MG Hi-νガンダム ver.ka 製作記1

2014/9/8 | 投稿者: tricky

お久しぶりです。

就活を5月に終え、卒業に必要な単位も習得し、残りは卒研だけになりました。
現在は多少時間の余裕もあるので製作を再開しています。

今までフジミのFW16を製作していたのですが、形状等疑問だらけで資料が集まるまで放置中。
近々まとめて書きたいと思います。


クリックすると元のサイズで表示します

現在製作中は先日発売しました「MG Hi-νガンダムVer.Ka」です。
Hi-νガンダムを初めて知るきっかけとなったのは約15年前、中古で買ったリアルロボット戦線というゲームでの登場でした。それから小説や当時のHJの作例を見て成り立ちの経緯を知りました。
2007年に公式設定となり、一新されたデザインは自分の知っていたHi-νガンダムとは程遠いものに・・・

いつか初期の太ましいスタイルをスクラッチする気でいましたが、まさかの旧設定画をベースとしたキットがver.kaより発売されました。
あのHi-νを製作するのにこれ以上の素材は無いでしょう!

キットは旧設定画のマッシブなスタイルが良く再現されていますが、頭部のみ違和感があるので修正中です。
違和感とは言いますが、個人的な好みなので気にせず。
ver.kaのデザインはかなりカッコ良くまとめ上げられていると思います。


主な改修予定としていた箇所は5箇所。

クリックすると元のサイズで表示します

プラ板を貼り付けたりパテを盛ったり・・・でこんな感じです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

カメラアイはキットのままでも鋭い目付きですが、さらに鋭く。
マスクの両脇にあるチンガードは小説の挿絵をイメージしています。
可動する後頭部はパテを盛ってしまったので可動はしません。
一応比較の画像を作りましたが、イラストと同じものにするのではなく小説の挿絵とHJの作例を合わせた様なデザインにまとめるのが私の理想です。

クリックすると元のサイズで表示します

まだ頭部は修正していくと思います。
ついでにスタビライザーの後ハメ加工。
キットの作例は合わせ目残したままな気がするのでやらなくてもいいのかも。
写真にはありませんが、スタビライザーは肉抜きの穴が何箇所かあったので埋めておきました。

クリックすると元のサイズで表示します


先は長そう・・・
1
タグ: Hi-ν MG ガンプラ



2014/9/25  22:01

投稿者:tricky

tomさん

お久しぶりです。
早いもので社会人となってしまいます←

F1と比べてガンプラは気軽に作業ができるので偏ってしまってますが、F1もしっかり作
業してます。
近々アップしますので今後とも宜しくお願いします〜


2014/9/22  23:27

投稿者:tom

おっ、来年から社会人なんですね?

時間が出来るのか、今までよりもっと無くなるのか。。。

F1製作、待ってますよ〜

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ