37.富士吉田ルート探索150731  

37.富士吉田ルート探索

2015.7.31
3年前(2012.8.3〜4)には富士山頂泊で単独登頂した時も好天に恵まれ、その時は富士山頂噴火口回りにある突起した山々を隈なく制覇して来ました。
     富士山頂剣が峰 (標高3776m)
     白山岳山頂 (標高3756.4m)
     久須志岳(薬師ヶ岳)(標高3740m)
     成就岳(勢至ヶ岳) (標高3730m)
     朝日岳(大日岳) (標高3750m)
     伊豆ヶ岳(阿弥陀岳) (標高3750m)
     駒ヶ岳(浅間ヶ岳) (標高3710m)
     三島ヶ岳(文殊ヶ岳) (標高3730m)


今回はお鉢めぐりをして久須志神社から人気のある山梨県側富士吉田ルート本8合目まで下山ルートで降り、山小屋を覗きジグザグ登山ルートを登り探索し、久須志神社まで戻ってきました。

富士吉田ルートにある本八合目以上にある山小屋
     富士山ホテル(標高3400m)
     本八合目トモエ館(標高3400m)
     胸突き江戸屋(標高3400m)
     御来光館(標高3450m)



クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂上奥宮(久須志神社)


クリックすると元のサイズで表示します
GPSによる歩いた軌跡
久須志神社から本8合目まで大きなジグザグ下山ルートで降り、山小屋を覗き小さなジグザグ登山ルートを登り、久須志神社まで反時計回りで戻って来た軌跡。


クリックすると元のサイズで表示します
頂上山口屋支店


クリックすると元のサイズで表示します
同上お土産売り場


クリックすると元のサイズで表示します
右久須志神社金明水、左奥宮御殿場富士宮口案内碑


クリックすると元のサイズで表示します
久須志神社周辺の山小屋
振り向き久須志神社周辺の山小屋をパチリ。


クリックすると元のサイズで表示します
富士吉田ルート下山道(1)
この道路は吉田側から富士山頂へ物資運搬をするブル道になっている。


クリックすると元のサイズで表示します
富士吉田ルート下山道(2)


クリックすると元のサイズで表示します
富士吉田ルート下山道(3)
山の急斜面にポツリポツリと山小屋があるところが富士吉田ルート登山道です。
かなりきつい斜面だ!


クリックすると元のサイズで表示します
本八合目山小屋
この付近に富士山ホテル(標高3400m)、本八合目トモエ館(標高3400m)、胸突き江戸屋(標高3400m)と3軒あります。


クリックすると元のサイズで表示します
本八合目鳥居


クリックすると元のサイズで表示します
山小屋、
胸突き江戸屋(標高3400m)


クリックすると元のサイズで表示します
山小屋、
本八合目トモエ館(標高3400m)


クリックすると元のサイズで表示します
山小屋、
上江戸屋(標高3400m)、本八合目トモエ館(標高3400m)


クリックすると元のサイズで表示します
更に上を見上げると御来光館(標高3450m)が見える。


クリックすると元のサイズで表示します
高山植物(いわつめ草)(標高3400m)


クリックすると元のサイズで表示します
登山道(1)
右上に御来光館(標高3450m)が見える。


クリックすると元のサイズで表示します
後ろを振り返るとこのような登山道です。


クリックすると元のサイズで表示します
山小屋、
御来光館(標高3450m)到着
八合五勺


クリックすると元のサイズで表示します
登山道(2)


クリックすると元のサイズで表示します
登山道(3)
溶岩がゴロゴロして歩きにくい。


クリックすると元のサイズで表示します
登山道(4)


クリックすると元のサイズで表示します
登山道(5)
頂上はまだまだ遠い。


クリックすると元のサイズで表示します
登山道(6)
久須志神社前の鳥居のもう一つ前にも鳥居があります。


クリックすると元のサイズで表示します
登山道(7)


クリックすると元のサイズで表示します
九合目、迎久須志神社(1)
標高3600m


クリックすると元のサイズで表示します
九合目、迎久須志神社(2)
ここで大勢の登山客が休憩していました。


クリックすると元のサイズで表示します
登山道(8)
途中で振り向くとこんな感じ、かなり急坂だ。


クリックすると元のサイズで表示します
久須志神社前の鳥居
やっと山頂まであと数10mになりました。


クリックすると元のサイズで表示します
久須志神社到着


いつも御殿場ルートしか利用していないので、久須志神社から富士吉田ルート本8合目まで下山ルートで降り、山小屋を覗きジグザグ登山ルートを登り探索して久須志神社まで戻って来ました。

標準予定時間では、下山が60分、登山が80分かかるところを、下山が30分、登山が140分もかかってしまいました。

下山は距離は長くなるものの御殿場大砂走りで慣れているのでスイスイだったが、急斜面の登りは脚のほうより心臓の方がハァハァして苦しかった。
写真を撮りながら登ったせいもあるが、登りは2時間以上もかかってしまった。
年々きつくなるのを実感しました。

次は、38.お鉢めぐり、富士浅間大社奥宮参拝150731
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/42.html

青葉の百姓 2015.8.5記


ネット仲間からのコメントです。

------------------------------------------------------
韓流大ファンさん
2015年08月05日 09時11分
富士山登山は未経験のため全く分りませんが、色々大変なのでしょうね。

青百
2015年08月05日 09時50分
そうですね。
脚が丈夫でも平地で歩くのと全く違い、別な筋肉を使うのでかなりきついです。
それより低気圧による高山病は眠くなるし、息苦しいし、頭は痛いし、どうしようもなくなるからね。
脚の痛いのも5日目でやっと和らいできたし、それより高尾山でビールを飲むのが楽しみ。


青葉の百姓 2015.8.5追記


------------------------------------------------------
さぬきふじさん
2015年08月12日 07時40分
トモエ館は泊まりましたので、この辺りの写真懐かしく拝見しました。
山小屋に着くまではお天気も良かったので、いいのですが夜に雨になって・・・・・それからが大変な思いしましたね。
この様にお天気に恵まれるのが一番ですよ!
写真拝見しながら、あの時の事を思い出してます。

青百
2015年08月12日 08時19分
山梨県側吉田ルートから登って、トモエ館に泊まったのですか? びっくり。
本八合目には山小屋が重なってありますね。
天候が悪くなると更に気圧が低くなり苦しいです。
山小屋では眠れなかったでしょう。
それでも雨の中、山梨側久須志神社のある山頂まで行けたのはせめてもの慰みでしたね。


青葉の百姓 2015.8.12追記






5




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ