マンハント [追捕]  中韓電影鑑賞メモ

​'18/02 イクスピアリ


ピアリでジョンウー。初日レイトで観てきたぞ!個人的にはどうしても観なきゃいけない類のあれだよね。浦安近辺のジョンウーファンの皆さんどうだった? 私は好きだ!原作も健さんのやつも知らないけど。
やっぱりジョンウー映画はちょうどよくかっこいい。しかも今回は舞台が日本だ。近鉄上本町駅でジョンウー。なんかすごい。それだけでテンション上がる。ちょっと大阪に嫉妬。ただ、大阪弁が足りなかったかな。
キャストは申し分ない。福山さんはやっぱ絵になるし頑張ってた。最初あー記者役だっけ?って素で思った私はニュートラル状態で見すぎじゃね? それは別の映画でしょ!
自分の中では2回目観たらめちゃかっこいい俳優として有名な張涵予は1回目からすでにかっこいいんだが、もしかしてもっとかっこよくなる可能性があるので多分もう一回観る。今回張涵予を観てかっこよくない?って思った人はオペレーションメコンを2回観ればいいと思うよ!
我らが池内くん社長はなかなか無茶してて好き。國村さんパパもいいけど竹中さんがひたすらかっこいい!そうかジョンウーの撮る竹中直人はこういうのか。
あと女殺し屋コンビがとても良い。いろんな意味で凸凹コンビだけど、余計に友情を感じられて良かった。
とにかくジョンウーが好き放題してる感に終始ニヤニヤしちゃう。鳩のシーンとかもはやギャグというか、セルフパロディの域だよね。

欲望の翼 [阿飛正傳]  中韓電影鑑賞メモ

​'18/02 Bunkamuraル・シネマ


去年の「恋する惑星」に続いてル・シネマで王家衛2本目。3列目でも結構見やすい。今回はおひとり男子もわりといるぞ。
これもスクリーンで観るのはたぶん初めて、しかも相当久しぶりなのに大抵のシーンを覚えてる。とにかく強烈な印象を残した作品なのだよ。映像、音楽、どれをとっても素晴らしい。
香港が誇る明星たちの若かりし頃の輝きっぷりも眩しい。レスリーは言わずもがな。學友はひたすらかわいい。華仔の伝説的な半ズボン警官姿。マギーとカリーナの対照的な魅力。トニさんは無駄にかっこいいし、アニタ姐さんの歌も素敵。
監督デビュー作である「いますぐ抱きしめたい」から主要キャスト3人を引き継ぎながら、メインにレスリーを迎えて華仔が完全に脇にまわるというよく考えたら贅沢仕様。この作品のレスリーは今見るとひたすら美しいので仕方ないよね。
列車のシーンが印象的なので自分の中では鉄道映画のひとつになっている。んで、これ観たら「2046」を観たくなった。
タグ: 香港映画

殺人者の記憶法  中韓電影鑑賞メモ

'18/02 チネチッタ


初めてのチネチッタ!小さい部屋だけどスクリーン大きくて観やすかった。お客さんも結構入ってた!
ソルギョングがめちゃ老けてる上に謎ファッション連発で強烈。不気味かつ微妙にかわいい。さすがとしか言いようがない。
キムナムギルはシネマート新宿の夏のモーニングショーで観たカンチョルジュンでも敵対してたけど、またしても絶妙に腹立ついい演技。
二転三転するストーリーに引き込まれる。重いし哀しいけど結構笑っちゃう。署長がとてもいいキャラなのでもう少し活躍して欲しかった!それにしても田舎の警察ダメすぎやろ…
とあるシーンで風の音がとても印象的だったけど、後から思うとまた意味深だなぁ。
ソルギョングさんの体型操作は本気で心配になるんでそろそろ落ち着いてほしい…
タグ: 韓国映画

​ ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー [Rogue One: A Star Wars Story] 3回目  中韓電影鑑賞メモ


'18/01 TOHO日劇

日劇さよなら上映にて、約1年ぶりのローグワン! ストームトルーパーさんたちもいらしててテンション上がりまくる!
思えばローグワンを2日連続で見たのが17年上半期にドニーさんを見過ぎる発端だった。
私は最初からドニーさんと姜文が目当てだったけど、3回見てもこのコンビのインパクトすごい。香港映画界が誇る宇宙最強の男と中国映画界の至宝たる最高の実力派をニコイチコンビで若手だらけのチームにぶち込むとか何考えてんの…しかもスターウォーズで…。
あとはKの活躍シーンがやっぱ好き。マッツさんかっこいい。そして最後のジェダイ観た後であのラストシーンはなかなか感慨深い。

カンフー・ヨガ [功夫瑜伽]  中韓電影鑑賞メモ

'17/12 イクスピアリ



今年3本目のジャッキー! 北京語と英語が半々かな? ちょい悪な髭アーリフくんかっこいいね! 思った以上に活躍してた! EXO現役2人目レイくん、覚えられない…しかしダンスはさすがのキレだな! 女性陣は綺麗どころ取り揃えてるけど、ちょっと誰が何だっけ?ってなる。そして申し訳程度のヨガ要素。でも細かいことはいいのよ! 無駄にお金かかってるロケ! インド美男美女と美麗な衣装! いつも通りゴキゲンなアクション! しかもいつもより功夫推し! ストーリーは大味! 個人的には頼りになる技師?エリックツァンがよかった。クリスマスイブにカンフーヨガ。とりあえず中印は仲良くしといてください。
タグ: 中国映画

冷たい雨に撃て、約束の銃弾を [復仇] 4回目  中韓電影鑑賞メモ

'17/12 DVD


これを映画館で3回観たけどアリディさんの歌を聴いたことがなかったんだ。今年になって彼が四半世紀前にサンダーの曲をカバーしてたことを知ったので歌を聴いてみて、70代でもパワフルなロックを歌い続けるジョニーアリディをマジかっこいい!と思った。そんなアリディさんが亡くなった。悲しい。
今春のオールナイトでやっと本質に触れた気がしたこの作品、ロックスターとしてのジョニーアリディを認識してから初めての鑑賞。メイキングを見たら、脚本ではコステロはもっとクールな感じだったらしい。あんなヒロインみたいなかわいらしさはアリディさんのせいなのか? まぁ脚本でも十分かわいい気もする。
メイキングでアンソニーとサイモンが英語喋ってた。新鮮。秋生さんはアリディさんのことをセクシーボイスって言ってたわ。ラスト付近、アリディさんのシャウトが聴ける。かっこいい。
ちなみにおうちで鑑賞する場合好きなところで気兼ねなく泣ける訳だが今回はビッグママといっしょに泣いた。
日本でも香港でも英國でもそんなにメジャーではないかもしれないが法國では国民的大スターなアリディさん、ジョニートーとコラボしてくれてありがとう。あとサンダーにディナーをご馳走してくれてありがとう。あなたの目の付け所は素晴らしい。
タグ: 香港映画

山中傳奇  中韓電影鑑賞メモ

'17/11 東京フィルメックス@有楽町朝日ホール

今年のフィルメックス唯一の参戦はキンフー監督の79年作品。たぶん私は初キンフー。
シルヴィアさんもといシルヴィアちゃんがめちゃかわいい。ちなみに現在のシルヴィア監督もかわいくてかっこよかった!
全体はファンタジーホラーなんだけど美しい自然や生き物たちをフィーチャーしていて癒される…ような。
一方でタイコとシンバルによるマジカルバトルは大いに盛り上がった!火薬と煙とときどきワイヤー? 謎のラマ僧が途中から唐突にかっこいい!
190分版ってことでちょっと長かったけど、以前公開された短いバージョンで削られてたらしい過去シーンが無かったらスッキリしない気がする!
タグ: 香港映画


'17/11 シネマート新宿


8月の純愛中毒で予告されてたイビョンホン出演作はこれだね?
初日初回に鶴見辰吾さんが舞台挨拶にいらっしゃるとのことで行ってきたよ!十代の頃ドラマでよく見てたスターだけどむしろ今のがかっこいい気がする!
鶴見さん部長はいわゆる悪い日本人キャラなのにどうもいまいち憎らしくない。そもそも独立運動に命をかける義烈団に対し一歩引いた目線を感じる。大きな社会の流れよりも個人の繋がりに主眼を置いてる感じ。だから、人として苦悩する巻き込まれ型主人公なソンガンホさんの演技に身を任せるのが正解ってわけだ。
要は民族愛とかより、最初は打算でも付き合ううちに芽生えてしまった親愛の情、これを真に表現できるのがソンガンホであることを我々はよく知っている。つまり純粋にこれはソンガンホ映画だ。
もう誰が裏切ってるのかとかサスペンス的な視点はオマケだ。
ビョン様はそんなに出ないんだが2人のシーンはJSAを思い出してちょっと泣けてくるんだ。GBWは思い出さないw
コンユさんはどうしても新感染を思い出しちゃうので列車のシーンはドキドキした!
タグ: 韓国映画

迫り来る嵐 [暴雪将至]  中韓電影鑑賞メモ

'17/10 東京国際映画祭@EXシアター六本木

今年のコンペ部門初鑑賞。嵐が迫り来る中六本木へと向かった。EXシアターは広くて楽しい!スクリーンも巨大。字幕が遠いよ。
劇中も雨がよく降るので臨場感半端無い。足が濡れてる感触さえする(実際濡れてる)。
段奕宏さんはつい1週間前に初めて観たんだが、この映画ではなかなか可愛らしいキャラ。工場の名探偵。弟分には師父と慕われている。英語字幕ではMaestroだった。かっけー。
そんなかわいいお兄さんがどんどん追い詰められる。どちらかと言うと自分から。不穏。不安。それは彼個人の問題だけではなく、社会全体の雰囲気のせいだ。暗く冷たい雨の中、一歩ずつ取り返しのつかない方へ。
Q&Aでも話が出てたけど、97年の中国は変革の只中だ。香港映画ファンとしては香港から見た97年はそこそこ作中で見かけたが、内地から見た97年は新鮮だった。
場内は中国語を解する人が多いようで、中国語の質問の時点でリアクションがある。ここも中国か? 段奕宏さんは今年見たゲストの中では一番スターって感じでかっこいい。声渋いな!
タグ: 中国映画

スカイ・オン・ファイア 奪われたiPS細胞 [沖天火]  中韓電影鑑賞メモ

'17/10 シネマート新宿


再び北京語。何でや!まぁいいか。3本目で集中力切れてきたせいか、ちょっと散漫な印象。敵味方の立場や動機がぼんやりしたまま進んでいく感じ。警備長な彦祖が相変わらず感情を内に秘めすぎキャラなのも一因か?
そんな中ひたすら妹アンバークオを助けたいお兄ちゃんジョセフチャンの気持ちはすごく響く。ただこの台湾兄妹どうにも兄妹にしか見えない。何となくナチュラルにお兄ちゃんは警備長とくっつくような気がしてたわ…第一印象って重要だな…
そして病気の女の子を乗せたままカーチェイスやらを繰り返すのはハラハラする!おそらく元々お兄ちゃんの荒い運転に慣れてるのが救いか。
医療ドラマ的な要素はほとんど無かったね!見所はやっぱり888mの超高層ビルCGだね!駐車場すげー。その高さにディスプレイつけても誰も見ないんじゃないかな!




AutoPage最新お知らせ