The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
GINJI-300FNを持って奥秩父へ  天体写真

昨日の結果ですが片ボケやら突然のピンボケやらに悩まされ、
まともな画像は得られませんでした。オフアキだけは確証が取れました。
とりあえずの処理を行ってみましたが、元画像の出来が悪いので途中で
やる気がなくなってしまった。まあ、データとしては有効でした。
30cmF4を持ち歩いてまともな画像を得る難しさを痛感しました。
この鏡筒はまだまだ改善が必要です。

M78 , 9X10min , 90min Total , SSProV2
クリックすると元のサイズで表示します

<言い訳ここから>

下記のSSMonoV画像が妙な収差流れを起こしているのは、
笠井フラットナーの後端から70mm±10mmの仕様に対して+19.25mmの89.25mmで
撮影したからです。なんと、オフアキにフィルタホールがヒットしてしまい、
やむなくM48->T2_6mm延長リングの代わりに20mm延長チューブを使用したのです。
   |
   +−>M97とM106で検証の結果、フラットナーのバックフォーカスを長く
       取り過ぎたことが原因ではなく、ドローチューブのロックネジの
       締め方ひとつで光軸が大きく狂うことが原因だと判明しました。
       SSMonoVは2/3inchなので、こんなに後ろに配置してもまともな
       星像になるようです。


<言い訳ここまで>

M81 , L:12X5min , R=G=B:2X5min , 90min Total
クリックすると元のサイズで表示します

M81 L画像
クリックすると元のサイズで表示します

M97 , L:6X5min , 30min Total(オマケ撮り)
クリックすると元のサイズで表示します

M106 , L:3X10min , 30min Total(オマケ撮り)
クリックすると元のサイズで表示します

---------------------------------------------------

撮影日時:2015年01月24日 22:58:46〜04:59:50
撮影地:奥秩父(標高1130m)
星空指数:80点
気温:-4℃->-6℃
湿度:結露せず
風:微風
シーイング:3/5

冷却CCD:ORION StarShootPro Ver2.0(SONY ICX413AQ)
        ORION StarShootMonoV(SONY ICX285AL)
撮像鏡筒:GINGI-300FN , 30.5cmF4 , 1220mm , 笠井フラットナー
フィルタ:SSPRoV2は無し
撮像時間:***
ダーク画像:***
フラット画像:***
フラット用ダーク画像:***

赤道儀:ニューアトラクス改 E-ZEUSU仕様 + ひのきスーパーピラー
ガイド:自作オフアキ + QHY5L-UM + PHD
CCD制御:MaxIm DL Essentials Edition
画像処理:SI7 , cs5

----------------------------------------------------
1

さて今夜は  天体写真

今日はこれから奥秩父方面へ行って来ます。
本当は昨日の方が良かったのですが、出遅れて行けませんでした。
三峰ヘリPは混んでいそうなのでアッチかなあ〜?
そもそも晴れるのか今夜?
んじゃ!
  ▽
現地着

入れないよお〜
アイスロードを登ってきましたが、
厳重に単管パイプとクサリがかけてあり、
車は入れません。誰もいない・・・

アイスロードを登っていくと・・・
クリックすると元のサイズで表示します

こんな感じでした。
クリックすると元のサイズで表示します

南端へ重機材を運ぶのは罰ゲームの心境でした。
2時過ぎからは一人きりになりました。

       ↓

   6時撤収→8時30分帰還

一晩中快晴でした。

LX7 , 4.7mmF1.4->4 , ISO400 , 250sec
クリックすると元のサイズで表示します
0

妖怪薪集め  薪ストーブ

やっと今季の薪集めが完了しました。
MPVで15杯分、約6トン。
昨年は12月30日まで仕事漬けだったため、なんと大晦日にチェンソー唸らせ
ひたすらに玉切り。正月休みからせっせと運び出してやっと完了。
クリックすると元のサイズで表示します

今季の現場は畑の中だったため、MPVがトラクター状態になりました。
妙な所でスタッドレスが威力を発揮したりして・・・
まあ、1回400Kg平均で15回も運べば車の中は泥だらけになります。
これを、かれこれ9年間もやっているのだからMPVも可哀想だなあ。
もう17万キロも乗ってしまった。
せめてハイエースだろ、やっぱし。

ターセル 65000Km
ジムニー 85000Km
RX-7(SA) 78000Km
RX-7(FC) 125000Km
カペラワゴン 156000Km
MPV 173000Km
アテンザ 35000Km

歴代、どうも乗る車と生活が合っていないようです。

妖怪薪集めが出てきて、ハイエースを買うにゃ。
ユニック付き2トンのロングを買うにゃ。
とうるさくてたまらない年の始めです。
0
タグ: 薪ストーブ

有間ダム堰堤でNGC2264コーン星雲を撮る。  天体写真

ラヴジョイ彗星を撮り終えた後はNGC2264を撮影していました。

クリックすると元のサイズで表示します

---------------------------------------------------

撮影日時:2015年01月18日 01:15:48〜03:20:18
撮影地:有間ダム堰堤(標高300m)
星空指数:80点
気温:-4℃
湿度:結露せず
風:2時頃から風が強くなってきた。
シーイング:3/5

冷却CCD:ORION StarShootPro Ver2.0(SONY ICX413AQ)
撮像鏡筒:10cmF5.48 Newtonian改 ,
AC-No,3自作レデューサ・フラットナー , 548mm , F5.48
フィルタ:LPS-P2

撮像時間:6 X 20min = 120min Total
ダーク画像:現地ダーク1X1200sec
フラット画像:現地フラット7枚
フラット用ダーク画像:7枚

赤道儀:ニューアトラクス改 E-ZEUSU仕様 + ひのきスーパーピラー
ガイド:5cmF5 + SSAG
CCD制御:MaxIm DL Essentials Edition
画像処理:SI7 , cs5

----------------------------------------------------

大きな赤道儀と小さな鏡筒なので撮影はとても楽でした。
1カット20分X7=140分間の放置プレイ。
最近は20cm〜30cmを使っていたので光量不足を激しく感じました。
10cmではAPS-Cでも周辺減光が30%あるため、有間ダムで南方面を撮ると
光害の影響でフラットを合わせるのが大変です。

ちなみに、
スパイダー改造前に三峰でK-5Usを付けて撮った画像と比較してみると・・・
クリックすると元のサイズで表示します

左:SSProV2 右:K-5Us

K-5Us良く写るなあ〜と、改めて思ってしまう。
三峰ではフラットも穏やかで良いため、淡い部分が良く出ています。
一方、有間ダムではきついフラットを当て込んでいるため不利ですね。
それでもワンショット冷却CCDの16bit-AD変換は有効で、星の色は飛んでいません。
可哀想にSSProV2は、暗い空で本気撮りしたことが無いのです。
遠征地で明るい光学系を使えば、まだまだ現役で使えそうです。
0

GINJI-300FN用高剛性オフアキを赤アルマイト仕上げ  撮影機材

笠井のニュートン用コマコレ専用オフアキをアルマイト処理しました。
今年のラッキーカラーは赤と決めたので赤アルマイト(濃いめ処理)。

クリックすると元のサイズで表示します

コマコレは20mm入り込んでM48_P0.75でねじ込まれています。
オフアキ自体の厚みは10.5mmと薄型です。
右のリングはM48_P0.75 -> T2延長リング(冷却CCD用)
クリックすると元のサイズで表示します

笠井のTリングEOSの中身を内径φ44mmにワイド化。
クリックすると元のサイズで表示します

フルサイズEOS用
クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: GINJI-300FN