The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
庭撮りサイトお役目御免  庭撮りサイトの製作

今年1月から使ってきた庭撮りサイトをバラしました。
クリックすると元のサイズで表示します

約2時間で単管パイプも完全バラシです。
クリックすると元のサイズで表示します

元々は冬季限定の予定でしたが、ずるずると梅雨時まで使ってしまいました。
流石に梅雨時にココへ機材を置いておく気はしません。
掘っ建てサイトですが、実際に作ってみると色々なことが判り勉強になりました。
仕事の動線がこの場所から遠ざかってしまったということもあり、
残念ですがココはもう使いません。
次に作るとすれば、もう低地はやめて高い所へ常設するでしょう。

さらば飯能の地よ。14年間有難う!
0



2017/6/14  0:03

投稿者:☆男(hoshiotoko)

minerさん

AOをソフトウェアで狙っているとは!
デキる人は違うなあ。
まあとにかく、宇宙に近い方が良いかと思った次第です。
同じ時間を掛けるなら、出来るだけバックグラウンド輝度
を下げてハイコントラストを楽に撮りたい。
光害残存地ではフラットが合わなくて大変。
あとですね、低地、沢沿いだとブユやヌカカ、イノシシの
脅威が排除できないってのが大きいです。
秩父の1000m程度だと、夏場は大量のヌカカ攻撃に遭います。
富士山五合目には居ないですよね?
この差は大きいです。

2017/6/13  20:07

投稿者:miner

1800m以上だと結構ピンポイントですね。入笠山とか
確かに標高の高いところに行くと空が違いますよね。
#個人的に富士山の富士宮口五合目が大好きですが、車がね...。

ぜひ良いロケーションに小屋を建ててください。
人力だけは提供できます!

C5は☆男さんがプライムフォーカス、プライムフォーカスと話題にされてたので、ほんの出来心です。
AO(補償光学)を念頭に置いてますが、ソフトウェアでも実現できないかと思案中です。

http://miner.at.webry.info/

2017/6/11  21:53

投稿者:☆男(hoshiotoko)

minerさん こんばんは。
C5のガイドスコープ! これは面白そうですね。
HyperStarGuiderってところでしょうか。
そうか、こう言う使い方もあったかあ〜。

庭撮りサイトは元々が実験サイトだったのですよ。
総重量180Kgのポータブル赤道儀で遠征するのも
如何なものか?という疑問が湧き、冬季限定での
運用だったのです。確かにすぐに撮影に入れる環境
でしたが、何か物足りない。
なんというか、こんな場所で撮影をしていても
気乗りがしないんですよ。
誰も居ない深山漆黒の中で撮影したい。
ご近所の生活音がするような環境ではイカン
と気付きました。
やはり、私には遠征と1800m以上の夜空が必要な
ようです。PoleNavigatorと電子ビューファインダー
を確立しなければ!

2017/6/10  0:26

投稿者:miner

あら、比較的近所なので一度伺ってみたいなあと思っていましたが残念!
でもこれから梅雨もありますが、台風とかも考えると色々と危ないですものね。

そのうち秩父方面にも遠征行きたいなと思いつつ、なかなか実現できていません。(汗)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ