The Search for Extra Terrestrial Intelligence at UC Berkley
SI7がK−1のRAWに対応しました。  撮影機材

SI7がK−1のRAWに対応したので、早速試してみました。
データは↓で撮影した”M8_M20_猫の手”から5枚抜粋しました。
http://sky.ap.teacup.com/eti_forest/598.html

ISO3200 , 5X90s , 450sec Total , Dark&Flat各5枚 , SI7デジ現 , PS_CC
クリックすると元のサイズで表示します

デジ現なし、Photoshop_CCで炙り出し(こちらの方が好みです。)
クリックすると元のサイズで表示します

イイ発色ですねえ。
これでK−1でまっとうに処理が出来る環境が整いました。
アストロアーツさん早い! ありがとう。

それにしてもISO3200で1カット90秒、5枚コンポジットでこの画像、発色になるとは・・・
K−1恐るべし。
0
タグ: PENTAX K-1 天体写真

IMAGE_Trnsmitter2がWin10_64bitで動きました。  撮影機材

タイトル通り、IMAGE_Transmitter2がWin10_64bitで動作したので書きます。
最新のVer,2.2.0でK-1に対応してくれましたが、OS環境はWin8.1までの
記載しかありません。記載忘れなのか検証不足なのか分かりませんが、
Win10_64bitの10.1インチ2in1ノートPC(ASUS T100HA)で問題なく
動作しました。

クリックすると元のサイズで表示します

10点マルチタッチ液晶なので、タッチフォーカスが効きます。
普通のPCではマウスでクリックした所にピントが合います。
クリックすると元のサイズで表示します

前回のWin7_64bit動作検証時に書きましたが、バルブも使えるので
天体撮影に導入できますね! 特にプライムフォーカスでのピント合わせ
には必須とも言える機能です。
0
タグ: IMAGE K-1

Orion NautilusFilterWheelがWin10_64bitで動きました。  撮影機材

Win10のパッチもアレコレ当たって安定動作するようになって来ました。
そんな訳で、久し振りにフィルタホイールの対応状況を再確認したところ、
新たなドライバーは上がっていないものの、ちゃんとASCOMで動作するように
なっておりました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

前回の検証↓では、このフィルタホイールだけが全滅でした。
http://sky.ap.teacup.com/eti_forest/589.html

今日の再確認では、OrionのWin8認証ドライバー&Winコントロールソフトウェア
も正常動作し、MaxImDL6.2からもASCOMフィルターホイールとして動作しました。
唯一、OrionのASCOMコントロールパネルだけが動作しない状況です。
まあ、これを使うことは無いので気にしないことにします。

これで全てこの小さな2in1ノートPCで賄えることになりました。
USBポートがUSB3.1Cなので、コネクションも電源容量も不安がありません。
しかも、内蔵バッテリーだけで一晩持っちゃうんですよねえ〜。
ステラ9も10もSUPER STAR Xもフルインストールして尚、50%の空き容量。
CPU負荷も50%を越えること無し。
ASUS T100HA恐るべし。
0

MPCCV+ワイドTマウントPK  撮影機材

ワイドTマウントPK?

聞きなれないワードだと思いますが、詳細は↓でご確認を。
http://sky.ap.teacup.com/eti_forest/606.html

要するにタカハシのワイドリングKA00240に笠井の標準Tリングのガワだけを
はめ込んだものです。これで内径φ43mmの立派なワイドマウントPKが
出来上がる訳です。(Kマウントリング内径φ41.3mmは仕方ないですが)
これをK-1に付けてε-180EDで撮るとこんな感じな訳ですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

キャノン機ではないので若干ケラレていますが、フラット補正できるレベルです。
一方、
MPCCV標準のTリングシステムは、内径がφ38mmとなってしまい、30cmF4の太い光束
では完全にケラレて円形写野となってしまいます。

クリックすると元のサイズで表示します

MPCCV標準のTリング部はM42_P0.75で内径φ38mmです。
クリックすると元のサイズで表示します

ワイドTマウントEOSを付ける場合はストッパーリングと標準Tマウントアダプター
リングを取り外し、M48_P0.75の内径φ44mmで使用できます。
クリックすると元のサイズで表示します

PENTAXのKマウントなどは標準Tリング接続となる為、フルフレーム機であるK-1
では完全にケラレが発生します。そこで、上記のタカハシKA00240の出番となった
訳ですが、これはタカハシ鏡筒のM54_P0.75(メス)へ接続するリングです。

ですが・・・

実は、M54_P0.75(オス)の内側にはM48_P0.75(メス)のフィルターネジが
切ってあるんですねえ〜。
クリックすると元のサイズで表示します

と言うことは、MPCCVのM48_P0.75(オス)に接続できるじゃあーりませんか。
クリックすると元のサイズで表示します

内径もφ43mmで立派なワイドマウントになりますよ。
クリックすると元のサイズで表示します

ただし光路長が4mm伸びるため、MPCCV設計値の55+4=59mmになります。
許容範囲は±1mmらしいのですが、そもそもF4〜F6まで対応と緩い仕様なので
上手く結像するかもしれません。ダメならM48_P0.75(メス)を持った厚さ
3mm、直径70mmのリングを作り、ワイドTマウントPKをM2ビスで直接固定
すれば良いだけです。

300FNに付けたところ。
クリックすると元のサイズで表示します

この状態でフラットを撮り比べたのが↓です。

MPCCV+標準TリングPK
クリックすると元のサイズで表示します

MPCCV+ワイドTマウントPK
クリックすると元のサイズで表示します

おお〜、イイじゃあ、ないのお〜!

イプよりも周辺減光が少ないし、これならば高価な3インチWinneType
コマコレを買わなくても済みそうですよ。
当然ZWO-CN15F4にも使えます。

既知のことかもしれませんが、キャノン機以外のフルフレーム機で撮影を
する方には役立つかもしれません。あとは星像がどう出るか・・・です。
0
タグ: PENTAX K-1 天体写真

ε-180ED+K-1など  撮影機材

6月12日(日)午前零時に観測所へ到着。
この週末はアレコレと機材整備を行うつもりだったので天気は関係なかった
のですが、薄明と同時に30分だけ快晴になってくれました。
おかげでε-180EDと30cmプライムフォーカスにK−1を付けての試写が
アッサリ完了しました。

不安要素なしの組合わせですね!
クリックすると元のサイズで表示します

3時過ぎて薄明中の試写
クリックすると元のサイズで表示します

何処を見ても素晴らしい星像だし、夜であれば赤い星雲も十分に出そうです。

オマケにガイドもすこぶる快調でRMS=0.70"角ですよ。
クリックすると元のサイズで表示します

つまらん!

完璧すぎて、つまらん!



昭和機械の30cmプライムフォーカスにK−1
クリックすると元のサイズで表示します

冷却CCD用のM42_P0.75なのでTマウントが付きます。
とは言え、フルフレーム機ではこんな感じ。
クリックすると元のサイズで表示します

プライムフォーカスは何がいいんだい?

  斜鏡が無いから光軸調整や結露の問題が・・・



久し振りに大滝秀治さんに出て頂きました。
0
タグ: PENTAX K-1 天体写真




AutoPage最新お知らせ