The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
特許権を会社に譲渡とは!  仕事

いろいろな意味で青色発光ダイオードの中村氏のノーベル賞受賞は
問題提起されています。

特許権を会社に譲渡することを特許法で法令化されてしまうと、
優秀な研究者や技術者はやる気を無くすこと必至です。
確かに、
特許はその技術の研究・開発に多額の資金が必要なことも多いし、
それを研究している間の給料や間接経費を会社が負担しています。
また、出願から特許査定に至るまでの弁理士費用や差し戻し、クレーム
費用が100万円以上かかることもザラです。
場合によっては特許庁まで出向き、担当官に誠意説明を要求されたり
します。更に、特許査定となると、毎年毎年約10万円もの年貢を特許庁
に上納し続けなければならないのです。

でも発明とは、
本来個人のひらめきと努力の賜物だと思うのです。
日本では”商品が売れた際に一定の比率を掛けて発明者に対価を支払う”
という規定が一般的になって来ましたが、果たして億のカネを払うでしょうか?
また、あいつだけが開発した訳じゃないなど、チームへの配慮も必要とか・・・

超一流のスポーツ選手が陰でどれだけ努力をしているか。
同様に、寝ても起きても研究開発に没頭している研究者・技術者が特許を
取れ、それが大きな収益になったならば特別な配慮があって良い筈です。

日本では、一般的に絶対にそのような配慮はなされないと思います!

商品を売るにもマネージメントをするにもノウハウがあるんだよ。
お前の特許だけでお金が入って来た訳じゃない。
製造工程、生産管理は誰がやっていると思うんだ!
資金調達はだれが苦労していると思うんだ!

上記全て、価値ある特許があるからこそ発生した”仕事”です。
”代替えが利く”のが仕事であり、利かないのが発明です。
100人の凡人より、一人の天才・秀才なんです。

超優秀な研究者・技術者よカンバレ!
虐げられたらサッサと会社を辞めてアメリカへ行け!独立せよ。
恐ろしい資金難が待ち受けている訳だが、それを乗り越えられれば天国が
待っているぞ。
世界はもはやボーダーレスである。

・・・と、言ってみたものの現実はチビシイねえ〜〜(-_-;)
ささ、今日も仕事仕事。
0

仕事が祭り状態になったので・・・  仕事

年末に向けて開発モノなど多数が着弾しやがりまして・・・
今年は遠征に行けなかったのですが、これで缶詰め決定です。
どう考えても10月、11月は身動きが取れず、12月に入って目処が立たなければ
気持ち良く年が越せません。

ってなこって不肖☆男、仕事が祭り状態(楽しくない)となったため、
ブログの方は再びカメの呪いが掛かることとなりました。m(__)m
次の活動は年末かあ? うーん遠いなあ。
0

NGC6992 網状星雲  天体写真

昨晩は0時前に撮影を完了して帰還しました。
オフアキは今回も1カットも失敗せず、4in1USB_5m延長リピーターも
順調に機能したため、これにて本テーマは一旦終了とします。

昨晩の釣果(1280X1924画像です。)

NGC6992 , 6X1200s , 120min total
クリックすると元のサイズで表示します

天頂付近、かつ、快晴だったので低感度CCDにしては良く写っています。
最大輝度が21000カウント程度のため、星の色も飛んでいません。
このくらい写るのならAPSCワンショットカラーCCDも捨てたものでは
ありませんね。

このシステムでは1278mm+7.8μm画素CCDの撮影は楽勝な感じです。
全く不安なく2時間放置で大丈夫でした。
風に強くするには赤経・赤緯のウォームギアをキチンと調整しなければ
ダメです。”高速導入するからと多少ガタ気味に調整した方が良い”
と言うのはウソです。キチンと調整し、東側を気持ち重くするのが
最適解ですね。

---------------------------------------------------

撮影日時:2014年9月22日 22:04:52〜23:54:02
撮影地:有間峠(標高1140m)
星空指数:70点
気温:12℃→10℃
湿度:小雨上がりで撮影開始、結露あり、湿気寒い感じ
シーイング:3/5

冷却CCD:ORION StarShootPro Ver2.0(SONY ICX413AQ)
撮像鏡筒:VC200L + レデューサ2 , 1278mm , F6.4
フィルタ:LPS-P2

撮像時間:画像に併記
ダーク画像:ライブラリから流用
フラット画像:現地フラットツールにて各10枚
フラット用ダーク画像:各3枚

赤道儀:ニューアトラクス改 E-ZEUSU仕様 + ひのきスーパーピラー
ガイド:自作オフアキ+QHY5L-UM , RMS=1.41程度 , Exp=2.0sec
    雨雲が抜けた後なので水蒸気が多いのかもしれない。

CCD制御:MaxIm DL Essentials Edition
画像処理:SI7 , cs5

----------------------------------------------------
2

こちら有間峠、快晴です。  天体写真

性懲りもなく20時30分現地着です。
はじめ小雨が降りましたが快晴になりました。
今、NGC6992網状星雲を1278mmで撮っています。
おお、今日は電波状態が良いなあ〜。

今夜は2時間だけ撮影して撤収しました。
まだまだ快晴でしたが、明日のために。
0
タグ: 天体写真 PENTAX

晴れやがった! きのこ茶屋Pに再度着弾!  天体写真

20日の土曜日は晴れそうになかったので留守番をおおせつかって
19時まで家事をやっていました。
何気にGPVを見てみると・・・あ、アレ? 今日、晴れるって
予報あったっけ??ってな感じで北関東から晴れ間が。
どうせガセだろうと、その後もウダウダやっていましたが入間市も
晴れて来ました。うんにゃ〜〜(ー_ー)!!
結局21時30分発→22時17分現着で、きのこ茶屋Pへ行って来ました。

今回はAPSCワンショットカラー冷却CCDであるStarShootProV2.0を
使って、USBケーブルの4本まとめ→5m延長が機能するかの検証です。
結果は問題なくUSBケーブル1本で全部機能しました。
例によって画像はThinkPad SL510での速攻処理なので変でしょう、
たぶん。後日差し替えます。
     |
     +−>差し替えました。

NGC7293 , 5X1200s , 100min Total
クリックすると元のサイズで表示します

M33 , 7X600s , 70min Total
クリックすると元のサイズで表示します

---------------------------------------------------

撮影日時:2014年9月20日〜21日 23:51:02〜04:30:31
撮影地:きのこ茶屋P(標高530m)
星空指数:70点
気温:10℃
湿度:夜露あり、微風
シーイング:3/5

冷却CCD:ORION StarShootPro Ver2.0(SONY ICX413AQ)
撮像鏡筒:VC200L + レデューサ2 , 1278mm , F6.4
フィルタ:LPS-P2

撮像時間:画像に併記
ダーク画像:1200s用X2枚、600S用はライブラリから流用
フラット画像:現地フラットツールにて各10枚
フラット用ダーク画像:各3枚

赤道儀:ニューアトラクス改 E-ZEUSU仕様 + ひのきスーパーピラー
ガイド:自作オフアキ + QHY5L-UM + PHD

CCD制御:MaxIm DL Essentials Edition
画像処理:SI7

----------------------------------------------------

今回もガイドミスはゼロ。
しかし、なんで南中過ぎたNGC7293にしたかは謎です。
5枚目の高度は、なんと11度!6枚目は8度まで下がり、星像が
ビロビロ〜で使えませんでした。また、南だけ常に薄雲とモヤが
あり、ガイド星をロストすることもありました。
南以外は良く晴れていたため、悔やまれます。
M33はオマケで撮影したものです。

今回の1枚データは12.3MBです。
SSMonoVは2.9MBなので約4倍のデータ量となります。
それでも一晩問題なく使えました。
1
タグ: 天体写真 PENTAX