The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
標高1830mからの黄道光と冬の天の川  天体写真

9月25日の明け方に入笠山天体観測所から撮影した1枚。

クリックすると元のサイズで表示します

甲府方面に重たい雲がかぶさっており、良い感じに写っています。

と言っても、

これは友人H氏のD810Aで撮影されたものです。
今回私は何を思ったか装備をケチり、K-1を持って行かなかったため
星景は何も撮れませんでした。
なので、H氏から頂戴した写真を掲載させて頂きました。

Exifが残っています。

日時:9月25日 04時02分
カメラ:D810A
レンズ:ズームニッコール14-24mm/F2.8 -> F2.8
ISO:2500
露光:30sec

やはり星は暗い空で見るに限ります。
0



2017/10/1  16:54

投稿者:☆男(hoshiotoko)

北杜の犬さん

こんにちは。
晩秋までは明け方の黄道光が綺麗に見えます。
今も私は高いところに居ます。今朝方は肉眼で
ハッキリ見えました。美しい明け方でした。

2017/10/1  11:39

投稿者:北杜の犬(ケン)

その日は私も長野県の某所で10cmの屈折を使って16倍5度の視野で星空を眺めてました。不思議に思って見ていましたが、オリオンにかかる光芒はやはり黄道光だったのですね。

これから秋も深まり、天候が安定してやっと星三昧が出来ますね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ