2012/9/17

太陽電池の充電池  mono


以前買った「LIGHT CAP 200」が点かない。


アモルファス結晶型の太陽電池パネルなので、
原理的にはほぼ劣化の無いパネルのはず。
バラしても腐食や端子が切れた様子も無く。


と、ど真ん中に充電池。
恐らく単4型。
・・・絶対中国製だよなぁ。


電池をネットで検索しても、同様の中国製電池が検索にかかる。
輸入元のモンベルのHPも検索の上位に引っかからない。
まぁ、いかがわしい商品を以前も店頭販売していたからなぁ、モンベルは。
アテにならないか。


ワンオフの充電池かと思ったが、
“Ni-MH 750mAh 1.2v”
の単4型は他にもある事が発覚。
しかも国産。


結局同じスペックのエネループに交換。
無事作動。
純正充電池は500回の繰り返し充電可能。
エネループだと電池のカタログ値では1800回充電可能。
単純に3倍以上の寿命。

はたしていつまで持ちますやら。
0

2011/9/23

ちょいときまぐれ  Photo

クリックすると元のサイズで表示します

何を思ったか海へぶらり。
単に暇があっただけなのだが。

たまたまローライを車に積んでいて、
持って出たら、
誰かが流木でこんなオブジェを。

ちなみにこれはケータイで撮った画像。
ローライではカラーとモノで色々撮ってみた。
それでも24枚しか撮れないのだが。
現像は来週くらいに仕上がるのかな。

久々に楽しみ。
0

2011/1/14

壺屋の焼物 と オマケ  ocyoco

クリックすると元のサイズで表示します

那覇市の国際通りの酒屋で購入。
なかなか無骨なデザイン。

同じ色目で息子が焼いたおちょこもあったが、
コレと比較すると妙にカドが取れ過ぎてしまった印象が。
値段も息子の方が割安。
多少(というかかなり)値が張ったが、
当分沖縄に行く事は無いし、
コレをつくった職人はもう歳で余り造らないのだとか。

この手応えは面白い。

ちなみに左は100円で売っていたもの。
とても小さい。
それはそれで話のタネ。
0

2010/12/24

琉球ガラス  ocyoco

クリックすると元のサイズで表示します

こんなに気泡が入っていれば割れるんじゃないの?
と、思うのは正直な気持ち。
お店の人が言うには大丈夫だそうな。

戦後の物不足の時にコーラの瓶を溶かしてつくったような話を
昔どこかで聞いたが、
元々薩摩切子の様に高級グラスでないのに、
かなり良い値段がするのである。

観光地があり、
記念品に手頃なサイズの奇麗な土産があれば、
産業として成り立つという訳か。
いろんな意味で勉強になるシロモノ。
0

2010/12/16

土産物  mono

クリックすると元のサイズで表示します

身内の旅行の土産。
今治発のゆるキャラ「バリィさん」。

頭に来島大橋。
脇には造船。
腹巻はタオル地。
鳥も料理で使うのだとか。


脇に小さいヒヨコがいるということは、
いつまでたってもヒヨコなのか?
煮ても焼いても喰えないなぁ。


詳細は下記アドレスにて。
↓↓↓↓↓
http://www.barysan.net/
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ