The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
PENTAX K-1で長時間露光時に白点が現れる? の検証  撮影機材

2016/08/22にデジカメinfoに掲載されたK−1の白点問題↓
http://digicame-info.com/2016/08/pentax-k-1.html
を検証しました。

この問題が真実だとすれば、天体写真撮影に於いて大問題です。

では、初めに検証結果を申し上げます。

<検証結果>

PENTAX K-1の長秒時露光に於いて、白点ノイズが大量に発生した。

<発生条件>

JEPG記録された画像にのみ、この白点ノイズが大量に発生した。

同時記録されたRAW画像には発生していない。
つまり、RAWとJPEGでノイズが全く異なる。

<K−1以外のカメラでも発生するのか?>

K-5 , K-5Us , K-30 , K-3 , K-1で確認したが、K-1のみで発生した。

<対策はあるのか?>

RAWで撮影した場合、この白点ノイズは発生していない。
また、ダーク減算の手順を正しく行うことで通常ノイズはキレイサッパリ
消えるため、実際には影響がない。
つまり、天体写真をRAWで撮っている限りは影響がない。
ダーク減算をしなくても、そもそも白点ノイズが発生していない。

<JPEG撮影ではどうなのか?>

JPEGで天体撮影を行うと、残念ながら大量の白点ノイズにまみれる
結果となる。ステライメージなどによるホット・クールピクセル除去
はJPEG画像の特性を考えれば無意味であり、殆ど効果が無かった。
では、JPEGで撮ったダークを引いたらどうなるかと言うと、
哀れ、黒抜けのポツポツ画像となるのであった。
 |
 +−>よって、JPEGで撮るなら長秒時NRをONで撮る必要がある。

<対策>

RAW+JPEGで撮るべきである。

----------

以上より、
JPEG一発撮りで星景写真を撮る場合に影響がある。
特に岩陰などをトーンカーブで持ち上げた場合など、
大いに影響がある。

----------

それでは実際のデータを見てみましょう。
いずれも長秒時NRはOFFです。

まずは、同時記録したRAWとJPEGの違いです。
K-1_ISO3200_180sec_Dark画像
クリックすると元のサイズで表示します

ステライメージ7と言う天体撮影画像用ソフトを用い、諧調をσ(1.3)
に超強調した結果です。全く違う画像かと思いたいところですが、
間違いなく同時記録したデータです。

撮影日時:2016/07/06-07
撮影場所:三峰ヘリポート(標高850m)
天候:快晴・微風・結露なし
気温:19℃

この時に撮影したIC5067ペリカン星雲のJPEG1枚画がコレ。
K-1_ISO3200_180sec(200%拡大)
クリックすると元のサイズで表示します

言われてみれば不自然な白点が沢山写っています。
では、JPEGで撮ったダーク減算をやってみると・・・
クリックすると元のサイズで表示します

哀れ黒点々の嵐になってしまいました。
そもそもJPEGでダーク減算が上手く行く道理がありません。

追記 2016/08/25
Photoshop ccのフィルターでダスト&スクラッチ除去と言うのが
あります。これを1pixelで適用したらアッサリ消えてしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します

2pixel適用でも画像的には殆ど影響がなく、更に白点が無くなりました。
この画像はJPEG1枚撮りなので、星景写真をJPEGで撮っても問題が無い
レベルになりますね。しかも200%拡大画像です。

クリックすると元のサイズで表示します

では、同時記録のRAW画像ではどうでしょうか。

RAW1枚撮り画像
クリックすると元のサイズで表示します

RAW1枚撮り画像にダーク減算を実施
クリックすると元のサイズで表示します

見事にノイズレス画像となりました。

次に、

この白点ノイズは再現性があるのか? を検証しました。

この時に撮影した複数枚のダーク画像を比べてみたところ、
どうやらノイズの位置再現性があるようです。

K-1_ISO3200_180sec_Dark画像ピクセル等倍1
クリックすると元のサイズで表示します

K-1_ISO3200_180sec_Dark画像ピクセル等倍2
クリックすると元のサイズで表示します

K-1_ISO3200_180sec_Dark画像ピクセル等倍3
クリックすると元のサイズで表示します

それでは、歴代PENTAXのデジイチではどうか見てみましょう。

K-5_ISO800_600sec_ピクセル等倍JPEG画像
クリックすると元のサイズで表示します

K-5Us_ISO3200_600sec_ピクセル等倍JPEG画像
クリックすると元のサイズで表示します

K-30_ISO1600_611sec_ピクセル等倍JPEG画像
クリックすると元のサイズで表示します

K-3_ISO800_600sec_ピクセル等倍JPEG画像
クリックすると元のサイズで表示します

どのカメラでも白点問題と呼べそうなノイズは発生していません。
K-5の頃からISO800はもの凄く低ノイズだったと分かります。

-------------

<まとめ>

追記 2016/08/25
翌日の記事も合わせてお読みください。
http://sky.ap.teacup.com/eti_forest/628.html

白点ノイズはJPEG画像で記録する際に発生しているようです。
星景写真を撮る場合にも、必ずRAW+JPEGで撮るようにしましょう。
とは言え、
昨日まで私もこの問題に気が付いておらず、価格.comの口コミにも
K−1で撮影した天体画像を多数投稿していました。↓
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000856761/SortID=19833100/

K−1のJPEGは発色が良く、優秀ですね!
というコメントも残しています。
つまり、言われなければ気が付かなかったということです。
上記のRAWとJPEGの同時記録ダーク画像はあり得ない程に諧調を狭め、
超強調処理をしたものです。
私が価格.comに投稿した画像も、殆どがJPEGで処理した画像です。
RAWはこれから本気でやっていこうと思っていたところです。
(SI7がK−1に対応してくれたので)

確かにJPEGで撮ると白点が発生し、超強調処理をする天体写真では
気にはなります。しかし、デジカメinfoのリンク先画像は如何なものか
と思います。まず、定量的なデータが記載されていません。
この時点でアウトですね。
一体、どれだけの強調処理をやったのでしょうか?
このような神経質な記事を公表するなら、キチンとデータを示さな
ければならないと思います。

本件はリコーイメージングへ改善要求を上げておきます。

以上。
3
タグ: PENTAX K-1 天体写真



2016/8/24  12:18

投稿者:☆男(hoshiotoko)

山口のじぃ様

はじめに、お孫さんの誕生おめでとうでガス!
姫に囲まれて目じりが下がったじぃ様が目に浮かびますね。
ってか、うちはまだ孫がいませんが男ばかりの家系で、
時々は大滝秀治さんにカツを入れて頂いている状態です、テヘッ。
おお、
K−70をお持ちでガしたか!って、 実はじぃ様のブログはとっくの昔に
ブックマークして拝見させて頂いておりました。ハーハッハッハッハッ!
ZWO-CN15F4の記事などはとても参考になると同時に面白くもあり、
クソまじめな当ブログには無い魅力を感じております。
今後とも是非に遊びにおいで頂き、大いにかき回してもらえると嬉しいででガス。
ところで、
じぃ様は技術的にどうのこうのと書かれていますが、
貴ブログを拝見する限り、そんなことはないのじゃないですかあ〜(^^♪


2016/8/24  11:22

投稿者:山口のじぃ

こんにちは、初めまして、山口のじぃと申します。
いつも楽しく読ませてもらっています。自分がエェ加減なもので、
こちらのよぉに技術的にしっかりしたブログではコメントを書きません。
いや、書けないのですが、今回は唯一書けるかな!?です。(笑)
実は私はK-70を手に入れ、天体にどこまで活用できるかテスト中です。
で、当記事を読ませていただき、貴データにK-70が無かったので、
ISO3200_180sec_RAW+でダークを撮ってみました。結果はK-1と同じでした。
ショックは無いです。K-1と同じで幸せで、ガス!ハッハハッハッハ!!
しっかし、直焦撮影に使う場合はRAWですし、インターバル撮影ではJPGで
撮りますが、まったく気が付きませんでしたねぇ!?

http://zujonootakara.com/blog/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ