The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
威力炸裂 30cmF4プライム・カーボン鏡筒  天体写真(PENTAX K-1)

梅雨前最後の晴天狙いで入笠山天体観測所へ行って来ました。
5月27日は畑でサツマイモを100株植えつけたり、除草作業があったりで
夕方まで野良仕事。帰宅して風呂に入ってご飯を食べたらマッタリして
しまい、なかなか出発できず・・・なんと22時に入間市を出発し、
0時30分観測所着なりって、薄明が2時50分から始まることは知ってますが。

今回は30cmF4プライムフォーカスで撮影するつもりでセットアップ。
クリックすると元のサイズで表示します

K-1ファームウェアVer,1.41 + IMAGE Transmitter2 Rev,2.20でセットアップ。
クリックすると元のサイズで表示します

ところがギッチョン。
IMAGE Transmitter2がK-1を認識しないではあーりませんか!
K-1のみ最新ファームを入れてきましたが、どうやらIMAGE Transmitter2も
最新版を入れなければならなかった模様。案の定、翌日の日中にRev,2.31を
ダウンロードしたら認識しました。Rev,2.30でKPに対応した訳ですが、
あろうことかK-1を認識できなくなるバグがあったようで、速攻でRev,2.31に
修正されていました。

ってことで、ボウズ防止に夏の銀河を撮ることに。

K-1 , ISO3200 , 40sec , DFA28-105mm->28mmF3.5
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

有難いことに鉄板ε-180EDが昭和機械製20E赤道儀に載っており、
友人H氏のご厚意により使わせて頂けることになりました。アリガタヤ
薄明まで時間がないため、完全ノータッチでバシバシ撮ります。
尚、共通フラットを6枚撮って使いまわしました。

M8_M20_猫の手 , K-1 , ISO3200 , 10X30s , 5min Total
クリックすると元のサイズで表示します

M16 , ISO3200 , 6X30 , 3min Total
クリックすると元のサイズで表示します

M17 , ISO3200 , 7X30s , 3m30s Total
クリックすると元のサイズで表示します

バンビ付近 , ISO3200 , 9X30s , 4m30s Total
クリックすると元のサイズで表示します

と言うことで、28日の薄明直前1時間の速攻撮りが終了しました。
それにしても、やはりイプは凄いわ。

--------------------------

さて、H氏、Y氏がご帰宅されて28日夜は私一人になりました。
夜半まで頑張るつもりでスタートしましたが、なんとまあ最高のシーイング!
快晴、微風、夜露なしとこれまた好条件が並びます。

やっと撮れたよM51

さて、今夜は30cmF4プライム鏡筒で撮りまくります。
なんと言っても、今日のシーイングはとても入笠山天体観測所とは思えないほどの
ものであり、過去最高のビッタリ星像です。これで撮れなきゃ腕が悪い。

正方形画像は4000X4000 Pixelにトリミングしたものですが、
フラットもダークも適用していません。プライムフォーカスが如何に
光量フラットであるか解ると思います。
それにしてもK−1、ノイズ少ないですねえ〜。
D-810AとK-1は、当世最高傑作じゃないだろうか?

M51 , K-1 , ISO3200 , 6X180s , 18min Total
クリックすると元のサイズで表示します

等倍画像
クリックすると元のサイズで表示します

派手目
クリックすると元のサイズで表示します

M97 , ISO6400 , 5X90s , 7m30s Total(薄明終了前)
クリックすると元のサイズで表示します

M63 , ISO3200 , 5X180s , 15min Total
クリックすると元のサイズで表示します

M101 , ISO3200 , 6X180s , 18min Total
クリックすると元のサイズで表示します

M109 , ISO3200 , 5X180s , 15min Total
クリックすると元のサイズで表示します

M81 , ISO3200 , 3X180s , 9min Total
クリックすると元のサイズで表示します

M27 , ISO3200 , 6X180s , 18min Total
クリックすると元のサイズで表示します

M13(HDR) , ISO3200 , 2X180s + 2X60s + 2X15s +
ISO 100 , 1X180s , 14m30s Total
クリックすると元のサイズで表示します

結局0時30分頃から薄雲が出始めてシーイングも悪化。
1時撤収→5時帰宅となりました。
2時間仮眠して普通の月曜日が始まりました・・・俺って凄い。

------------------------------------------

撮影日時:2017/05/27(Sat)〜28(Sun)
撮影場所:入笠山天体観測所
天候:快晴、高湿度、28日は雲多し
気温:8℃
星空指数:27日(80)、29日(60)
シーイング:5/5

撮像鏡筒:30cmF4プライム鏡筒、ε-180ED
カメラ:PENTAX K-1
フィルター:無し
コマコレクター等:旧パラコア2インチ

赤道儀:昭和機械25E赤道儀_EZEUSU改
    20E赤道儀_E-ZEUSU改
ガイド:100mmF4ツチノコ+QHY5L-UM , ε-180EDはノータッチトラッキング

撮像時間:***
ダーク画像:***
フラット画像:***
フラット用ダーク画像:***

撮像ソフト:PENTAX IMAGE Transmitter2から制御
画像処理:SI7 , Photoshop_cc

------------------------------------------

・IMAGE Transmitter2 Rev2.20+K-1ファームウェアVer,1.41では接続が出来なかった。
 K-1を認識できず・・・org
   |
   +−>IMAGE Transmitter2をRev231にしたら無事動作した。

・ガイドはもの凄く安定しており、RMS=0.25"角と言う、今までで最高値を更新した。

・20E用クランプが必要。

・J型オーバーホールのためお持ち帰り。

・J型にカメラ雲台用の汎用プレートを付けられるようにする。

・ステナビ10+ASCOMドライバーでの動作検証が必要。
   |
   +−>YさんのEndever Win10最新ノートでASCOM関連が動作しなかった原因。
          |
          +−>”管理者権限で実行” これです!

・今回はT100HAのUSB3.1Cポートひとつで全てを賄えた。(E-ZEUSU、K-1、QHY5L-UM)
 USB3.0延長ケーブルにUSB_4PortHubでノートラブルであった。
0
タグ: 天体写真 PENTAX



2017/6/3  20:56

投稿者:☆男(hoshiotoko)

eiさん

なに?!千畳敷が田舎ですと!
あそこは2600mもあるので、そりゃ〜かないませんよ。
学生時代にポタ赤を持って木曽駒ヶ岳に登り、
テン場で撮影しました。しかも103aEで(-。-)y-゚゚゚
アトラクスでの撮影、頑張ってください。
オートガイダー関連でも不明な点があれば、
何かとお力になれるかもです。

2017/6/1  23:23

投稿者:ei

☆男さん
M13の等倍は危険ですよぉ〜w   目がヤバイ

鹿嶺高原の南は立木でさそり座が見えません。
南南西は開けており逆に、伊那市の光が上ってきます。
30年も前に田舎の千畳敷で見た星空は日本にはないですね。涙、、

アトラクスは内蔵式です。改造は2年前で仕事が忙しく、去年から本格活動です。
なのでオートガイドに四苦八苦中です ^^;

2017/6/1  19:26

投稿者:☆男(hoshiotoko)

taki0652371さん今晩は。

一番はやはり暗い空! これに尽きます。

今回は下界の雲海と最高シーイングに恵まれた週末でした。
こんなチャンスは数年に一度あるかないかですね。
これでもM51がダメだったら、相当に凹んでいたことでしょう(^^♪
ただ悲しいかな、K−1では系外銀河内のHU領域が殆ど写りません。
天の川銀河内の大きなものは結構な強調処理をすることでなんとか出せますが、
系外銀河ではバックグラウンドの漆黒宇宙空間を大切にしたいため、
あまり強烈な処理をやっていません。
そのために赤いのが出ないんです。

今度はAPS-C_ワンショット冷却CCDで撮ってみます。
考えてみれば、プライムにフィルタホイールは付かないですねえ〜。
そうなると、俄然ワンショットカメラが欲しくなります。
ASI071MC-Coolなんか良さげですよねえ〜・・・
イカン、また物欲が。
そうだ、この梅雨時ってのが危険なんですよね。
ポチリヌス菌が大量に発生しますから。ああ困った。

2017/6/1  19:13

投稿者:☆男(hoshiotoko)

eiさんへ

eiさんも旧アトラクスE-ZEUSU仕様ですか。しかもK−1で!
私は20cmF4鏡を持っていないのですが、やはりコレクターPH仕様のR200SSは魅力的
に写ります。高性能なWynneコレクターは長いので、最低限20cm鏡が必要になります。
私のCN15F4では、大きく鏡筒内にせり出しています。

鹿嶺高原は眺めが良さそうな所ですね。伊那方面は入笠山から見ると丁度天の川が
西に傾いて良い感じになる辺りなので、いつも光害の緑カブリして難儀しています。
鹿嶺高原からの南南西は良いでしょうか?
標高もあるようなので今度行って見ようかなあ。

eiさんの旧アトラは赤経モータ内蔵タイプですか?
私のはNewアトラなので外付けにしてしまいましたが、TerescopeWestでは
早々に鏡筒がヒットして使い難いのです。
もっとも西関東での撮影は天頂過ぎから西の空で撮影するのでセーフでしたが。

2017/6/1  0:23

投稿者:taki0652371

おおおお!!凄い!
好シーイングに、宇宙に近い観測所に、プライムフォーカスに、K-1が
組み合わさった素晴らしい作品。
あ、ごめんなさい、+☆男さん入れ忘れた。
でも、プライムフォーカスとK-1いいなー。
HyperStarの誘惑には何とか打ち勝って思い留まったのですけど、
こんな写真がバチバチ撮れるとなると考えてしまいますね。
でも、うちからでは無理かなー。
やっぱ支配項は空ですよね。





2017/5/31  20:29

投稿者:ei

M51おめでとうございます。
とてもシャープで渦巻が綺麗に浮かんでいますね。
他の写真も良いですね。M13なんて、ツブツブ感で目が痒くなってきますw
27日は初めて鹿嶺高原に遠征しました。伊那方面が明るく、視界も広くはありませんでしたが、天頂付近の天の川はとても濃かったです。
私は初代アトラクスE-ZEUSU仕様に、R200SSとK-1で挑んでいますが、、、
なかなか難しいっ!
それでは、おやすみなさい。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ