりな場所です。


クリックすると元のサイズで表示します

           竹の格子窓からの眺め。


クリックすると元のサイズで表示します

            池に泳ぐ”錦鯉”


延養亭(えんようてい)と能舞台
クリックすると元のサイズで表示します

延養亭は藩主の居間で、園内で最も重要な建物でしたが戦災で焼失し、昭和三十五年に当時第一級の木材と技術で、築庭当時の間取りに復元したそうです。

園内外の景勝が一望できるように作られており、歴代藩主もここから眺めたそうです。


クリックすると元のサイズで表示します

    沢の池中央、島茶屋(しまぢゃや)のある中の島。


クリックすると元のサイズで表示します

     沢の池、釣殿(つりどの)のある御野島(みのしま)


白鷺(しらさぎ)
クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

           こち(こちらは)、亀。


唯心山(ゆいしんざん)
クリックすると元のサイズで表示します

唯心山は池田綱政の子、継政(つぐまさ)の時に築かれ、平面的だった庭園が立体的な景観へと変化しました。 山腹には、園内が一望できる唯心堂(ゆいしんどう)があります。


クリックすると元のサイズで表示します

    唯心山(唯心堂)から眺める、園内の景観

クリックすると元のサイズで表示します


井田(せいでん)
クリックすると元のサイズで表示します

昔は園内に広く田畑が作られていましたが、今は井田だけがそのなごりを伝えています。
井田とは中国周時代の田租法で、幕末に田畑の一部を井田の形に作りました。毎年六月の第二日曜日には、お田植え祭を行っているそうです。


クリックすると元のサイズで表示します

唯心山の斜面には石組に合わせて、ツツジやサツキが植えられ、季節には紅白の花で彩られます。


流店(りゅうてん)
クリックすると元のサイズで表示します

中央に水路を通し、色彩に富んだ奇石六個を配した全国的にも珍しい建物です。
藩主の庭廻りや賓客の接待などで、休憩所として使われました。 戦災をまぬがれた建物の一つで、簡素なたたずまいを今に伝えています。


クリックすると元のサイズで表示します

          水路に写る、逆さ松


クリックすると元のサイズで表示します



花菖蒲畑・八橋
クリックすると元のサイズで表示します

六月上旬には、白や紫などの見事な花を咲かせ、梅雨の季節に趣がありそうですね。
 
曲水に板を渡した八橋(やつはし)のそばには杜若(かきつばた)があり、『伊勢物語(いせものがたり)』の「東下り(あずまくだり)」の段にちなんだ、風雅な情景となっています。


クリックすると元のサイズで表示します

           蘇鉄(ソテツ)の畑



曲水(全長640mの水路)
クリックすると元のサイズで表示します

    曲水から眺める、花交の池(かこうのいけ)方角。

クリックすると元のサイズで表示します


曲水の”錦鯉(Colored carp)”
クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

        自分とにらめっこの?、”白鷺”。



廉池軒(れんちけん)
クリックすると元のサイズで表示します

戦災をまぬがれた数少ない建物の一つで、池に架かる石橋や対岸の小島なども、往時の姿を今に伝えています。
この建物からは沢の池越しに見える松林や曲水と池の段差など、起伏に富んだ景観を眺めることができます。

<投稿者後書>
これで、水戸の偕楽園、金沢の兼六園、備前岡山の後楽園と、日本三名園を全て訪れ(制覇)ました。

実は、後楽園も20代の頃に山陽・山陰地方一周旅行で訪れているのですが、じっくりと散策した記憶がなく(たぶん若気の至りで、30分くらいしか居なかっと思う)、今回の訪問で完璧に制覇した思いです。


クリックすると元のサイズで表示します

       Next is 岡山城(Okayama-jo Castle)へ


2
タグ: 岡山後楽園



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ