The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
復活のアトラクス_スーパーピラー偏  撮影機材

30cmF4クラスを載せるには、このくらいやった方が良いでしょう(^^♪
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

アトラクスがちっこく見えますよ。
ピラー重量は45Kgぐらいじゃないでしょうか。
このピラーはですね、8年前に山から伐り出して来た88年生のヒノキ丸太です。
背割りを入れて8年間陰干ししたビンテージ物です。
だから、もう暴れないし強度もイイ感じに上がっています。φ220mm!

黒くて丸いのは5Kgのバーベル錘。
28mmバー用なので穴径が30mm弱でした。
アトラクスの台座はφ30mmのおへそにM12のタップが切ってあります。
ほぼピッタリですが、少しだけリーマーで仕上げないとなりません。
鋳物の文字が出っ張っていて邪魔なので、これはフライスで削ります。

足は90mm角、長さ1mの防腐処理角材です。
レベラーねじはM12で、裏からスリーブナットを入れてあります。
グラインダーで先っちょ丸め加工をしてあります。
Z金物ワッシャーとナットで固定もバッチリです。

何をするにも三脚すら無いのでは効率が悪すぎます。
と言うことで、始めにスーパーピラーを作った次第です。

あ、

玄関から・・・出せない(V)o¥o(V)
0

次のテーマはコレです。  撮影機材

ニュー・アトラクスのジャンク(爆)が来ました。
クリックすると元のサイズで表示します

モータも駆動回路もコントローラもバランスウェイトも無い。
三脚台座すら・・・ない。(V)o¥o(V)

何がどうなってうちに来たのかは謎ですが、
調べた結果、ウォームホイルとベアリングは大丈夫のようです。
実は半年以上前から転がっていたのですが、手付かずでした。
これにCCA250や30cmF4クラスが載るように改造したいと思います。
しかも、車で移動できるようにする。
鏡筒は当面VISACになるでしょうが、冷却CCDが2/3インチと小さいために
手強いのです。とても90sではやる気になりません。

写っている黄色いのは三脚じゃなくて、ピラーの一部として使います。
先日ホームセンターで買って来たカラー単管パイプを切断したもの。
バランスウェイトはバーベルの錘で、1枚2.5Kgを6枚買いました。
15Kgなり。1枚864円ですよ。
アトラのシャフトはφ25mmですが、この錘はφ26mmバー用。
丁度良いのがあるものですね。

自動導入をどうするかとか・・・

さて、どうなることやら。
0

2013年の夏に撮影したHubble Palette三点を再処理しました。  天体写真

最近ようやくHubble Paaletteのコツみたいなものが掴めてきました。
NarrowBandと言えども標高が高い所で撮った方が良いに決まっています。
NGC7000は標高1140mの有間峠で完結、IC5067はHαのみ1140mで撮影し、
S2とOVは有間ダム湖畔の標高300mでの撮影です。
共に透明度、シーイングが良好でした。
vdb142は4.5等星のガーネットスターがやっと確認できる程度のぼやけた
空で、標高450mの林道で撮りました。2日かけて8時間40分も露光しました
がこの程度です。
元ネタが過去ログに埋もれていますので貼り直しました。

http://sky.ap.teacup.com/eti_forest/375.html
クリックすると元のサイズで表示します

http://sky.ap.teacup.com/eti_forest/371.html
クリックすると元のサイズで表示します

http://sky.ap.teacup.com/eti_forest/361.html
クリックすると元のサイズで表示します

標高2000m以上で地上から隔絶された独立峰で撮れば、
日本の空でもかなり改善されるでしょう。(ジェット気流の弱い季節)
中途半端に標高が高くても、高原のように周りの地面も高いと地表熱
の影響で解像度が下がります。だから富士山五合目で撮ると実に抜け
が良い画像が撮れますが、入笠山だとイマイチぱっとしません。
同じ理屈で奥秩父よりも有間峠の方がNarrowBandには向いている気
がします。もっと言えば、スカイツリーの上とか良いかも(V)o¥o(V)
やっぱり島が一番かなあ〜?

その前に、私の場合は作品を撮ろうと思っていない所が問題かも。
複数晩撮ってもカメラの回転角は一致していないし、露光も適当。
そんなことではNarrowBandの世界には入って行けませんね。

Hubble Paletteの最低条件。

S2 = 5時間 −+
Hα= 2時間  |合計10時間
OV= 3時間 −+

これは私の10cmF6 Newtonianの場合です。
20cmF4クラスなら合計5時間で済むことになります。
この差は大きいです。ジプシー撮影で複数晩やらないと完結できない
のでは、効率が悪すぎます。やはり黄色いヤツが必要でしょう。
同じことが4時間で完結できそうです。

0
タグ: Hubble

K-3のでっかい版だった645Z  撮影機材

出たか

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

SONY製素子。
LV+チルト付きだす。
Automatic Transmissoin機能が何気に嬉しい。

笑っちゃうのが35oフルサイズ機を徹底的にコケ落としている点。
よっぽど悔しい思いをして来たんでしょうね。そりゃそうだ。
ってこたあ〜よ、35oフルサイズ機は出さないってことだな。
まあイイヤ。
ならばK-02が早急に必要なんじゃーないでしょうか?

*Automatic Transmissoin、K-5Usでも使えるようにしておくれ!

0
タグ: 645Z

デジイチで銀河の色が出ないので・・・  天体写真

何故かデジイチで撮ると銀河の色がモノトーンになりがちです。
赤い星雲も結構写るK-5Usでもあまり出ません。
本気で枚数を稼いでいないから?

モノクロ冷却CCDで気合撮りしたつもりで再処理したM31ですが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

どうなんでしょう?
海外オヤジはこういうの多いですよね〜。あまり好みではありません。
元画像、データはココ↓
http://sky.ap.teacup.com/eti_forest/384.html

まあ、画像処理でイジクリ倒せばデジイチ画像でもこんな色が出せる
と言うことは解りました。
0
タグ: 天体写真 PENTAX K-5Us