22.富士山登頂(1)2006.7.30  

22.富士山登頂(1)ブル搭乗2006.7.30


2006年7月30日(日)、
シニアナビ仲間有志5名でブルに搭乗し“富士山登頂&お鉢めぐり”をして来ました。
前日7月29日(土)に御殿場姫路旅館へ17時30分にそれぞれ集合でしたが、皆かなり早く到着していました。 
来る途中に強烈な雨に見舞われ明日の登頂が危ぶまれたが、当日は打って変わって快晴の最高の登山日和となった。
当日起床4時、旅館出発5時と言うのに5時前には出発し、途中のセブンイレブンで飲料水、食料を買い込み、1合目のブル基地のある場所まで車2台で出発する。
ブル基地には予定の1時間前には着いてしまい、未だ時間に余裕があったので2合目にある大駐車場までドライブを楽しんだ。



クリックすると元のサイズで表示します
我らシニアナビ富士山登頂隊の搭乗するブルトーザです。
幌の中及び幌の上に搭乗可能な人数約30名。 但し幌の上は命綱使用厳守です。

クリックすると元のサイズで表示します
1合目太郎坊ブル基地
1合目標高1,533mかな? この合目の標識は各登下山ルートで多少違います。


クリックすると元のサイズで表示します
1合目ブル基地より富士山を写す


クリックすると元のサイズで表示します
2合目大駐車場付近


クリックすると元のサイズで表示します
ブルは6時30分、ブル基地を出発し一路富士山頂まで出発


クリックすると元のサイズで表示します
2合目を超えた付近
なだらかな斜面(ブルの後ろから下の方を写す)


クリックすると元のサイズで表示します
2合目を超えた付近
なだらかな斜面(ブルの前から富士山頂の方を写す)


クリックすると元のサイズで表示します
この辺りになるとブルも直線で進むことが出来なくなり、蛇行が始まる。


クリックすると元のサイズで表示します
ブルの廃土板の前で


クリックすると元のサイズで表示します
ブルの廃土板と富士山頂


クリックすると元のサイズで表示します
高山植物群と富士山頂


クリックすると元のサイズで表示します
雲海(1)


クリックすると元のサイズで表示します
雲海(2)


クリックすると元のサイズで表示します
山小屋(1)


クリックすると元のサイズで表示します
ブルの運転席より万年雪が見える


クリックすると元のサイズで表示します
山小屋(2)


クリックすると元のサイズで表示します
斜面


クリックすると元のサイズで表示します
万年雪


クリックすると元のサイズで表示します
ブル道と一般登山道との交差したところは、ロープが張られていて登山者は歩行禁止になっている場所


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂が見えてきたが、これから登頂まで1時間30分もかかります。


クリックすると元のサイズで表示します
山小屋(3)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂真近(1)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂真近(2)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂真近(3)


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂到着(1)

2006年7月30日9時20分
ブル基地6時30分出発してから山頂到着9時20分で、ブルでの登頂所要時間は3時間を切った事になる。
昔(20数年前)は4時間半はかかっていたが、1時間以上短縮されていた。
ブルの性能が良くなった為である。 


クリックすると元のサイズで表示します
富士山頂到着(2)

ブルの場合、人間の3倍くらい早く登っていくので気圧が早目に下がり心臓が順応されないうちに登頂するため、その分心臓に負担がかかる事になります。

念のため皆にここで“お鉢めぐり”の準備に、10分くらい休憩を取ることにした。
向こうに見えるのは富士山測候所があった、富士山頂剣が峰です。
左斜めの斜面が有名な“馬の背”です。
この後シニアナビ富士山登頂隊はこの“馬の背”を登り、時計回りに周囲3.5kmある“お鉢めぐり”をする事になる。

23.富士山登頂記(2)、“お鉢めぐり”参照。
http://sky.ap.teacup.com/fujisantoutyou/24.html

青百記





1



2006/8/6  0:09

投稿者:文挟

初心者の私などは風景に感心するばかりで満足な写真が撮れませんでした。
良く纏められていて流石ですね、あの時の感動が蘇ってきました。

2006/8/1  22:58

投稿者:青葉の百姓

ふぅさん、投稿ありがとう!
23.富士山登頂記(2)、“お鉢めぐり”は未だ編集が終わっていませんが近々載せますのでお待ち下さい。
これからが富士山登頂隊の出番です。

2006/8/1  21:36

投稿者:ふぅ

おかえりなさい〜
急な斜面が多くブルで登るのも大変だったでしょう!
お鉢めぐり、したこと無いから興味津々です。

http://fuu3.cocolog-nifty.com/

2006/8/1  21:26

投稿者:孤狼凛

 さすがベテランこまめに撮影なさってますね。一枚ごとに思い出しています。有難う。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ