2013/7/10

夏目漱石の美術世界に焦点をあてた展覧会が開催  

"最近、気になる展覧会を一つ見つけました。それは、東京藝術大学大学美術館で開催されている『夏目漱石の美術世界展』。誰もが知っている小説家、夏目漱石の小説等の中に登場する作品をまとめて紹介するとのこと。美術だけではなく、漱石の小説も好きな私にとっては、是非とも見に行きたい展覧会の一つです。

本展覧会の特設サイトによると、漱石は日本美術や英国美術に造詣が深かったとのこと。確かに彼の小説で言及された作品を挙げよと言われたら、私でも2、3の作品はすぐに挙げられます。たとえば、『草枕』に登場する、ジョン・エヴァレット・ミレーの『オフィーリア』。ミレーのこの作品は、川の中で溺死したオフィーリアを描いたもので、不気味な場景ではあるものの、川の周囲に繁茂する草花の色彩は緻密で美しくも感じます。ただ、残念ながら、この作品は東京芸大美術館の展覧会には出品されていません。

漱石と美術から連想するもう一つは、『それから』に登場するフランク・ブラングィン。ブラングィンは作家ですが、川崎造船所社長の松方幸次郎が美術品を購入する際の指南役であったことでも有名ですよね。松方が収集した作品は、国立西洋美術館の所蔵品の基になったのですから (いわゆる「松方コレクション」)、私たちはブラングィンの選択眼に感謝しなければならないでしょう (笑い)。2010年に国立西洋美術館の開館50周年記念事業の一環としてブラングィンの展覧会が開催されたのですが、その際は残念ながら見に行くことができませんでした。今回の展覧会では、ブラングィンの作品も展示されるようです。

これらの作品の他にも多数の作品が漱石の小説に登場するようです。以前読んだ際には気付かなかったのですが、酒井抱一 (『門』) や伊藤若冲 (『草枕』) に対する言及もあるとのこと。出展作品を鑑賞して楽しむだけではなく、こうした発見も楽しめそうです。是非、本展覧会に足を運びたいと思います。風鳥
0

2009/12/29

FX高速スキャルピング・スパイクトレード レビュー  体験  内容  

FX高速スキャルピング・スパイクトレード



数秒〜数分のスキャルピングトレードでストレスなく利益を積み重ねていくFXトレードテクニック



あなたは小手先のテクニックではなく、一生使い続けることができるトレード技術をマスターしたいとは思いませんか?



FX高速スキャルピング・スパイクトレードならばその願いに答えてくれます。



また、FX高速スキャルピング・スパイクトレードは返金保証もついていますので効果が実感できなければ購入代金を返してもらえます。



稼ぐ事のできないトレーダは、なぜだと思いますか?



それはトレードの本質を理解していないからです。



トレードの本質は「手法」ではなく「メンタル(心理的要因)」なのです。



そしてメンタルを含めた総合的な「トレード技術」です。



FX高速スキャルピング・スパイクトレードならばトータルであなたを稼ぐトレーダに導いてくれます。

続きはコチラ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ