33.富士山ご来光&大砂走り下山2012.8.4  

33.富士山ご来光&大砂走り下山2012.8.4


2012.8.4
前日は富士山お鉢めぐりとその周辺にある山々を隈なく登って来ました。
昨夜は富士山頂にある山小屋山頂富士館のうなぎの寝床で泊ったが殆んど眠れない。
夜の7時消燈も慣れないし、止むなくイヤホーン付きの携帯ラジオでロンドンオリンピックのラジオ放送を朝まで付けっ放しで聞いていました。
ウツラウツラしているうちに3時半にトイレに行き、4時点灯を待つ。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂ご来光待ち(4時13分撮影)
外へ出るとご来光を観る登山客が既に眺めの良い駒ヶ岳に集まっている。


クリックすると元のサイズで表示します
三島ヶ岳とお月さま(4時15分撮影)
月の光がなんとなく幻想的でした。


クリックすると元のサイズで表示します
三島岳と雲海(4時30分撮影)
私は富士山頂からご来光を観るため再度富士山頂へ
「馬の背」からふり返り富士山頂浅間大社奥宮、三島ヶ岳方面を写す。
少しずつ明るくなって来ました。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂(4時39分撮影)
富士山頂にはご来光を観るために既に待機している登山客が集まっていました。


クリックすると元のサイズで表示します
ご来光真近(4時41分撮影)
真っ赤に染まって来ました。
雲があり太陽が出て来ないがもう日の出が近い。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂からのご来光(4時50分撮影)
見事な太陽で、感動し何気なしに手を合わせ拝んでいました。


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂からのご来光(4時54分撮影)
同上


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂(4時56分撮影)
ご来光を拝んだバスツアーの集団だと思うが、万歳を三唱して下りて来ました。


クリックすると元のサイズで表示します
馬の背(5時00分撮影)
ご来光を拝んだ後に馬の背を下りる。


クリックすると元のサイズで表示します
馬の背(5時02分撮影)
馬の背を下りて行きふり返るとゾロゾロと登山客が下りて来ました。


クリックすると元のサイズで表示します
朝日の影富士(5時02分撮影)
見事なシルエットです。
何か下界で起こっている事が小さいように思える自然の姿です。


クリックすると元のサイズで表示します
銀明水付近(5時10分撮影)
御殿場ルート下山開始


クリックすると元のサイズで表示します
御殿場ルート下山(1)
8から9合目辺りの下山は大きな石があり歩きにくいです。


クリックすると元のサイズで表示します
御殿場ルート下山(2)
下山しながらいつ大石が転がって来るのか注意して歩く。


クリックすると元のサイズで表示します
御殿場ルート下山(3)


クリックすると元のサイズで表示します
御殿場ルート下山(4)
眼下に宝永山が見えて来ました。


クリックすると元のサイズで表示します
御殿場ルート下山(5)
雪渓(万年雪)


クリックすると元のサイズで表示します
御殿場ルート下山(6)


クリックすると元のサイズで表示します
赤岩8合館(1)
標高3330m 定員150人


クリックすると元のサイズで表示します
赤岩8合館(2)


クリックすると元のサイズで表示します
砂走館
標高3120m 定員150人
赤岩八合館と姉妹店。
雲海が奇麗


クリックすると元のサイズで表示します
御殿場ルート下山(7)
山中湖はハッキリ見えました。


クリックすると元のサイズで表示します
わらじ館
標高3050m 定員40人


クリックすると元のサイズで表示します
御殿場ルート下山(8)
宝永山の上の方から大砂走りが始まるが、この辺は大きな石があるので気を付けないと捻挫するので注意する。


クリックすると元のサイズで表示します
御殿場ルート下山(9)
宝永山が見えて来た。
この日は余裕があり、天気も良いので宝永山突端まで行く事にしました。


クリックすると元のサイズで表示します
宝永山(1)
宝永山の突端まであと数百メートル


クリックすると元のサイズで表示します
宝永山(2)
宝永山から観た富士山と大噴火口(左側)


クリックすると元のサイズで表示します
宝永山(3)
宝永山の突端まであともう少し。


クリックすると元のサイズで表示します
宝永山(4)
宝永4年(1707年)の宝永大噴火で誕生した、富士山最大の側火山である。
標高2693m。
宝永山の突端から観た富士山
ここまで来る登山客は少なく、たった一人でした。
三脚を用意してパチリ。


クリックすると元のサイズで表示します
宝永山(5)


クリックすると元のサイズで表示します
大砂走り(1)(7:43撮影)
宝永山より下の大砂走りは大きな石も無く、転んでも怪我はしない。
この時間は人一人居ないし、快適な大砂走りだ!
今では無理はしないが、若い時は一歩2mくらいの歩幅で快適に下山が出来る。


クリックすると元のサイズで表示します
大砂走り(2)
大砂走りの勾配は約30度くらいはありそう


クリックすると元のサイズで表示します
富士登山駅伝の準備する自衛隊
毎年8月第1日曜日(8月5日)に開催される富士山の麓と山頂を往復する駅伝があり、この日はその前日であり、ボランティアの自衛隊が走行ポイントの準備をしていました。
富士登山駅伝は静岡県御殿場市で開催される、世界で最も高低差の大きい駅伝である。
私も富士登山駅伝の最中に富士山を下山していて、駅伝の選手が通るたびに避けて行かなければならなくて最悪でした。


クリックすると元のサイズで表示します
2合目周辺から観た富士山
ふり返ってみると何と近いようだがかなりの距離があります。


クリックすると元のサイズで表示します
同上ブル道(1)


クリックすると元のサイズで表示します
御殿場ルート大石茶屋
標高1520m 定員50人
御殿場ルートの中で一番低い位置にある小屋


クリックすると元のサイズで表示します
同上ブル道(2)


クリックすると元のサイズで表示します
太郎坊ブルトーザ基地(標高1335m)
9時27分に太郎坊ブル基地へ着いた。
下山開始からアチコチで休みながら写真を撮ったり、宝永山へ立ち寄ったりして4時間余もかかり楽しみながらの下山でした。
若いころは富士山頂から太郎坊ブル基地まで約3時間で下山している。


太郎坊(たろうぼう)とは静岡県御殿場市の富士山中腹の地名。
表富士周遊道路(富士山スカイライン)と御殿場口登山道(静岡県道152号富士公園太郎坊線)の分岐付近(標高1,300m)から、さらに御殿場口登山道五合目(標高1,500m)までが太郎坊と呼ばれることが多い。(wikipedia.HPより)

前日は、32.富士山登頂2012.8.3
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/36.html


この日に歩いた歩数: 21,010歩(約12.6km)

                 青葉の百姓 2012.8.5記


★ネット仲間からのコメントです。
-----------------------------------------------
チバックさん
2012年08月05日 16時54分
写真を見ているだけで、富士山に登ったような錯覚にとらわれます。

あおばのひゃくしょう
2012年08月05日 20時30分
チバックさん、40回近く富士山登頂していますが、その中でも1、2番となるような好天気でした。



けーさん
2012年08月05日 17時50分
おもわず おめでとうございますと言ってしまいました。
お天気も良く よかったですね
マイフレさんの 北岳からの富士山も綺麗でしたよ

あおばのひゃくしょう
2012年08月05日 20時35分
けーさん、富士山登頂のお祝い有難う。
夜空のお月さんも星空もくっきり見えました。
当然、北岳からの富士山も山々からつき出た富士山は綺麗だったでしょう。
ご来光、朝夕の影富士、ダイアモンド富士も奇麗だった。


                 青葉の百姓 2012.8.5追記


-------------------------------------------------------
やよい(窓辺のリンゴ)さん
2012年08月06日 13時06分
素晴らしい景色ですね!
特に富士山のシルエット こんなに綺麗に見えるなんって!

あおばのひゃくしょう
2012年08月06日 15時00分
朝日の影富士も夕日の影富士も素晴らしく暫く見とれていました。
身近で見る山頂夕日のダイアモンド富士も最高!
富士山頂の天気は急に変わるし、どちらもこんなに良く見えるとは幸運でした。

                 青葉の百姓 2012.8.5追記


-------------------------------------------------------
釣り仲間Kさん
2012.8.6 7:27
青百さん
富士山、あの翌日に富士山頂とは驚きましたが、素晴らしい写真がいっぱいで感動しました。
夕飯や朝食の食材は、何で運んでいるのですか?
やはりブルですか?
担いで運んでいるとしたら、高いのは仕方ないのかなぁ…と、思いました。(^-^;
何しろ、ご無事帰還されて何よりです。

青百
2012.8.7 8:06
釣り仲間Kさん、お早うございます。
夕飯や朝食の食材は、聞いたことは無いですが、当然ブルで運んでいると思います。
山頂山小屋での炊事は極力避けているにも関わらず値段の高いのは止むを得ないですね。
それより山小屋での一泊は乾燥しているのか真夜中に喉が渇き、寝苦しいしほとんど眠れなかったです。
その分、朝夕とも自然界の最高の景色が観れました。
酸素も使わず、脚は一年間富士山登頂山歩きのために日ごろから鍛えていたので、前日はお鉢周辺の山々に登れたし、翌日も無事に1合目太郎坊ブル基地にたどり着きました。
ただ御殿場下山ルートは大砂走りを下山する事、又2合目大駐車場までではなく、まだ下方にある1合目太郎坊ブル基地まで歩くため距離が長いことと、宝永山突端まで寄り道しているので、今でも脚が筋肉痛で痛い。
脚はあと一両日中には回復しますが、富士山から帰ってからの気温がより以上に暑く感じます。
又、情報交流会旅行で会えることを楽しみにしています。
青百



投稿者:タマタマ農民さん
投稿日:2012年 8月 7日(火)08時40分29秒
青百さん
今年も無事、霊峰富士の山に登頂したとのこと、おめでとうございます。
今年はいつになく良い天候に恵まれたとのこと、良かったですね。
携帯に送ってもらった写真は容量不足で開けなかったので、こちらのブログで拝見させてもらいました。
ご来光はいつ見ても感動するものですね。
これからも毎年続けて下さい。 継続は力です。

(青百)
タマタマ農民さん、お早うございます。 
今年も無事に登頂出来て幸運でした。 
富士山頂からのご来光、夜空の星、朝日、夕日の影富士も観る事が出来ました。 
いつもは濃霧で行けない宝永山まで行けました。 
年々体力が落ちて来ているし、これからも毎年行けるかどうか判りませんが、何とか行けるまで日ごろから鍛えて挑戦しようと思います。 
それより芦ノ湖のワカサギ釣りは仕事があり行けないのが残念ですね。 
何とか秋の情報交流会での再会を楽しみにしています。



花遊便さん
2012年08月07日 18時01分
お天気も良くって良かったですね。(*^。^*)

あおばのひゃくしょう
2012年08月07日 19時13分
前日新宿で飲み会があったにも関わらず、あえて登頂予定日を前倒しにして決行しました。
今まで過去40回くらい登頂しているが、このような天気はその中でも3本指に入る快晴でした。
登頂決行の判断は一人で行くから出来るもので、友達と数人で行く時は悪天候でも行かざるを得なかった時が何回かあります。
それに今回は一人であり時間に余裕もあり、自由気ままに富士山頂お鉢周囲の山々を隈なく制覇出来た事は幸運でした。

  青葉の百姓 2012.8.7追記



26



2013/7/7  6:17

投稿者:ふーちゃん

登山日和の好天気に恵まれ、貴重な思い出を
アルバムに収められましたね!
長年の富士山への熱き想いがああ神様に通じたのですね!
巣晴らしお写真の数々、人生を彩るかけがえのない財産ですね!

2012/8/5  16:53

投稿者:チバック

写真を見ているだけで、
富士山に登ったような錯覚にとらわれます。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ