The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
K−1のセカンドライトは奥秩父にて  天体写真

県民の森の爆風データはまだ未処理ですが、翌日は栃本ヘリポートまで行って来ました。
三峰ヘリポート駐車場へ行ったのですが、観光シーズンの為に駐車場が閉鎖されて
使えませんでした。観光バス専用の待機場として使われていました。
夜間もバリケードがあるので入れません。行こうと思っている方はご注意を!

さて、

K−1のセカンドライトは機材を変更し、VISACとZWO-CN15F4の二台体制で臨みました。
車の脇で撮影する予定で大量に機材を持って行きましたが、なんと南端まで
10往復するハメになってしまいました。それでも、理想の移動型赤道儀である
GN-26s改造に比べれば楽なものです。

<目的>

・VISACのF9(1800mm)+K-1の画像チェック

・VISACのF6.4(1278mm)+K-1の画像チェック

・VISACのF9+ISO12800 , 180secX4枚でどれだけの画像になるのかをテスト

・ZWO-CN15F4+MPCCV+K-1でどこまで良像範囲が期待できるかチェック

尚、カメラ位置を固定の上、共通ダーク&フラットを各4枚撮影して適用してあります。
そのため、構図的には本来は横構図にしたい画像も縦構図(上が天の北極方向)に
統一してありあります。また、RAW+JPEGでSD1,SD2に同時保存しましたが、
テストレベルの為、全てJPEG画像で作業しました。
RAWからの処理に比べて雑な印象は否めません。

M97とM108付近 , VISAC_F9 , ISO12800 , 9X180sec , 27min Total
クリックすると元のサイズで表示します

M106付近 , VISAC_F9 , ISO12800 , 4X180sec , 12min Total
クリックすると元のサイズで表示します

M101 , VISAC_F9 , ISO12800 , 4X180sec , 12min Total
クリックすると元のサイズで表示します

M51 , VISAC_F9 , ISO12800 , 4X180sec , 12min Total
クリックすると元のサイズで表示します

VISAC_F9(1800mm)の画像はフルサイズ周辺まで素晴らしい星像で、周辺減光も
大変少なく優秀です。但し、F9と暗い為にいままでは使いづらかった。
K-1の高感度特性を活かし、どこまで撮影時間を短縮できるかのテストです。
1カットたったの3分ですから成功確率も高くなります。
20分だとガイドエラーは元より、雲の襲撃もありますから難儀です。
そのため、今までは高感度なモノクロ冷却CCDでしか使って来ませんでした。

今回のテストではISO12800でしたが、ISO6400との比較で大差無かった為、
ISO12800で撮っています。本気撮りはISO3200で1カット10分が良いかと思います。
流石にISO12800では解像感は期待できません。本来の解像力は出ていませんが、
何しろ1カット3分でポンポン撮影が出来ます。
系外銀河マップを焦点距離1800mmのフルサイズで簡単に作れる目処は付きました。
素晴らしい!

1時には全天薄雲が出てしまい、VISAC_F6.4とZWO-CN15F4では撮影対象は得られません
でした。薄雲の切れ目を狙って星像チェックと周辺減光、良像範囲だけは
確認が出来ました。

VISAC_F6.4レデューサー使用時
クリックすると元のサイズで表示します

F9時に比べて周辺減光がやや大きく、四隅は少しケラレています。
星像は周辺まで十分に実用的です。

ZWO-CN15F4 + MPCCVの場合

撮って出し画像
クリックすると元のサイズで表示します

フラット画像
クリックすると元のサイズで表示します

フラット補正後の画像
クリックすると元のサイズで表示します

あらまビックリ!
周辺画像も結構イケてる感じですよ。
ケラレも思ったほど大きくなく、フラット補正で何とかなりそうです。
24mm角で使えれば良いかと思っていましたが、これならばフルサイズで撮っても
十分に使えそうです。また、星が三角形になっていた問題も解消された模様。
主鏡圧迫の改善と光軸再調整でかなり良くなった印象です。


<総感>

今回は風も無くガイドがバッチリ安定していました。RMS=1"角程度でした。
僅か50mmF4ガイド鏡でVISACの1800mmを余裕でガイド出来ました。

K-1のフレキシブルチルト式液晶がとても便利で感動しました。
望遠鏡が斜めになっても液晶画面をひねってやれば、かなり見やすくなります。
これは真にありがたい。
クリックすると元のサイズで表示します

K-1のファインダーは天体用には使い難く見え難いです。
透過型液晶の影響だと思いますが、微光の天体と言う条件ではホントに見づらい。
写野が何処まであるのかを確認するのも一苦労・・・と言うか良く分からない。
もっとも、背面液晶にはちゃんと星が映っていますので、これでピントを出せば
問題はありません。天体用にはせっかくの光学ファインダーが全く役立たず
となるのは、どのデジタル一眼レフ機でも同じことです。
なので、天体用にはミラーレス機の方が適しています。

バッテリーは十分に持ちます。
21時〜2時くらいまで電源を入れっ放しで撮影を行い一本目が終了。
二本目を使いきることはありませんでした。
一晩で二本あれば十分でしょう。BG6を付けておけば、まずは安心です。
クリックすると元のサイズで表示します

次回はDFA28-105mmで天の川撮影とZWO-CN15F4による夏物天体の撮影です。
これらは、もっと高い山へ行って撮影予定です。

------------------------------------------

撮影日時:2016/04/30-05/01
撮影場所:栃本ヘリポート(標高1030m)
天候:ちぎれ雲多数、微風、結露無し→1時頃から全面薄雲&月出
気温:8℃ -> 6℃
星空指数:50
シーイング:3/5

撮像鏡筒:VISAC , ZWO-CN15F4
カメラ:PENTAX K-1
フィルター:なし
コマコレクター:MPCCV(ZWO-CN15F4のみ)

赤道儀:ニューアトラクス改 + E-ZEUSU
ガイド:50mmF4ファインダーガイド鏡 + QHY5L-UM+PHD2_Ver,2.6.1

撮像時間:画像に併記
ダーク画像:共通ダーク4枚
フラット画像:共通フラット4枚
フラット用ダーク画像:***

ASCOM Platform 6.1 SP1-6.1.1.2627
撮像ソフト:***
画像処理:SI7 , Photoshop_cc

------------------------------------------
0
タグ: 天体写真 PENTAX K-1

K−1のファーストライトは爆風の中で  天体写真

K-1を手にした翌日、埼玉県民の森駐車場へ行って撮影をして来ました。
ぶっつけ本番でも手なれたPENTAX機のため、特に問題なく撮影が出来ました。
ただ・・・もう風が強いのなんの!!
置いておいたノートPCが箱ごと吹っ飛んで行く程の爆風が時々襲ってくるため、
三脚ごと倒れないかヒヤヒヤしながらの撮影となりました。
重機材も展開したのですが、長焦点を狙えるような風ではなく、ガイドなんて
ムリムリな状態でした。しまいにゃあ超高感度乱れ打ちでスキマ画像をなんとか
確保したと言う状態です。処理は後日アップします。

まずは、お約束のK−1アストロトレーサーとDFA28-105mmの星像チェックから。
EXIFを残してあるのでご参考まで。

さそり座付近 , 28mmF3.5->4.0 , ISO400 , 90sec 1カット
クリックすると元のサイズで表示します

アンタレス付近と火星・土星 , 105mmF5.6 , ISO1600 , 50sec 1カット
クリックすると元のサイズで表示します

秩父市街に掛かる北斗七星 , 28mm , ISO1600 , 50sec , 1カット
クリックすると元のサイズで表示します

パープルフリンジも無く円形絞りの綺麗な光芒、周辺星像も十分に実用範囲。
周辺減光は大きめと言った印象です。
K-3+DA16-85mmではLV画像で星が全く見えず難儀しましたが、K-1+DFA28-105mm
では十分に見えました。K-3+DA16-85mmも星像は素晴らしかったのですが、
おそらくは★をノイズと勘違いしてLV画面では消し去っているのではないかとさえ
思えるほど見えなかった。K-5系やK-30などは問題なく見えたので、リコイメに
散々情報提供を行って来ましたが解決しませんでした。
DA16-85mmを付けた時だけの問題だったように記憶しています。

う〜ん、K−1で天体写真を撮っているのだ(^O^)/
フルフレームのKマウントなのだよ。これでいいのだ!

さて、

昨晩はGINJI-300FNにもK-1を付けて撮影を行いました。
クリックすると元のサイズで表示します

あまりの爆風にフードも外し、しまいにゃあノータッチトラッキング乱れ打ち
ですよ。ああ、ISO12800 , 30secってのがどれだけ使えるか試すのが目的
なのでヤケクソ作戦じゃないです、念のため。
いやあ、写野が広い広い。
目盛環導入で難無くポンポン対象が入るので自動導入要らずですよ。
結果は後日アップします。
4
タグ: 天体写真 PENTAX K-1

今夜は埼玉県民の森でK-1の試写を行います。  撮影機材

今夜は県民の森へ行くことにしました。
GN-26S改 + GINJI-300FN + MPCCV + K-1 で系外銀河マップ作製の感触と
星像確認、高感度特性確認などを行います。
パソコンは2in1ミニノートのT100HAに頑張ってもらう予定です。
25時頃にお月さんが出て来るので早めに行動したいと思います。
0
タグ: PENTAX K-1 天体写真

K−1 降臨  撮影機材

今日の話題はコレでしょう(V)o¥o(V)

K−1 降臨

クリックすると元のサイズで表示します

HD PENTAX-D FA28-105mmF3.5-5.6ED DC WR付
クリックすると元のサイズで表示します

八百富写真機店さんの親切で詳しいPENTAX系ブログ記事を拝見しながらの購入です。
こういうブログってポチリヌス菌を培養するのに最適ですね!
最安ではないけど、情報不足なリコーイメージング商品を買うには有難い存在。

MEとのツーショット
クリックすると元のサイズで表示します

ファインダーはMEの圧勝です!

一目瞭然、こんなチッコイのにMEのファインダーの大きいこと大きいこと。
リコーイメージングへのアンケートや要望書にはLX-Dを作って欲しいと
書き続けております。SR機構なし、アレコレなし、デカイファインダー像、
最高級なメカ機構、小型・軽量一眼レフ、1600万画素程度、15万円ぐらい・・・
この領域は何処もやっていないし、スマホにはできないでしょうに。

K-1は何でもありのスーパー一眼レフカメラ。よくぞ作ってくれた。
心底そう思わずにはいられません。 でもね、
今だからこそLX-Dがあったら売れると思うぞ、ホントに。
ミラーレスも良いけど全社同じベクトルだし、スマホに喰われて高級機しか
残れなくなるだろうね。安いコンパクトデジカメってもう終るだろうと思う。

あとはレンズだよね。
超高級ズームレンズばかりではついてイケマセン。
明らかなOEMを倍額定価に設定する戦略は理解できないし滑稽に映る。
そこまでやるなら外観は変えなきゃダメだよ。
外観をオリジナルにしてスターレンズで初めから揃えた方が良かったね。
そこは残念だ。
DFA単焦点、頑張ってリリースお願いしますm(__)m

ということで、
本来の目的である☆撮り機材へ装着してみました。

まずはZWO-CN15F4 + MPCCV + K-1
クリックすると元のサイズで表示します

GINJI-300FN改 + MPCCV + K-1
クリックすると元のサイズで表示します

1Kg程度がなんぼのもんじゃい! 余裕です。
クリックすると元のサイズで表示します

VISAC + K-1
クリックすると元のサイズで表示します

直焦ワイドアダプター60のねじがペンタ部にヒットします。
K-3までは当たらなかったので、K-1のペンタ部は前方にかなり飛び出ている
ことになります。ZWO-CN15F4でも当たるのでネジの短縮化必須ですね。
クリックすると元のサイズで表示します

<総感>

・ずっしり金属の塊感がスゴイ。
・思ったほどファインダーが広くない。
・フレキシブルチルト式液晶モニターは結構便利かもしれない。

リコーイメージングさん、頑張りましたね。

ありがとう。
0
タグ: PENTAX K-1 天体写真

ZWO-CN15F4のフード製作・主鏡爪加工・バスコーク着け  撮影機材

久し振りにZWO-CN15F4に手を入れました。
笠井コマコレからMPCCVに変更して良像範囲は確実に広がりましたが、
根本的な所で未完成な所があり、お星が三角形でヒゲも激しく発生していたのであった。
尚、笠井コマコレもGINJI-300FNでは十分な星像を出せていますが、
若干青色収差が出ます。やはりMPCCVの方が良かったです。

やっとフードを作りました。
クリックすると元のサイズで表示します

主鏡側も斜鏡側もドライエアを入れられるようになっていますが、
そこまで必要でない時にはフードで事足りるようにしたかったし、ハイビーム攻撃
に対応できなかったので作りました。

主鏡脱落防止爪(鏡に触れていない)をギリギリの円弧加工。
クリックすると元のサイズで表示します

元々付いていたラバーもワッシャーも外したため、鏡とのクリアランスは0.8mm程度
となりました。元々は1.5mmくらい離れていたので丁度良い感じになった。

before
クリックすると元のサイズで表示します

after
クリックすると元のサイズで表示します

これだけ爪が直線的にかぶさっていればヒゲも出ますよね。
かなり改善されたと思います。

お星が三角形になる原因はコレ。
クリックすると元のサイズで表示します

ナイロンビス三箇所で主鏡を止める構造です。
上記の爪は主鏡に触れていないので、このナイロンビスを緩めると鏡が抜けて
しまいます。案の定、それなりに強く締めてありました。
この鏡筒は光軸調整機構や接眼部、スパイダー、鏡筒が良く出来ているのに、
肝心の鏡固定方法と脱落防止爪がイカンかった。
鏡が動かないようにするには、ナイロンビスを締め付けるしか方法が無い。
そりゃ〜、お星が三角形になる道理です。
  |
  +−>迷わずバスコーク着け!! これでイイのだ。
クリックすると元のサイズで表示します

と言うことで、

ZWO-CN15F4はきっと素晴らしい星像を見せてくれるに違いありません。
GWが楽しみだニャ。

ところで、

しばらく使っていなかった90s赤道儀にこの鏡筒を付けてみたら、ベストマッチでした。
K-1を24mm角で使うなら、十分にアリな星像なことは分かっています。
もしかしたら、もうチョット広く使えるかもしれません。
広写野なので目盛環導入でアッサリOKなため、自動導入の必要性を感じません。
大きなバッテリーも要らないし、5cmF4ガイド鏡と小型省電力ノートPCがあれば
一晩撮影出来てしまいます。以前、10cmF6改造鏡筒で撮影していた頃は冷却CCDも
フル装備で頑張っていましたが、現在はGN-26s改+GINJI-300FNとアトラクス改+VISAC
がそれらを担当しています。特に300FNの集光力と1220mmF4というのは強力で、
冷却CCD撮影はこれ一択となってしまいました。

もうすぐK-1が来るため、
VISACのF9やF6.4での撮影もアリかもしれません。
F9でもISO12800の5分ならかなり写るでしょう。それを4枚スタックする程度で
かなり見られると予想しています。アトラクス改はE-ZEUSU仕様なので自動導入が
出来ます。系外銀河リストを作成するには丁度良いかもしれません。
300FNで粉銀河を撮影するにも、何処に何があり、どんな状態なのかをハッキリさせる
必要性を強く感じています。その目的に使えるかと・・・(^^♪
0
タグ: ZWO-CN15F4




AutoPage最新お知らせ