2011/4/15

プリン体が含まれているビールの痛風に対する影響とは  アルコールを我慢せずに改善する

好きなビールを我慢せずに痛風の激痛から解放される画期的な方法とは

プリン体とは、人間の身体を構成する細胞内にある核酸の成分で、様々な食品・飲料に含まれています。体内でも生成され、分解されると尿酸となり、貯まってくると関節の痛み(痛風)の原因となります。

痛風のあの辛い激痛・発作により、病院で診てもらうと、

  • ビールなどのお酒はやめるように。
  • 脂っこい食事は控えて下さい。

と、尿酸値を下げる為のアドバイスをもらいます。

しかし、プリン体が含まれているビールを我慢して、痛風の改善につながるのでしょうか?

最近では、プリン体が大幅にカットされているビール・発砲酒なども販売されています。

また、低カロリーでプリン体の含有量が低い焼酎も人気があります。

ですが、実際のところ、食品から摂取するプリン体はごくわずかな量です。

お酒の飲み過ぎや、毎日飲み続けることはもちろん健康に良くありませんが、プリン体が身体にとって“毒”であるという考え方・印象をもつ必要はありません。

新陳代謝から作られるこの成分は、人の生命につながる重要な役割を持っているのです。

実は、43歳で初めて痛風となり、その後8年間で7回もの発作を体験し、アルコールを控えていても忘れた頃に大きな発作が起きてしまっていた男性が症状を改善できた方法があります。

現在では、毎日晩酌して好きな食事を楽しみながらも、一切痛風の発作が起きていない状態を保てています。

仕事に支障をきたしていた状態から解放され、尿酸値も11.0mgから4.9mgまで下げることができたのです。

この改善法は、揚げ物などの脂っこい食べ物やビールを制限することなく、あの痛風の激痛が起こる不安から解放してくれるものです。

世間一般的に言われている治療法とは違い、今まで日本人が気付けなかった原因を解明し、自然に回復できる要素を取り入れた画期的な方法です。

1日にわずか15分、あることを実践するだけで、食事制限が必要だと病院で診断された方でも、痛風・高尿酸血症を改善することが可能です。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ