2009/8/11

彼の秘密  

その娘(こ)とはバイト先で知り合った。
駅ビルの地下にあるレストランとファースフードの店。

二人でアメリカンドッグを作って売った。
衣を作るとき水が先か粉が先かでもめた。

ハスキーな声と笑顔が魅力の、
いちばん結婚を意識した相手だった。

ただそのときはまだ学生だったし、
「とんでもない」と親にも反対された。

初めて会ってから六年後の夏、
社会人らしくネクタイをして新宿で会った。

三角ビルのいかにも高そうな、
ステーキ屋に思い切って入った。

目の前で肉をサイコロ状に切り分けてくれて、
焼いてくれて箸で食べるやわらかいステーキ。

お代は二人で弐万八千円なり。
なかなか店から出てこないので、

お金が足りずにヒドイ目に遭っているんじゃないかと、
心配になったらしい。

「恋は自然消滅で終わるのがいい」。
彼女がそうつぶやいたことがあった。

それからそれぞれが別の誰かと付き合っていたこともあり、
しかもそのことをお互いが知っていたこともあり、

気持ちはだんだんほかへと移り、
ゆっくりと冷めながら恋は自然に消滅した。

なんだか、お互いにしくんだような、しくまれたような、
自ら然るべく消えるということは、そういうことなのかもしれない。





・記事抜擢

切なく感じたので、
載せてみます
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ