樹木医制度

2012/11/20 
樹木医制度は平成3年(1991年)から実施されており、平成19年(2007年)度の認定前の現在で樹木医認定者総数は1,484名になっています。今年、平成19年(2007年)は5月7日から6月11日の間に応募受付、7月22日(日)午前10時半より90分の選択式筆記試験、午後から90分の論述試験が仙台、東京、名古屋、大阪、福岡の5会場で実施されました。その後、筆記試験により選抜された120名が10月1日から13日(第1期)と10月15日から27日(第2期)の2組に分かれ、財団法人 筑波学都資金財団筑波研修センターでの研修を受講しました。樹木医に認定されるまでにかかる費用は、第1次筆記試験が18,000円、その後の研修費が交通費・宿泊費を除いて65,000円。樹木医は21世紀の美しい地球環境を未来に継承していくことができる技術として、地球環境保全が問題視される現代で注目されつつある資格です。日本樹木医会のサイトでは合格体験記も閲覧できます。
0

樹木医

2012/11/20 
樹木医とは、木のお医者さんのことで、いわゆる木の専門家のことです。ひとことで木といっても、庭などの身近なものだけじゃなく、公園や街路樹や、天然記念物のような大きな樹木や名木もあります。そんなさまざまな木の傷みや病気を診断し、樹勢回復させることはもちろん、病気の予防や後継樹の保護育成にも関わる木のスペシャリストが樹木医です。樹木医は、日本樹木医会もあり、47都道府県のうち32ヶ所に支部があります。樹木医になるには、財団法人 日本緑化センター(http://www.jpgreen.or.jp/index.html)が制定している樹木医制度を利用します。樹木の診断や治療に関する業務を7年以上経験したものに応募資格があり、1次筆記試験に合格し、120名の研修受講者として選抜された後、2週間ほどの研修を受講し、終了時の筆記試験、面接をクリアして初めて樹木医として認定されます。
http://lcokatabfy.lolista.com
0



AutoPage最新お知らせ