The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
PENTAX K-1で長時間露光時に白点が現れる? の検証  撮影機材

2016/08/22にデジカメinfoに掲載されたK−1の白点問題↓
http://digicame-info.com/2016/08/pentax-k-1.html
を検証しました。

この問題が真実だとすれば、天体写真撮影に於いて大問題です。

では、初めに検証結果を申し上げます。

<検証結果>

PENTAX K-1の長秒時露光に於いて、白点ノイズが大量に発生した。

<発生条件>

JEPG記録された画像にのみ、この白点ノイズが大量に発生した。

同時記録されたRAW画像には発生していない。
つまり、RAWとJPEGでノイズが全く異なる。

<K−1以外のカメラでも発生するのか?>

K-5 , K-5Us , K-30 , K-3 , K-1で確認したが、K-1のみで発生した。

<対策はあるのか?>

RAWで撮影した場合、この白点ノイズは発生していない。
また、ダーク減算の手順を正しく行うことで通常ノイズはキレイサッパリ
消えるため、実際には影響がない。
つまり、天体写真をRAWで撮っている限りは影響がない。
ダーク減算をしなくても、そもそも白点ノイズが発生していない。

<JPEG撮影ではどうなのか?>

JPEGで天体撮影を行うと、残念ながら大量の白点ノイズにまみれる
結果となる。ステライメージなどによるホット・クールピクセル除去
はJPEG画像の特性を考えれば無意味であり、殆ど効果が無かった。
では、JPEGで撮ったダークを引いたらどうなるかと言うと、
哀れ、黒抜けのポツポツ画像となるのであった。
 |
 +−>よって、JPEGで撮るなら長秒時NRをONで撮る必要がある。

<対策>

RAW+JPEGで撮るべきである。

----------

以上より、
JPEG一発撮りで星景写真を撮る場合に影響がある。
特に岩陰などをトーンカーブで持ち上げた場合など、
大いに影響がある。

----------

それでは実際のデータを見てみましょう。
いずれも長秒時NRはOFFです。

まずは、同時記録したRAWとJPEGの違いです。
K-1_ISO3200_180sec_Dark画像
クリックすると元のサイズで表示します

ステライメージ7と言う天体撮影画像用ソフトを用い、諧調をσ(1.3)
に超強調した結果です。全く違う画像かと思いたいところですが、
間違いなく同時記録したデータです。

撮影日時:2016/07/06-07
撮影場所:三峰ヘリポート(標高850m)
天候:快晴・微風・結露なし
気温:19℃

この時に撮影したIC5067ペリカン星雲のJPEG1枚画がコレ。
K-1_ISO3200_180sec(200%拡大)
クリックすると元のサイズで表示します

言われてみれば不自然な白点が沢山写っています。
では、JPEGで撮ったダーク減算をやってみると・・・
クリックすると元のサイズで表示します

哀れ黒点々の嵐になってしまいました。
そもそもJPEGでダーク減算が上手く行く道理がありません。

では、同時記録のRAW画像ではどうでしょうか。

RAW1枚撮り画像
クリックすると元のサイズで表示します

RAW1枚撮り画像にダーク減算を実施
クリックすると元のサイズで表示します

見事にノイズレス画像となりました。

次に、

この白点ノイズは再現性があるのか? を検証しました。

この時に撮影した複数枚のダーク画像を比べてみたところ、
どうやらノイズの位置再現性があるようです。

K-1_ISO3200_180sec_Dark画像ピクセル等倍1
クリックすると元のサイズで表示します

K-1_ISO3200_180sec_Dark画像ピクセル等倍2
クリックすると元のサイズで表示します

K-1_ISO3200_180sec_Dark画像ピクセル等倍3
クリックすると元のサイズで表示します

それでは、歴代PENTAXのデジイチではどうか見てみましょう。

K-5_ISO800_600sec_ピクセル等倍JPEG画像
クリックすると元のサイズで表示します

K-5Us_ISO3200_600sec_ピクセル等倍JPEG画像
クリックすると元のサイズで表示します

K-30_ISO1600_611sec_ピクセル等倍JPEG画像
クリックすると元のサイズで表示します

K-3_ISO800_600sec_ピクセル等倍JPEG画像
クリックすると元のサイズで表示します

どのカメラでも白点問題と呼べそうなノイズは発生していません。
K-5の頃からISO800はもの凄く低ノイズだったと分かります。

-------------

<まとめ>

白点ノイズはJPEG画像で記録する際に発生しているようです。
星景写真を撮る場合にも、必ずRAW+JPEGで撮るようにしましょう。
とは言え、
昨日まで私もこの問題に気が付いておらず、価格.comの口コミにも
K−1で撮影した天体画像を多数投稿していました。↓
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000856761/SortID=19833100/

K−1のJPEGは発色が良く、優秀ですね!
というコメントも残しています。
つまり、言われなければ気が付かなかったということです。
上記のRAWとJPEGの同時記録ダーク画像はあり得ない程に諧調を狭め、
超強調処理をしたものです。
私が価格.comに投稿した画像も、殆どがJPEGで処理した画像です。
RAWはこれから本気でやっていこうと思っていたところです。
(SI7がK−1に対応してくれたので)

確かにJPEGで撮ると白点が発生し、超強調処理をする天体写真では
気にはなります。しかし、デジカメinfoのリンク先画像は如何なものか
と思います。まず、定量的なデータが記載されていません。
この時点でアウトですね。
一体、どれだけの強調処理をやったのでしょうか?
このような神経質な記事を公表するなら、キチンとデータを示さな
ければならないと思います。

本件はリコーイメージングへ改善要求を上げておきます。

以上。
2
タグ: PENTAX K-1 天体写真

GS-300RC/TR 降臨  撮影機材

いつかはGS-300RCを買おうと思い、鏡筒バンドだけは用意して
あったのですが(GINJI-300FNと共通だったりする)、
到着した箱がやけにデカイ!
クリックすると元のサイズで表示します

おーっ!こ、コレハ GS-300RC/TRの方じゃないか(^^♪
クリックすると元のサイズで表示します

カッケーなあ〜

標準のロスマンディー規格アリ溝ひとつでは心もと無かったので、
20mm厚のアルミ板をフライス加工してロスマンディー規格幅の
溝を作り、裏から直接M10ボルトで固定してしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します

夜露対策が大変そうだなあ。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

実はこの鏡筒、私のではなく友人のモノなんです(V)o¥o(V)
これを使ってみて気に入れば、カーボンフレームじゃない方を買って
みるかって話です。何しろ鏡筒バンドがGINJI-300FNと共通ですから
って、そこかい!
0

超ワイドマウントPKになりました。  撮影機材

先日ワイドマウントPK化の改造を行いました。↓
http://sky.ap.teacup.com/eti_forest/609.html

タカハシ鏡筒にはこれでOKですが、MPCCVに流用した場合、
指定バックフォーカス55mm±1mmに対し、59mmになっておりました。
それでも300FNの直焦点撮影では案外大丈夫でした。
http://sky.ap.teacup.com/eti_forest/615.html

ところが、ZWO-CN15F4ではAPS-Cエリアから外側で一気に星像が悪化し
てしまいました。ケラレてはいたものの、標準TマウントPKの方が
遥かに良い星像でした。これでは納得できないため、MPCCV指定値の
バックフォーカス55mmになるように小細工をやりました。

追記:2016/08/18
ZWO-CN15F4の光軸があり得ないほどズレておりました。
光軸が合っていればずっとマシな星像だったと思われますが、結果的に
正規のバックフォーカス位置となったので次回リベンジです。


クリックすると元のサイズで表示します

実際にはこんな感じです。
銀色のリングが今回の小細工部分です。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

TマウントPKの内側リングを使わないため、MPCCVの最大径である
φ44mmで使えています。もっともKマウントでφ41.3mmになりますが、
MPCCVまでは最大径で使えています。

さて、

これでまともな写真が撮れるに違いありません。
実際、標準TリングPKでは既に撮っていますから、星像の心配は
不要です。あとは晴れを待つばかりなり・・・
0
タグ: PENTAX K-1 天体写真

魚沼スカイラインで撮ったもの  天体写真

今朝方撮ったものを順次掲載します。
まずはコレ。

追記:2016/08/18
あまりにも星像が悪かったため調査したところ、光軸があり得ないほどズレて
おりました。現地でレーザにて微調整後、内外像を見る時に主鏡を大きく
動かしました。その後、再度レーザで位置確認を行ったのですが、
どこかのネジを締め忘れたかレーザの取付けを誤った可能性があります。
過労で寝ぼけていたのかもしれません。
ZWO-CN15F4+MPCCVの性能はこんなものではないため、後日リベンジ
したいと思います。

IC1396 , ISO12800 , 12X180s , 36min Total , DarkX3 , FlatX3 , JPEG処理
ZWO-CN15F4 + MPCCV , LPS-P2
クリックすると元のサイズで表示します

これはとても淡いので、無改造K-1では相当に苦しい対象です。
今回はISO12800の短時間露光で挑戦してみました。
まだRAWからは処理していないのでJPEGです。

OnlyDark_4:3切り出し
クリックすると元のサイズで表示します

ダークのみ当てて4:3切り出し処理。
色はこちらが正しいか?
今回はダークもフラットも3カットしか撮らなかったので、
どうあがいても荒れてしまいます。仕方がないのでフラットは8ピクセル
ボカシをかましてごまかしています。やはり手を抜いちゃあイケませんね。

M31 , ISO3200 , 5X300s , 25min Total , NoDarkAndFlat , JPEG
クリックすると元のサイズで表示します

網状星雲 , ISO3200 , 8X300s , 40min Total , DarkX3 , FlatX3 , JPEG
クリックすると元のサイズで表示します

MPCCVのバックフォーカス55mmに対して59mmで撮っているためか、
やはりAPS-Cエリアから外側は一気に星像が悪化しています。
ワイドマウントPK改を更に薄くして直結した方が良さそうです。

ɤCyg付近 , ISO3200 , 11X180s , 33min Total , NoDarkAndFlat , JPEG
クリックすると元のサイズで表示します

K−1は赤いのも良く写るし、ダイナミックレンジも広いですね。
今回はZWO-CN15F4 + MPCCV + LPS-P2でしたが、イプやFSQを使った直後
なので星像が大いに不満足で凹んでいます。ま、仕方ないか・・・
マウントケラレなどを考えると、プロミナーなどが一番良いのかもしれ
ませんんね。プロミナーなどが・・・う〜ん(^^♪

なんと、画像処理はダークもフラットも含めて全部JPEGで行いました。
系外銀河などでは考えられないですが、フルサイズをノートリミングで
使う場合、かなりごまかしが効きます。星像に不満足なこともあり、
RAWから手間をかける気力が起きませんでした。
それでも、この程度まで出れば良いかな?とも思っています。

------------------------------------------

撮影日時:2016/08/11-12
撮影場所:魚沼スカイライン(標高850m)
天候:ほぼ快晴
気温:16℃
星空指数:70
シーイング:2/5 -> 4/5

撮像鏡筒:ZWO-CN15F4 (15cmF4 , fl=600mm)
カメラ:PENTAX K-1
フィルター:LPS-P2
コマコレクター:MPCCV

赤道儀:90s
ガイド:5cmF4 + QHY5L-UM + PHD Ver,2.61

撮像時間:画像に併記
ダーク画像:画像に併記
フラット画像:画像に併記
フラット用ダーク画像:画像に併記

撮像ソフト:***
画像処理:SI7 , Photoshop_cc

------------------------------------------
0
タグ: 天体写真 PENTAX K-1

新潟県魚沼スカイライン快晴ナウ  天体写真

魚沼スカイラインに来ています。
関東は全滅っぽかったので、関越トンネルを
超えて来ました。快晴ですよ。
湿度高く凄い夜露と悪シーイングですが晴れてます。

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 天体写真 PENTAX




AutoPage最新お知らせ