2018/8/20

☆★☆ ワークショップ ☆★☆  

ブログをご覧の皆様こんにちは


またまた前回の更新より時間が経ってしまいましたね
朝と夜が涼しくなってきました

夜が涼しくなってきた今こそ花火遊びが快適な季節です
秋の夜長は花火遊び


さてさて
今日のブログでは大阪府・箕面市の『みのおキューズモール』で行われるお子様向けのワークショップのご案内です

夏休みの宿題の工作は完了していますか
まだ何をしていいのか思いつかなくて・・・
というお子様に朗報です

今週8月25日(土)大阪府・箕面市キューズモール エルステージ横店舗内にて
花火玉型貯金箱のワークショップ』を開催致します
何と 参加費は無料
弊社の心優しい花火師が講師を務め、作り方を楽しく丁寧にお教え致します。

時間は 11:00〜 /13:00〜 /15:00〜 の3回
所要時間は 約1時間
定員    各回先着 20名
参加費   無料

です

20時30分〜
弊社の花火師が市販されているおもちゃ花火でパフォーマンスショーを開催させて頂きます


縁日や盆踊り・花火演出まで楽しい内容になっていますので、是非お越し下さいませ
箕面市の大人気のゆるキャラ『ゆずる君』も登場しますよ

詳細はコチラ



クリックすると元のサイズで表示します

https://qs-mall.jp/minoh/event/index.html?cmd=detail&evt_id=2887



皆様のお越しをお待ち致しております














さて
巷で人気(自称)のこのコーナー
本日のシメの一枚はコチラ・・・



クリックすると元のサイズで表示します


斬新なポストを発見しました
使い終わったランドセルの斬新な有効活用ですね
1

2018/6/15

☆★☆ ふるさと納税 ☆★☆  

皆様こんにちは

梅雨ですっきりしないお天気ですね
梅雨が明ければもう待ちに待った花火シーズン
花火で遊んだ時の煙の匂いが個人的には大好きです
あの香りで夏を感じますね
今年の夏は例年よりも気温が高い予想だそうですよ

さてさて
花火シーズンを目前に朗報です

弊社の国産花火セットが楽天の香芝市のふるさと納税に登場しました

職人が丹精を込めて手作りした、ハイクオリティブランド
FIREBRAND JAPAN
の商品が6点セットになって数量限定で登場致しました

クリックすると元のサイズで表示します
豪華な6点セット最高品質のセット花火です



職人が原料から製造工程までこだわりぬいた自信作です
楽しい思い出を作れて地域貢献まで出来てしまう何ともお得な商品です
楽天ユーザーの方は楽天スーパーポイントまでついてきますよ
もちろん送料は無料です


是非ご注文下さいませ

気になるサイトはコチラ


https://item.rakuten.co.jp/f292109-kashiba/14504-30011137/

ご注文お待ちしております









































さてさて巷で人気(自称)のこのコーナー
シメの一枚はコチラ・・・



クリックすると元のサイズで表示します

散歩中に道に落ちていたウィッグ?かつら??です。
お心あたりのある方はこっそりご連絡下さい
1

2018/5/25

☆★☆ 新商品 製造中(後編) ☆★☆  

テッテレテーー 皆様こんにちわ! ヨッシーコーナーです
前回のヨッシーコーナーの続きとしまして今回は、新商品である火希(ほまれ)の玉貼りについてご紹介します。
前回製造した玉に今度は、のりの付いたクラフト紙を1cm程の幅に切り、この様に貼り付けていきます。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
  
あまり隙間が出来ないようバランス良く玉に紙を貼り付けていきます。
貼り付けている際に、クラフト紙が重なった部分の厚さが歪だと、上空で玉が開いた際に花火の形が悪くなる原因にもなりかねません。
なので、貼り方には十分注意し、一玉一玉丁寧に貼っております。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

貼り終えた玉は、上の写真の様にお日さまにあて、のりを乾かしていきます。乾いた時点で、玉貼りは終了です。

さて、なぜこうして玉に紙を貼り重ねていくのか、わかりますか?

それは、こうして貼り終えた玉を7つ揃えると、空から龍が現れどんな願いも一つだけ叶えてくれるからです その名もドラゴンボ・・・ていうのは冗談です

玉貼りをするにあたってその目的とは、
  ・玉の中に入っている火薬のもれを防ぐ
  ・上空で玉を開かせるのに必要なガスを貯め込む為の強度作り
  ・玉の隙間から火の粉が入るのを防ぐ 
  ・湿気、衝撃、摩擦、加熱など危険なものから守る
  ・上空で玉が開いた時の花火の円の大きさを強くする  など
さまざまな理由や目的があり、とても大切な工程の一つなのです。

こうして、一玉一玉丁寧に丹精を込めて作りました火希(ほまれ)をこの夏、ご家族やご友人、愛する人と一緒に楽しんで頂けたら嬉しいです!  

      クリックすると元のサイズで表示します

                               是非!
7

2018/5/8

☆★☆ おもちゃ花火コンテスト ☆★☆  

皆様こんにちは

ゴールデンウィークはどのように過ごされましたか
あっっっという間のゴールデンウィークでしたね
ゴールデンウィークを過ぎればもう夏は目前
店頭にもそろそろ花火が並んでいますよ
さぁ
花火シーズンを大いに楽しみましょうね


さてさて
先月の4月29日(日)に愛知県岡崎市・岡崎公園 乙川河川敷にて
おもちゃはなびコンテスト』が開催されました

おもちゃ花火って何

『おもちゃ花火』とは業界用語なので皆様には少し馴染みがないかもしれませんね
『おもちゃ花火』は一般の販売店で販売されている花火の事で、一度は海やキャンプ場で遊んだ事があるのではないでしょうか??

皆様に安全に遊んでいただけるように公的な検査機関で厳しい安全検査を受けて合格したものが皆様のお手元に届いているという訳です


その、おもちゃ花火をもっとたくさんの方々に遊んでいただきたい。もっと子供達にデジタルの遊びもいいけれど、外に出て昔ながらの遊びの楽しさを知っていただきたいとの願いを込めて『おもちゃ花火コンテスト』が開催されました。
当日は国内の花火メーカーが厳選した「おもちゃ花火」を一般参加で募集した親子30組の方々に実際におもちゃ花火の体験・鑑賞していただき、その場で採点をしていただきました。

そのコンテストで弊社の『暴れるローリング』という商品が何と
噴出花火部門の第1位を頂戴致しました。



クリックすると元のサイズで表示します
どうですか?
この悪そうなデザイン
この悪そうなお顔からは想像も出来ないような繊細な動きをする現象動画は
コチラからそうぞ

https://youtu.be/IeRzPIVzi28

手前味噌ですが、カッコイイですよね
今までにない刺激的な花火を今年の夏はどうぞお試しください

皆様のお手元に届くようにとスタッフが心を込めて製造中です

クリックすると元のサイズで表示します

ご来場いただきました皆様、応援いただきました皆様、本当にありがとうございました



















ちまたで人気のこのコーナー(自称)
今日のシメの一枚はコチラ・・・
クリックすると元のサイズで表示します
カンボジアで発見したこの1枚。
訳して頂ける方がいらっしゃいましたら・・・通訳してください
こんな大きなベンツがあるなんて・・・知らなかった・・・
5

2018/4/23

☆★☆ 新商品 製造中(前編) ☆★☆  

 皆様こんにちわ! ヨッシーコーナーです
今回は以前投稿しました弊社の新商品である 火希(ほまれ) の玉込めについて教えていただきました。

この作業では、直に火薬に触れるので、慎重に行わなければなりません。特に静電気や摩擦などにはすごく気をつけています。
その事を踏まえたうえで、どうしたら効率良く数を上げることができるかを日々考えながら、製造をしております。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



この写真では、玉皮と呼ばれる紙製の器に星を詰めていきます。詰める星の量が多過ぎると玉皮の形が変形したり、合わせた時に玉皮同士との間に隙間ができてしまい、うまく閉じる事ができなくなります。逆に少な過ぎると上空で開いた時の現象のインパクトやバランスが悪くなる可能性があります。なので、詰める星の量には気をつけています。


クリックすると元のサイズで表示します





今度は、そこに上空で玉を開かせる為の割薬を入れていきます。
ここで気をつけているポイントは割薬を入れる際に玉皮からこぼれない様、気を付けながら行っております。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 







星そして割薬を入れた後、片方の玉皮に蓋をする様に和紙を貼ります。これにより、玉皮同士を合わせる際に入っている星や割薬がこぼれなくなります。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


この様に、和紙を貼った玉皮と貼っていない玉皮を合わせて、最後にテープをグルっと巻き、開かないように固定して玉込めは完了です。


クリックすると元のサイズで表示します


製造部主任である鈴木さんに玉込めをする上で気を付けていることをお聞きしました。
鈴木さん「慣れは怖いので毎回きちんと薬量を計って慎重に行っています。」とのことでした。

クリックすると元のサイズで表示します


どの作業もそうですが、火薬を扱う上では、前にもやっているから大丈夫だろうではなく、
危険なものを扱っているという認識を持ち慎重に作業をしなければならないと思いました。

6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ