The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
上手く撮れたことなし_M51  天体写真

昨晩も晴れたので夜半過ぎからM51を撮りました。
私はいままでM51を満足に撮れたことが無く、流石に今回は上手く撮れるだろう
と思ってサクッと撮るつもりでしたが・・・

う〜ん、何故か星が丸くなりません。
シーイング5/5、ガイドRMS=0.32"角で全コマガイドミス無しなのに。
ピントもバーティノフマスク+PintAide値0.1、ダイヤルゲージ管理で試写
して完璧を狙ったのですが、どうやっても星が涙目状態です。
昨日のM00はかなり満足の結果であり、直前にコリメータで光軸も合わせました。
なので、M51では事前に光軸チェックは行っていません。

画像を強調処理すると光量分布が大きく偏ていました。
そうか、イノシシが下手な光軸合わせをやりやがったな!
イノシシじゃしょうがないや。。。

もう! なんでM51に限って一度もまともに撮れないのだ。

M51 , L=14X300s , RGB(2X2bin)=each 5X300s , 2h25min Total , NoDarkAndFlat
クリックすると元のサイズで表示します

L画像
クリックすると元のサイズで表示します

どうやら光軸が狂っているようですが、問題は何故中一日でこんなにダメに
なってしまったのかということです。
確かに日中はドエラク暑かった。夕方から一気に気温が10℃下がった。
という状態ではありました。なので、撮影は夜半過ぎから行ったのです。
透明度悪く夜露びっしょり、庭撮りサイト周辺も水蒸気でもわ〜んでした。
でも、光軸には関係ないだろうと思うのですよ。

300FNと冷却CCDでM51を4回撮って、4回とも撃沈なのです。
まったく泣けてくるわ。
時間切れでフラットもダークも撮れなかったのでFlatAideのお世話になり、
涙目星像はPITで修正しています。なので、銀河部分の解像感がまるでありません。
RGBを2X2ビニングで時間短縮し、結果にどう影響するかが今回のテストでは
ありましたが、まあ、その部分は許容範囲かな?という結果です。

星像の涙目を修正せずに銀河部分を処理すると、それなりに解像感は出ますが、
キタナイ画像だなあ〜。
クリックすると元のサイズで表示します

------------------------------------------

撮影日時:2017/05/22-23
撮影場所:庭撮りサイト(標高220m)
天候:晴れ、無風、夜露ビッショリ
気温:22℃->14℃
星空指数:50
シーイング:5/5

撮像鏡筒:GINJI-300FN改(30.5cmF4 , fl=1220mm)
カメラ:Orion StarShootMonoV(Sony ICX285AL 2/3inch)
フィルター:Orion 1.25" LRGB Filters
コマコレクター:笠井コマコレ

赤道儀:GN-26S赤道儀改+E-ZEUS改
極軸合わせ:PHD2のドリフトアライン機能にて微調整
ガイド:80mmF5ガイド鏡 + QHY5L-UM+PHD2_Ver,2.6.1

撮像時間:画像に併記
ダーク画像:***
フラット画像:***
フラット用ダーク画像:***

ASCOM Platform 6.1 SP1-6.1.1.2627
撮像ソフト:MaxImDL_Pro Ver6.12
画像処理:SI7 , Photoshop_cc

------------------------------------------
0
タグ: 天体写真 PENTAX

庭撮りサイトでM100_LRGBマジメ撮り  天体写真

昨日の晩は久しぶりに好条件で撮影できました。
事務所の移転やリフォームやらで、あっという間に5月が過ぎて
行きます。BフレッツをやめてCATV光回線にするのですが、これの
工事が混んでいて未だ未開通のネット落ち状態ですよ。

今回は久しぶりに冷却CCDと30.5cmF4を使います。
クリックすると元のサイズで表示します

石垣?も良い感じに締まってきました。
クリックすると元のサイズで表示します

冬に整地した駐車スペースがテントサイトのようになりました。
ここはイノシシにほじくり返され、とんでもない状態だった場所です。
クリックすると元のサイズで表示します

今回はシーイング5/5で快晴・微風の好条件でしたが、やはり光害地での
フラットは難しいと思い知らされました。21:30〜02:30までM100一本勝負
の本気撮りでしたが、時々刻々とバックグラウンドの明るさが変化しており、
2/3inch CCDにもかかわらずフラットがバッチリとは決まりませんでした。

M100 , L=22X300s , RGB=each 6X300s , 3h20m Total ,
共通Dark=4X300s , Flat(L)=6X300s , Flat(RGB)=each 2X300s
クリックすると元のサイズで表示します

L画像
クリックすると元のサイズで表示します

C-11 + K-1でのお気楽撮影に比べ、まあ大変なこと!
それでも飯能市郊外(標高220m)でここまで撮れるんだなあ〜という感想です。
K-1でもここまでは出せないなあ。
久しぶりに”天体写真を撮像しました”って感じです。

------------------------------------------

撮影日時:2017/05/20-21
撮影場所:庭撮りサイト(標高220m)
天候:快晴無風
気温:19℃->12℃
星空指数:60
シーイング:5/5

撮像鏡筒:GINJI-300FN改(30.5cmF4 , fl=1220mm)
カメラ:Orion StarShootMonoV(Sony ICX285AL 2/3inch)
フィルター:Orion 1.25" LRGB Filters
コマコレクター:笠井コマコレ

赤道儀:GN-26S赤道儀改+E-ZEUS改
極軸合わせ:PHD2のドリフトアライン機能にて微調整
ガイド:80mmF5ガイド鏡 + QHY5L-UM+PHD2_Ver,2.6.1

撮像時間:画像に併記
ダーク画像:共通ダーク=4枚
フラット画像:L=6 , RGB=各4枚
フラット用ダーク画像:共通ダークを流用

ASCOM Platform 6.1 SP1-6.1.1.2627
撮像ソフト:MaxImDL_Pro Ver6.12
画像処理:SI7 , Photoshop_cc

------------------------------------------
0
タグ: 天体写真 PENTAX

C-11直焦点のちHyperStar撮影  HyperStar for C-11関連

連休前半に入笠山天体観測所へ行って来ました。
今回はC-11+HyperStarの実践投入試験ですが、オマケで直焦点でも撮影。
既知のことですが、ここはシーイング5/5でも地表風があって長焦点での
高解像度撮影には適しません。今回は正にシーイング5/5でも2800mmでは
ユラユラなLV画像でした。それ以前に、C-11の直焦点にK-1を付けたら
周辺星像がコマ収差だらけで見れたものではありませんが。

まあ、それは仕方ないとして、
何と言っても同じ鏡筒、同じカメラ(K-1)で同じ晩に下記の画像が得られる
と言う面白さは感じました。テストなのでフラットもダークも無し。
HyperStar撮影は周辺減光が大きいのでフラットは撮るべきでした。

今回の撮影システムはコレ。
クリックすると元のサイズで表示します

M51 , ISO12800 , 10X180sec , 30min Total
クリックすると元のサイズで表示します

M13 , ISO3200 , 4X180sec + 4X30sec , 16min Total
クリックすると元のサイズで表示します

NGC7000 & IC5067 , ISO3200 , 9X30sec , 4min30sec Total
クリックすると元のサイズで表示します

全画面はこんな感じですが、かなり無理があります。
フラットを撮ればなんとかなりそうですが、やはり周辺は難しいでしょう。
HyperStarのイメージサークルはφ27mmと言う仕様です。
K-1フルサイズではφ44mmな訳ですからね。
クリックすると元のサイズで表示します

M8 , ISO3200 , ISO3200 , 10X30sec , 5min total
クリックすると元のサイズで表示します

このM8は上手いこと周辺減光を目立たなく出来ましたが、やはり猫の手は
殆ど出ていません。周辺まで点像なのにモッタイナイ!

M20 , ISO3200 , 9X30sec , 4min30sec Total
クリックすると元のサイズで表示します

このM20は中心を4000X4000Pxelでトリミングしました。
フラットを撮れば完璧な画像になるでしょう。

マルカリアンチェーン , ISO3200 , 1X31sec , ほぼ撮って出し
クリックすると元のサイズで表示します

M66 , ISO3200 , 10X180sec , 30min Total
クリックすると元のサイズで表示します

もっとまじめにピントを追い込めば良かった。
ピンが来ていれば結構写っていそうです。

M101 , ISO12800 , 8X180 , 24min Total
クリックすると元のサイズで表示します

NGC4038_NGC4039(アンテナ銀河), ISO12800 , 4X180sec , 12min Total
クリックすると元のサイズで表示します

PM2.5と薄雲の影響で撮影待ちしていたら西に傾いてしまい、
たった4カットしか撮れませんでした。こんな時に限ってピンが来ています!
この枚数ではアンテナ部を出すのは無理ですねえ(-_-;)

NGC4567_NGC4568 , ISO12800 , 10X180sec , 30min Total
クリックすると元のサイズで表示します

天頂付近で好条件だったのに強風でブレてしまった。
お山の強風はハンパないんです。要対策だなあ。

C-11の直焦点撮影ではアンテナ銀河がほぼベスト状態。
実用イメージサークルはφ15mmと言った感じです。
HyperStar撮影ではφ32mm程度まで使えそうで、K-1の短辺24mm角ならば
十分に実用になると思います。更に、HyperStarで撮って直焦点の2800mm
相当までトリミングしてもかなりイケる星像でした。

これは↑のM20を等倍拡大した画像で、ほぼ2800mm直焦点撮影相当です。
クリックすると元のサイズで表示します

M8の等倍はコレ
クリックすると元のサイズで表示します

コマ収差も無くて綺麗な画像です。凄いなあ〜
むしろ直焦点撮影よりも星像が良いです。これならば、常にHyperStarで撮って
等倍拡大すれば、直焦点で撮ったのと変わりないかもしれません。
イヤ、収差が無い上にウルトラ短時間露光で済むためこっちの方が良いかも
しれませんね!う〜ん、新たなる検証事項発生ですねえ。

------------------------------------------

撮影日時:2017/04/28(Fri)〜30(Sun)
撮影場所:入笠山天体観測所
天候:快晴
気温:-2℃
星空指数:28日(80)、29日(60)、30日(40)
シーイング:4/5〜5/5

撮像鏡筒:C-11鏡筒+HyperStar ( 直焦点撮影 F10_2800mm , HyperStar F2_FL=560mm )
カメラ:PENTAX K-1
フィルター:無し
コマコレクター等:HyperStar

赤道儀:SkyMax
ガイド:50mmF4+QHY5L-UM , HyperStarはノータッチトラッキング

撮像時間:***
ダーク画像:***
フラット画像:***
フラット用ダーク画像:***

撮像ソフト:PENTAX IMAGE Transmitter2から制御
画像処理:SI7 , Photoshop_cc

------------------------------------------
1
タグ: 天体写真 PENTAX

PENTAXブランドはマニア路線へ  撮影機材

ポルシェ911が911であるように、
K-1はK-1であり続ければよい。
K-1 2018年モデルとか。

APS-Cフラッグシップ機をK-2で出し、
真のフィールドカメラとして三年後を乗り切って欲しい。
連写は、もはや4K動画からの切り出しで十分という時代。
AFだって、私は十分だと感じている。
ミラーレス機の選択技は必須。

以上
2

堂平の宇宙(そら)から8  堂平の宇宙(そら)から

堂平天文台のドーム部屋に三男の友人3人を連れて宿泊して来ました。
本当は3月31日(金)の予定でしたが、まさかの雪でときがわ町側
から施設閉鎖によるキャンセル要請にて中止。
運良く4月7日(金)が空いていたので速攻申し込み!

この日は春らしい良い天気で眺めも最高でした。
クリックすると元のサイズで表示します

彼らとは昨年の夏にキャンプにも行きました。
クリックすると元のサイズで表示します

三男は長いこと入間市天文クラブで活動していますが、
他の三人は初めての星見。
運良く夕方と22時頃に快晴に恵まれ、星を見ることが出来ました。
他の宿泊者が2家族おり、管理人さんからの要請で急きょ91cm
望遠鏡でミニ観望会を開催出来ました。
私が動態保存の維持管理メンテを行っているとは言え、今日はお客と
して来所した身分です。勝手に使う訳には行きませんが、
管理人さんからの要請と、常時立ち合いによって皆さんにも月と木星を
お見せ出来ました。シーイングが良く最高の木星が見られ、
みんな感動してくれました。


堂平天文台がある”星と緑の創造センター”はキャンプ施設です。
月に2回の定例観望会は開催されていますが、たとえドーム部屋に
宿泊したからと言っても、天体観望はできません。

え〜〜っ!?

ここに泊っても望遠鏡で見せてもらえないの?

晴れていても見せてもらえないの?

そーなんです。
予約制の定例観望会以外は見せてもらえないのです。
別途申し込めば特別観望会は有料(安いですが)で開催して頂けます。

でも、

ココに泊ったら、見たいですよねえ〜 晴れていれば!

勿体ない。
実にモッタイナイと思いませんか?
この辺りを改善すれば、もっと集客率が上がるだろうに。

そこんとこ、
なんとかしようと画策中です。

--------------------- 業務連絡 --------------------------

PC-9801のフロッピーディスクが壊れていました。
急きょ予備と交換して起動できましたが、フロッピーディスクは
必ず電源を入れてから挿入し、PC-9801の電源を落とす前に
取り出して下さい。今回もフロッピーディスクが入れっ放し
でした。着磁による故障です。

その他は正常稼働で、スリップリングによるエラーも無し。
以上。
--------------------------------------------------------

0
タグ: 堂平天文台




AutoPage最新お知らせ